小市民ダークロのありがちで気の抜けた感じのやつ

六本木のカフェ


2人は職安から出た。毎日通っていたせいか、新しい求人情報がほとんどなかった。グーダルネは昼間から酔っぱらいたくなかったので、ポーティス頭とはこれ以上関わりたくなかった。
「どこ行くの?」
「ちょっと用事があるから」
「どこ行くの?」
「どこに行こうかなあ」
「あ、見て」
本屋に東京のタウン情報誌が置かれていた。今週号のトップに、おいしそうなデザートが特集されていた。グラッセクリームパティという飲み物が、日本に初上陸したらしい。
「イラクで新しく開発された飲み物だって。きっとおいしいよ」
「イラク・・・」
「行かなきゃ。ほら、行くよ」
「君、思いこみと行動力が、あいかわらず、すごいね」
ポーティス頭は地下鉄の入口に向かった。駅名の書かれた看板の上にさらに看板がかかっていて、その看板には、赤色で大きな文字が書かれていた。
「六本木まで21分!」
どこまでも深く深く、2人は駅のホームを目指して降りていった。ここは新しい駅だった。新しければ新しいほど、地下鉄の駅はどんどん深くなっていく。ホームにたどり着くまでに、21分くらいかかった。2人は長いホームの端にいた。
「六本木って、ここからいくつ目の駅なの?」
「六本木まで6つ目じゃないかな・・・。次の駅が1本木。その次が2本木・・・」
「四谷とか九段下にも使えるギャグね、それ」
ホームの壁に、駅名が書かれたプレートがかかっていた。プレートには「六本木駅」と書かれていた。
「あ、ここが六本木だよ」
「え?どこ?」
「ほら、矢印がある。向こうの階段を登るみたいだ」
ホームの反対側の端に、六本木に通じる階段があるようだ。2人は長い長いホームを歩いた。歩いている途中、2人の横をものすごい速さで電車が通過した。
「この電車って、どこから来て、どこに行くのかな。なんだか不思議な気分ね」
「駅なんだから、電車が走るのは当然だろ?でも、誰も乗ってないな」
「電車に乗らないのに、この運賃は高いわね」
「もう一度上に上がったら、20分くらいかかるよ。21分なんてうそだな。倍の時間かかるぜ。なんだか、だまされたみたいだな」
階段を登って六本木に着いた。グーダルネはキョロキョロ見わたした。
「あれ?さっきの場所じゃないかな?ほら、職安のビルがある・・・」
ポーティス頭は不安になった。目を閉じて、さっきの雑誌を必死に思い浮かべた。ポーティス頭は目を開いた。目の前の場所は、六本木のような場所になりつつあった。
「さあ、ここは六本木よ。行くわよ」
店はすぐに見つかった。カフェ「ビン・ラディン」はオープンカフェだった。2人はテーブルに座った。2人の周りが突然暗くなった。
「なにこれ。日蝕?」
「六本木によくある現象だろ?脱コード化の現象だよ」
「やだ、つまんない」
ポーティス頭はとなりのテーブルに座った。暗い場所でグーダルネが言った。
「文化や自然のコードを持っているわけじゃないんだよ。欲望の流れが再構成しただけだよ。流れは全て移転していく。もう一度、廃墟になるだけだ」
グーダルネは立ち上がり、ポーティス頭の向かいに座った。とたんに周りは明るくなり、さっきまでの景色がグーダルネをとりかこんだ。ウェイトレスがやってきて、グラッセクリームパティをテーブルに置いて去っていった。
「これが今日の獲物か」
「あわれな犠牲者ね」
目の前に置かれたグラッセクリームパティは、ウインナーコーヒーのようにも見えた。
「コーヒーか。どこのだっけ?ブラジル?ベトナム?」
「イラクよ。今、はやってんのよ」
「なんだ。ただのコーヒーか・・・」
「グラッセクリームパティよ」
「戦争に勝ったばかりだから、イラクをはやらせたいんだな」
ポーティス頭がコーヒーカップをつまみ上げて笑った。
「かわいいコーヒーカップね」
グーダルネはコーヒーカップを凝視していた。
「・・・きれいだね」
「・・・どうしたのよ」
「コーヒーカップを見つめていたら、だんだん分からなくなってきた。なんだか自分の意志が消えちゃったみたいだな」
コーヒーカップがグーダルネの指を求めてやさしく引き寄せた。グーダルネの人差し指、中指、親指をゆっくりとたぐり寄せる。コーヒーカップが、やわらかくジャンプした。コーヒーカップはグーダルネの唇を求めた。グーダルネの口を開けさせて、コーヒーカップは傾いた。中の液体をグーダルネの歯と歯のすき間にすべらせた。ポーティス頭がグラッセクリームパティを飲みながら言った。
「クリーミィよね」
「うん、クリーミィだね」
「フルーティだね」
「フルーティだね」
「・・・ウゲ」
ポーティス頭がクリームを吐き出した。
「汚いな」
グーダルネは顔をゆがめて眉間にしわを寄せた。
「なんか、毒々しいわ」
「毒じゃないよ、生クリームだよ」
「・・・まずい。失敗した。ミックスフセインジュースにすればよかった」
「君はいろいろな部分で味わいすぎるんだよ。いつもそうだよ」
「敏感なのよ」
「敏感だったら、こんな場所にいられないだろ。少しは恥ずかしがれよ」
「なによ。最高じゃない、六本木。六本木!うぅ〜・・・あぅ!六本木!テレビ局だってあるし」
「テレビ埼玉だっけ?」
「違うよ」
「おれ、テレビ見ないから、よく分からないよ。この番組もつまんないな。チャンネル変えよう」
グーダルネはリモコンを拾ってチャンネルを変えた。戦場で爆死する兵士が目の前に現われた。
「ちょっと!食事中に、なにかけてるのよ!」
「湾岸戦争のドキュメント。やっぱり、つまんないから切ろう」
グーダルネがリモコンのスイッチを切った。とたんに周りの景色が真っ暗になった。
「やめろよ、ゴラァッ!」
ポーティス頭がリモコンを奪ってスイッチを入れた。プツンと音がして、周囲は見覚えのある六本木の景色にかわった。
「今のはどういう現象なのかな?」
グーダルネが笑いながら言った。ポーティス頭は顔面蒼白だった。
「私たち、まちがった六本木に来ちゃったのかな」
「うーん。普段行かないから、よく分からないね」
「私たち、早く、仕事を見つけるべきよね」
「最近、どこに行っても、そういう結論になるね」
「帰ろうか」
「帰ろう」
2人は立ちあがった。ポーティス頭の周りに六本木が広がった。オシャレなカフェ、セレクトショップ、クラブ、映画館。外国人がたくさん歩いていた。グーダルネの周りには、なにも広がっていなかった。