ダークロHP

ブッカーT
BOOKER T


本名:ブッカー・ハフマン
1965年5月1日
テキサス州ヒューストン出身
191p 113kg
タイトル歴:世界ヘビー(WWE) WCW世界ヘビー WCW世界タッグ WWE世界タッグ GWFタッグ WCW・TV WCW・US WWEインターコンチネンタル WWE・US TNA世界タッグ
得意技:シザースキック(別名アックスキック) ブックエンド スピンルーニー(ブレイクダンスのウインドミル。アピール技)

88年、テキサス州ヒューストンでデビュー。92年にダラスのGWF(Global Wrestling Federation)に入団。実の兄のスティービー・レイとタッグチーム「エボニー・エクスペリエンス」を結成。92年7月にGWFタッグ王座を獲得。日本のインディ団体NOWにも2回参戦している。93年6月に兄と共にWCWに登場。チーム名「ハーレム・ヒート」として活躍した。WCWではWCW世界ヘビー級王座を5回、WCWタッグ王座を11回獲得した。01年、WCW崩壊後にWWFに入団。妙技スピンルーニーと、決め台詞の「SUCKA!」を武器に活躍。02年にゴールダストと組んでWWE世界タッグ王座を獲得。04年2月、ロブ・バン・ダムと組んでWWE世界タッグ王座を獲得した。05年3月、「ブッカーT&スティービー・レイ プロレス・アカデミー」をヒューストンに開校。元WCWのナイトロ・ガールスのシャーメルと結婚。シャーメルもディーヴァとしてWWEに登場。06年5月、キング・オブ・ザ・リングの決勝戦でボビー・ラシュリーに勝利して優勝。優勝後、キング・ブッカーに改名。7月23日、レイ・ミステリオを破り世界ヘビー級王座を獲得した。11月26日、「サバイバー・シリーズ」でバティースタに敗れ王座転落。07年8月26日のサマースラムで、8ヶ月間の欠場から復帰してきたHHHと対戦。ペディグリーをかわしてブック・エンドを決めたが、最上段からのサマーソルト・レッグドロップをかわされ、最後はペディグリーに敗れた。10月にシャーメルと共にWWEを離脱。11月11日にTNAに初登場。スティング、X組対カート・アングル、ケビン・ナッシュ組というメインイベントでのXとしての出場だった。この試合でフォールを取ればTNA王座を獲得できたが、13分36秒、アングルのオリンピック・スラムにスティングがフォールを取られた。その後もTNAで活躍。08年2月16日、IGFの有明コロシアム大会に来日し、TAJIRIと対戦。12分21秒、スピンルーニーを見せてからのシザースキックで勝利した。3月9日、PPV「デスティネーションX」でロバート・ルードとストラップマッチで対戦。ブッカーのセコンドが投げ入れた手錠がルードの手に渡ってしまい、手錠で殴られて7分56秒に敗れた。7月13日、サモア・ジョーのTNA王座に挑戦。エキサイトしてブッカーTだけでなくレフリーやスタッフを攻撃しつづけるジョーに対し、スティングが乱入して止めに入る。いったん引きあげたジョーだったが、リングに戻ってブッカーTを攻撃。スティングがバットでジョーを殴る。倒れたジョーをブッカーTがフォールしてシャーメルが3カウント。シャーメルは正式なレフリーではなかったため、試合は無効試合となった。8月10日、PPV「ハード・ジャスティス」でサモア・ジョーと金網マッチで再戦。アックスキックを決めたが、照明が落ち、照明がついた時にはジョーがギターを持っていた。そのままギターで殴られてフォール負け。10月12日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でクリスチャンAJスタイルズと3WAYマッチ。雪崩式アンプリティアーをAJに決めたクリスチャンにダイビング式のアックスキックを決めてフォール勝ち。10月23日の放送でカート・アングル、スティング、ケビン・ナッシュとメインイベント・マフィアを結成。さらにレジェンドチャンピオンシップのベルトを披露。11月9日、PPV「ターニングポイント」でクリスチャンとレジェンド王座の防衛戦を行い、後方回転エビ固めを切り返してのエビ固めでフォール勝ち。12月4日、サモア・ジョーを相手にレジェンド王座の防衛戦を行い、アックスキックで勝利。12月7日、PPV「ファイナル・レゾリューション」でスティング、ケビン・ナッシュ、スコット・スタイナーと組んでAJスタイルズ、サモア・ジョー、チーム3D組と対戦。負ければAJにスティングのTNA王座を奪われる試合だった。スティングがマッスルバスターでジョーに担ぎあげられたが、背後からナッシュがジョーに急所パンチを決めて脱出。直後にスティングのスコーピオンデスドロップでジョーにフォール勝ち。09年3月15日、PPV「ディスティネーションX」でAJスタイルズを相手に防衛戦。スタイルズクラッシュに敗れてレジェンド王座から転落。5月24日、PPV「サクリファイス」でAJスタイルズのレジェンド王座に「アイクイット」マッチで挑戦。アームバーをかけられたところでタオルが投げられ敗れた。7月19日、PPV「ヴィクトリーロード」でスコット・スタイナーと組んでビアマニーインクのタッグ王座に挑戦。12分29秒、エプロンでブッカーTがルードにアックスキックを決めて、スタイナーがフォール勝ち。TNA世界タッグ王座を獲得した。10月18日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でスコットと組んでチーム3D、ブリティッシュ・インヴェイジョン(IWGPタッグ王者)、ビアマネーインクを相手にタッグ王座の2冠戦。試合序盤でビアマネーインクのD.W.Iをくらって場外でダウンし戦線離脱。ベルトを他のチームに奪われ王座転落。この試合を最後にTNAを離脱。10年11月10日から21日にかけて、フランス遠征。AWRのシリーズ全7大会に出場。11年1月30日、WWEのロイヤルランブルに登場。その後はWWEで解説者として活躍。12月18日、PPV「TLC」でコーディ・ローズのインターコンチネンタル王座に挑戦。ビューティフル・ディザスター(ロープに飛びのり体を半回転させてのキック)に敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


◆YOUTUBE 動画・・・・・・・・・・・・

ダークロHP