ダークロHP

ワルドー・フォン・エリック
WALDO VON ERICH


本名:ウォルター・ポール・ジーバー
1933年10月2日
カナダ・オンタリオ州トロント出身
193cm 120kg
タイトル歴:NWF世界ヘビー NWAアメリカンタッグ WWWF・USタッグ ミシシッピ・ヘビー
得意技:プロシアン・ドロップ(別名プロシアン・バックブリーカー。カーフ・ブランディングの原型)

デビュー前はフットボールで活躍。50年にカルガリーでデビュー。デビュー当初はカナダで活躍。63年にAWAでバーン・ガニアと抗争。64年にWWWFに進出。WWWFではブルーノ・サンマルチノと抗争。64年から75年にかけて7度、サンマルチノのWWWF王座に挑戦している。65年2月4日、ジン・キニスキーと組んでWWWF・USタッグ王座を獲得。ミネソタでフリッツ・フォン・エリックの実弟として活躍。実際は血縁関係はなかった。 67年2月21日にNWAアメリカンタッグ王座を獲得。4月に日本プロレスに初来日。68年1月に国際プロレスに来日。69年10月にWWWFに登場し、ブルーノ・サンマルチノと対戦。 70年9月9日、ミシシッピー州グリーンビルでミシシッピ・ヘビー級王座を獲得。 71年にはジョニー・パワーズからNWF世界王座を2回獲得。 72年9月、日本プロレスの第3回NWAタッグリーグ戦にフリッツ・フォン・ゲーリングと組んで参戦。10月18日、日本プロレスの高崎市体育館大会で坂口征二のUN王座に挑戦。1本目は14分14秒に反則負け。2本目は3分50秒に逆片エビ固めに敗れた。73年ごろにオーストラリアに移動。グレート・トージョー(サムソン・クツワダ)との日独戦犯コンビでヒールとして活躍し、ラリー・オーディロン・ミラーと抗争。74年ごろ、カナダに戻る。76年2月にトロントのメープルリーフガーデンでサンマルチノと対戦。9月、全日本プロレスに登場。79年3月に引退。09年7月5日、カナダ・オンタリオ州キチェナーの病院で心臓発作のため死去。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP