ダークロHP / レスラーノート

スコット・スタイナー
SCOTT STEINER


本名:スコット・C・レヒシュタイナー
1962年7月29日
ミシガン州ペイシティ出身
190cm 112kg
タイトル歴:WCW世界ヘビー NWA世界タッグ WCW世界タッグ WWF世界タッグ IWGPタッグ TNA世界タッグ WWA世界ヘビー(シカゴ版) インパクト世界タッグ WLWタッグ
得意技:フランケンシュタイナー スタイナーリクライナー(キャメルクラッチと同形) スタイナースクリュードライバー(相手を持ち上げてブレーンバスターの体勢から、パイルドライバーのように頭から垂直に落とす)

高校時代にアマレスを始め、レスリングの奨学金を得てミシガン大学に進学。81年から84年の4年連続で全米ビッグ10選手権177ポンド2位。84年にはロス五輪の強化選手に選出された。 86年に大学を中退し、D・ブルーザーのコーチを受けてプロレス入り。8月14日、ミシガン州ディーボーンでスコット・レックスタイナーの名でWWA世界ヘビー級王座を獲得。 89年にNWA地区へ進出し、兄リックとスタイナー・ブラザーズを結成。必殺のフランケンシュタイナーを武器にタッグ戦で大活躍。同年11月、NWA世界タッグ王座を獲得。 91年3月に初来日し、健介組を破ってIWGPタッグ王座を獲得。 92年6月にIWGPタッグ王座に返り咲く。 93年よりWWFに進出し、WWF世界タッグ王座に2度君臨した。 96年3月、WCWに復帰し、ビルドアップされた肉体を誇示するボディビル系のレスラーに転向。 00年11月26日にはブッカーTを破りWCW世界ヘビー級王座を獲得。 01年3月のWCW崩壊後は02年2月、インディの新団体WWAに参戦。 02年5月、東京ドームで5年ぶりに新日本プロレスに参戦し、スタイナーズを再結成した。11月にWWEに復帰。ビッグ・パパ・パンプの異名で活躍。 03年1月24日、国立競技場代々木第一体育館でのWWEの日本公演に来日し、メインでケインと組んでHHHバティスタ組と対戦。19分47秒、HHHのペディグリーにケインが敗れた。25日の大会では、クリスチャンと対戦。11分16秒、スタイナー・リクライナーで勝利。 04年にWWEを退団。 06年3月、TNAに登場してスティングと抗争。 07年6月3日にTNAのプエルトリコ・サンファン大会でロバート・ルードと組んでジェフ・ジャレット、アポロ組と対戦し、アポロのキックがのどに入り首を負傷。ホテルに戻ってから激しい吐き気と呼吸困難を起こし、気管と食道の緊急手術を受けて一命を取りとめる。8月12日、リックと組んで、チーム3Dと対戦。雪崩式フロントスープレックスや雪崩式フランケンシュタイナーを決めて、最後は11分1秒、スタイナー・ブルドッグ(スコットがディーボンを肩車してトップロープからリックがブルドッキング・ヘッドロック)で勝利した。8月26日、全日本プロレスの両国国技館大会に来日。諏訪魔と組んでムタTAJIRI組と対戦。15分2秒、ムタのムーンサルトプレスに諏訪魔がフォールを取られた。 08年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会でリックと組んでIWGPタッグ王者のジャイアント・バーナードトラヴィス・トムコ組に挑戦。雪崩式フランケンシュタイナーを見せた。トムコを肩車し、リックとの合体ブルドッキングヘッドロックを決めたが、レフリーが巻きこまれていたためカウントできず。12分50秒、マジックキラーにリックがフォールを取られた。5月11日、PPV「サクリファイス」でTNA王者サモア・ジョー、カズと3WAYでのタイトルマッチ。14分27秒、ジョーのマッスルバスターに敗れた。6月からヒザの怪我のため長期欠場。10月30日の放送でTNAに復帰。メイン終了後の乱闘に登場し、スティング、アングル、ブッカーT、ケビン・ナッシュのメインイベント・マフィアに加入した。12月7日、PPV「ファイナル・レゾリューション」でスティング、ブッカーT、ナッシュと組んでAJスタイルズ、サモア・ジョー、チーム3D組と対戦。負ければAJにスティングのTNA王座を奪われる試合だった。スティングがマッスルバスターでジョーに担ぎあげられたが、背後からナッシュがジョーに急所パンチを決めて脱出。直後にスティングのスコーピオンデスドロップでジョーにフォール勝ち。 09年3月15日、PPV「ディスティネーションX」でサモア・ジョーと対戦。試合開始早々にパンチの連打で流血させられ、短時間でジョーのレフリー暴行により反則勝ち。試合後も場外で攻撃され続けた。7月19日、PPV「ヴィクトリーロード」でブッカーTと組んでビアマニーインクのタッグ王座に挑戦。12分29秒、エプロンでブッカーTがルードにアックスキックを決めて、スタイナーがフォール勝ち。TNA世界タッグ王座を獲得した。10月18日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でブッカーTと組んでチーム3D、ブリティッシュ・インヴェイジョン(IWGPタッグ王者)、ビアマネーインクを相手にタッグ王座の2冠戦。頭上に吊るされたベルトを巡り、8人もの選手がリングに上がり、イス、テーブル、ラダーが乱立する大乱戦を展開。フロントスープレックス4連発、トップロープからのフランケンシュタイナーを決めるなど見せ場を作ったが、ビアマネーインクのD.W.IをくらってブッカーTが退場したこともあり、ベルトを他のチームに奪われ王座転落。11月15日、PPV「ターニングポイント」でラシュリーとフォールズカウント・エニウェア・マッチで対戦。場外戦での鉄パイプでの一撃でフォール勝ち。12月20日、PPV「ファイナル・レゾリューション」でラシュリーとラストマン・スタンディング・マッチで対戦。スピアーからの鉄パイプ殴打にノックアウト負け。 10年2月、TNAを離脱。11月10日から21日にかけて、フランス遠征。AWRのシリーズ全7大会に出場。 11年1月、TNAに復帰。2月13日、PPV「アゲインスト・オールオッズ」で、ビアマネーインクと組んでロブ・テリー、ガナー、マーフィー組と対戦。スコットが雪崩式フランケンシュタイナーでガナーに勝利。6月12日、PPV「スラミバーサリー」でマット・モーガンと対戦。バイシクルキックに敗れた。8月7日、PPV「ハードコアジャスティス」でイモータルのガンナー、アビスと組んでフォーチュンのダニエルズ、カザリアン、AJスタイルズ組と対戦。AJのセカンドロープの反動を利用したペレキックをくらってアビスが敗れた。11月13日、PPV「ターニングポイント」でブリー・レイと組んでアビス、アンダーソン組と対戦。アビスのブラックホールスラムにスコットが敗れた。この試合後、TNAへの出場がなくなる。 12年3月、TNAを離脱。 13年6月22日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でリックと組んでエディ・キングストン、ホミサイド組と対戦。6分37秒、スタイナーブルドッグを決めてキングストンに勝利。 15年6月7日、ニューヨーク州ニューヨークのシティ・フィールドで行われた「レジェンド・オブ・レスリング」のメインでRVDと対戦。ヴァン・ダミネーターに敗れた。 17年7月2日、インパクト・レスリングのPPV「スラミバーサリー」でジョシュ・マシューズと組んでジェレミー・ボラッシュ、ジョセフ・パーク組と対戦。パークのブラックホールスラム、ボラッシュのダイビングボディプレスをくらってマシューズが敗れた。 18年3月10日、WLWのミズーリ州モスクワ・ミルズ大会でカイル・ロバーツと組んでスティーブ・フェンダー、ブランドン・エスピノーサ組のタッグ王座に挑戦。16分17秒、ロバーツがスピニングヒールキックでエスピノーサに勝利。WLWタッグ王座を獲得した。4月22日、インパクトのPPV「リデンプション」でイーライ・ドレイクと組んでLAXのタッグ王座に挑戦。イーライがグラビー・トレインでオーティスに勝利。インパクト世界タッグ王座を獲得した。4月26日、インパクトの放送でLAXを相手にタッグ王座の防衛戦。オーティスに肩車されてサンタナがダイビングラリアットで飛んできたところを、イーライがパワースラムのような形で切り返して勝利。5月10日、インパクトの放送でDJZ、アンドリュー・エヴァレット組を相手にタッグ王座の防衛戦。場外でのスタイナーのイス攻撃がイーライに誤爆してしまい、直後にエヴァレットの走りこんでのシューティングスタープレスにイーライが敗れて王座転落。5月31日、インパクトの放送でイーライ・ドレイクと対戦。イス攻撃をくらってフォール負け。 19年2月15日、ICWのニューヨーク大会でニック・ゲイジと対戦。場外で、2つのイスの上に置かれた木の板の上に乗せられてエルボードロップを落とされてリングアウト負け。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP