ダークロHP / レスラーノート

ジプシー・ジョー
GYPSY JOE


本名:ヒルベルト・メレンデス
1933年12月2日
プエルトリコ・オロコビス出身
176cm 110kg
タイトル歴:GWAヘビー ウエストバージニア・ヘビー
得意技:フライング・ニードロップ

5歳で家族とニューヨークに移住。ペドロ・モラレスやバーバー・ロハのトレーニングを受け、63年にニューヨーク近郊ロングアイランドでペペ・フィゲロアの名で、ルー・アルバーノを相手にデビュー。その後、テネシー、カンサス、オクラホマ、カナダのニューブランズウィック、モントリオール、プエルトリコ等、各地を転戦。ウエストバージニア州ではジーン・マドリッドの名で、「兄弟」のジャン・マドリッドと共に活躍。72年1月から8月にかけてウエストバージニア・ヘビー級王座を3度獲得。74年にはジプシー・ジョーの原型となるアステカ・ジョーに変身して活躍。カナダのモントリオールでプロモーターのマッドドッグ・バションのアイデアでジプシー・ジョーと改名。以後、モントリオールでマッドドッグ・バションと抗争を展開。75年1月、モントリオールでGWAヘビー級王座を獲得。9月、国際プロレスに初来日。長く国際プロレスで金網最上段からのニードロップを武器にラフファイトで活躍。 81年8月から全日本プロレスに登場。9月4日、大阪府立体育館大会でジャンボ鶴田のUN王座に3本勝負で挑戦。1本目は11分10秒、リングアウト負け。2本目は5分27秒、フライングニードロップで勝利。3本目はニードロップを狙ってトップロープに上ったところをデッドリードライブで返され、カナディアン・バックブリーカーで揺さぶられ、最後は5分15秒、逆エビ固めに敗れた。 83年7月19日、全日本プロレスの大阪府立体育会館大会でジェリー・モローと組んでマイティ井上阿修羅原組のアジアタッグ王座に挑戦。18分20秒、井上のジャーマンスープレックスにモローが敗れた。 91年7月9日、テネシー州ナッシュビルのバーで腹部を銃撃されて重傷を負うが1週間で退院し、マットに復帰。8月7日、後楽園ホールでのW★INGの旗揚げ戦に来日し、戸井勝と対戦。13分11秒、セカンドロープからのニードロップで勝利。10分以上が場外戦だった。9月9日、W★INGのJCTV・Aスタジオ大会で金村と対戦。5分20秒、ダイビングニードロップで勝利。一度引退したが、02年に再び来日。その後も現役を続けた。07年4月12日にはIWAイースト・コーストのチャールストン大会でNOSAWA論外とシングルで対戦。イスへのDDTに敗れた。10年12月11日、SMASHの新宿FACE大会でTAJIRIと対戦。イス攻撃を耐えきるなど頑丈ぶりをアピールしたが、9分19秒、グリーンミストをくらった直後にスクールボーイにフォール負け。 11年1月、アメリカで引退試合。13年、通風のため右足を切断。16年6月15日、死去。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP