レスラーノート

斉藤ジュン

1986年12月19日
宮城県角田市出身
193cm 109kg

タイトル歴
G−INFINITY
世界タッグ

双子の兄。学生時代をアメリカで過ごし、大相撲・出羽海部屋に入門。8年間活躍し、引退。20年12月、弟の斉藤レイと共に公開入門テストに合格し、全日本プロレスに入団。

2021

21年6月9日、後楽園ホール大会でデビュー。レイと組んで大森隆男、本田竜輝組と対戦。11分6秒、大森の逆エビ固めにレイが敗れた。6月26日、大田区総合体育館大会で斉藤レイと対戦。4分1秒、逆エビ固めで勝利。8月15日、新宿FACE大会で王道トーナメントに参戦し、1回戦で石川修司と対戦。4分21秒、ランニング・ニーリフトに敗れた。8月29日、後楽園ホール大会で塚本竜馬と対戦。2分44秒、逆エビ固めで勝利。9月10日、くにびきメッセ大会で塚本竜馬と対戦。6分24秒、ブレーンバスターで勝利。9月12日、アクロス福岡大会で大森隆男と対戦。10分53秒、アックスボンバーに敗れた。9月29日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で本田竜輝と対戦。7分43秒、逆片エビ固めに敗れた。10月6日、新木場1stRING大会で芦野祥太郎と対戦。8分25秒、アンクルロックに敗れた。11月13日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にレイと組んで参戦。11月23日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で田村男児と対戦。2分59秒、横入り式エビ固めにフォール負け。リーグ戦は3戦全敗に終わった。

2022

22年1月20日、レイと共にアメリカ遠征に出発。1月21日、MLWのテキサス州ダラス大会でレイと組んでバッド・ヘビー、ナールズ・ガービン組と対戦。ダブルのチョークスラムから、レイがダイビング・ボディプレスでバッドに勝利。9月18日、日本武道館(18年7ヶ月ぶりの日本武道館大会)で行われた全日本プロレス50周年記念大会で凱旋帰国試合を行ない、レイ、サイラスと組んで石川修司、佐藤耕平納谷幸男組と対戦。ダブルでのチョークスラムからジュンがブレーンバスターを決め、7分38秒、レイがダイビング・ボディプレスで石川に勝利。9月19日、後楽園ホール大会でレイと組んで芦野祥太郎、本田竜輝組の世界タッグ王座に挑戦。12分8秒、芦野のアンクルロックにレイが敗れた。10月2日、レイと共にヒール軍団のブードゥー・マーダーズに加入。11月13日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にレイと組んで参戦。リーグ戦は3勝4敗に終わった。

2023

23年1月2日、後楽園ホール大会でレイと組んで青柳優馬、野村直矢組と世界タッグ王座挑戦者決定戦。11分48秒、青柳のスタッフロールにジュンがフォール負け。4月8日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でサイラスと対戦。2分58秒、リバース・スプラッシュに敗れた。4月10日、保土ケ谷公会堂大会で宮原健斗と対戦。9分10秒、首固めにフォール負け。4月16日、アクトシティ浜松大会でT−hawkと対戦。6分42秒、サムソンクラッチにフォール負け。4月22日、新潟市西川多目的ホール大会で小島聡と対戦。8分19秒、ラリアットに敗れた。4月23日、夢メッセみやぎ西館ホール大会でヨシタツと対戦。6分25秒、コブラクラッチスラムで勝利。4月25日、後楽園ホール大会で青柳優馬と対戦。9分37秒、サイコブレイクで勝利。5月4日、後楽園ホール大会で本田竜輝と対戦。7分32秒、サイコブレイクで勝利。リーグ戦は1勝6敗に終わった。5月13日、ボルファートとやま大会で井上凌と対戦。6分40秒、サイコブレイクで勝利。6月7日、GLEATの後楽園ホール大会でレイと組んで田村ハヤト、チェック島谷組のタッグ王座に挑戦。18分16秒、レイがダイビング・ボディプレスで島谷に勝利。G−INFINITY王座を獲得した。7月1日、GLEATの東京ドームシティホール大会でカズ・ハヤシ、田中稔組を相手にタッグ王座の防衛戦。11分4秒、レイがダイビング・ボディプレスで稔に勝利。8月4日、GLEATの両国国技館大会で河上隆一、ガレノ・デル・マル組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分55秒、レイがダイビング・ボディプレスで河上に勝利。8月21日、新木場1stRING大会で王道トーナメントに参戦し、1回戦で田村ハヤトと対戦。9分16秒、ラリアットに敗れた。8月23日、GLEATの後楽園ホール大会で鈴木鼓太郎、ハートリー・ジャクソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分48秒、レイがダイビング・ボディプレスでジャクソンに勝利。8月27日、名古屋国際会議場大会で鈴木鼓太郎、ハートリー・ジャクソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。11分1秒、ジュンがサイコブレイクでジャクソンに勝利。9月2日、軽井沢風越公園総合体育館大会でUNタッグ王者の諏訪魔、田村男児組とダブルタイトルマッチ。10分9秒、両者リングアウト。9月8日、国立代々木競技場・第2体育館大会で石川修司、綾部蓮組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分19秒、ジュンがサイコブレイクで綾部に勝利。9月17日、GLEATのサッポロ・イーワン・スタジアム大会で伊藤貴則、鬼塚一聖組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分9秒、レイがダイビング・ボディプレスで鬼塚に勝利。9月21日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会でレイと組んで諏訪魔、田村男児組のUNタッグ王座に挑戦。21分55秒、田村のデスバレーボムにレイが敗れた。10月9日、角田市総合体育館大会でレイと組んで宮原健斗、青柳優馬組の世界タッグ王座に挑戦。37分20秒、ダブルインパクトで青柳に勝利。世界タッグ王座を獲得した。11月3日、美幌町スポーツセンター大会で大森隆男、ヨシ・タツ組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分24秒、レイがダイビング・ボディプレスで大森に勝利。11月5日、ホテルエミシア札幌大会で鈴木みのる、大森北斗組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分33秒、DOOM(ダブルインパクト)で大森に勝利。11月12日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にレイと組んで参戦。11月18日、GLEATの福岡・西鉄ホール大会でKAZMA、クワイエット・ストーム組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分12秒、レイがダイビング・ボディプレスでKAZMAに勝利。リーグ戦は5勝4敗に終わった。12月13日、レイと共に23年度プロレス大賞の新人賞を受賞。12月30日、GLEATの東京ドームシティホテル大会で渡辺壮馬、進祐哉組を相手にタッグ王座の防衛戦。10分26秒、レイがダイビング・ボディプレスで渡辺に勝利。12月31日、国立代々木競技場・第2体育館大会で斉藤レイと対戦。12分6秒、フロントハイキックで勝利。



スクラップブック
【全日本】双子レスラー斉藤ジュン、レイ将来の野望明かす「もっとブーイングを浴びせてくれ!」
(2023年4月14日21:30配信 日刊スポーツより)
 プロレスラー、斉藤ジュン(36)、レイ(36)の「SAITO BROTHERS」が宮城・仙台市の日刊スポーツ東北総局を訪れ、全日本プロレスチャンピオンカーニバル2023宮城大会(23日、夢メッセみやぎ 西館ホール)のPRとチャンピオンカーニバルへの意気込み、将来の野望について語った。
 2人は宮城県角田市出身。兄がジュン、弟がレイの双子だ。小、中学校時代を宮城で過ごし「田んぼを駆け回っていた(笑い)」(ジュン)が、中学校卒業後、父が米国人ということもあり米国に移住。高校、大学時代を「インディアンがいっぱいいた(笑い)」(レイ)というサウスダコタ州で過ごした。大学卒業後、大相撲・出羽海部屋にそろって入門。ジュンが「藤の海順」、レイが「藤の花礼」のしこ名で8年間力士生活を送った。だが、最高位はジュンが西幕下47枚目、レイが西三段目16枚目と、決して納得のいくものではなかった。
 転機は弟レイからの誘いだった。大相撲引退後、米国に帰り「トラックドライバーになろうと思っていた」(ジュン)が、プロレスラーにならないかと誘われ「5回は断られた」(レイ)。だが、「相撲は不完全燃焼だった。だから、日本に帰ってきて『いっちょ、やってやろう』という気になった」とプロレスラー挑戦を決意。20年12月の公開入門テストにともに合格し、プロレスに転向。21年6月にプロデビュー。22年には米国、欧州のマットで海外武者修行を積み、22年9月18日の全日本50周年記念大会で凱旋(がいせん)。翌日の後楽園ホール大会で世界タッグ王座に初挑戦。敗れはしたものの、王者・芦野祥太郎(33)、本田竜輝(23)組をギリギリまで追い詰め、10月には、悪の軍団「ブードゥーマーダーズ」加入を宣言と、激動の時間を過ごしてきた。
 プロレスデビュー3年目を迎えた今季は、8日に開幕した「チャンピオンカーニバル」で奮闘中。これまで2戦を戦い、Aブロックのジュンが2敗、Bブロックのレイが2連勝中と明暗が分かれている。だが、ジュンは「今は連敗スタートだが、最後に優勝するのはオレ、斉藤ジュンだというのを覚えておいてもらいたい」と意気込めば、レイは「オレはこのまま残りの試合を勝ち進むだけ。これからもっとおもしろくなるから全員楽しみに待っとけ。よく見とけよ!」とアピールした。