レスラーノート

ボルチン・オレッグ

BOLTIN OLEG

1993年2月10日
カザフスタン出身
185cm


山梨学院大学ではレスリングで活躍。13年、アジア選手権ジュニアで2位入賞。16年、学生2冠(全日本大学選手権、全日本学生選手権)を3度達成。17年3月の大学卒業後、「ブシロードクラブ」に所属。東京オリンピック出場を目指した。19年2月10日、全カザフスタン選手権でフリースタイル125kgで優勝。世界選手権のカザフスタン代表に選出された。

2021

21年4月18日、カザフスタン・アルマトイでのアジア選手権でフリースタイル125kgに優勝。6月8〜9日にポーランド・ワルシャワで行われたUWWランキング大会、「ジオルコウスキ国際大会」のフリースタイル125kgに出場し初戦敗退。惜しくもオリンピック出場はならなかった。10月2日からノルウェー・オスロで行われた世界選手権にフリースタイル125kgで出場し、5位入賞。11月23日、全カザフスタン選手権でフリースタイル125kgで優勝。

2022

22年9月10日、セルビア・ベオグラードで行われた世界選手権にフリースタイル125kgで出場し、昨年と同じく5位入賞。10月10日、両国国技館大会のリング上で新日本プロレス入団を発表。日本語で「皆さん、こんにちは。カザフスタン出身のボルチン・オレグです。プロレスの世界チャンピオンを目指します。よろしくお願いします」と挨拶した。

2023

23年1月4日、東京ドーム大会で大岩陵平と3分間のエキシビションマッチ。素早い動きと力強い投げ技を見せ、デビューへの期待を高めた。