レスラーノート

ゲイブリエル・キッド

GABRIEL KIDD

1997年4月24日
イギリス・ノッティンガム出身
183cm 90kg

得意技
ダブルアームスープレックス

11年にデビュー。

2020

20年1月25日から新日本プロレスのシリーズに参戦。1月27日、山形ビッグウイング大会で上村優也と対戦。10分34秒、高角度逆エビ固めに敗れた。1月28日、秋田・ナイスアリーナ大会で辻陽太と対戦。7分53秒、逆エビ固めに敗れた。2月2日、北海道立総合体育センター大会でエル・ファンタズモと対戦。8分50秒、フロッグスプラッシュに敗れた。2月4日、後楽園ホール大会で田口隆祐と対戦。8分43秒、オーマイ&ガーアンクルに敗れた。2月5日、後楽園ホール大会で上村優也と対戦。8分57秒、逆エビ固めに敗れた。2月6日、後楽園ホール大会でエル・ファンタズモと対戦。8分4秒、CR2に敗れた。2月20日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分9秒、逆エビ固めに敗れた。6月15日、無観客大会で辻陽太と対戦。8分43秒、逆エビ固めに敗れた。6月17日、無観客大会でのNEW JAPAN CUP1回戦で石森太二と対戦。8分53秒、Yes Lockに敗れた。8月6日、後楽園ホール大会で永田裕志と対戦。8分12秒、ナガタロック2に敗れた。9月3日、さいたま市記念総合体育館大会で永田裕志と対戦。7分19秒、ナガタロック2に敗れた。9月8日、リリーアリーナMITO大会で永田裕志と対戦。7分7秒、ナガタロック2に敗れた。9月20日、大阪府立体育会館大会で辻陽太と対戦。9分15秒、逆エビ固めに敗れた。9月23日、北海道立総合体育センター大会で上村優也と対戦。7分21秒、ダブルアームスープレックスで勝利。9月27日、神戸ワールド記念ホール大会で辻陽太と対戦。7分40秒、ダブルアームスープレックスで勝利。9月29日、後楽園ホール大会で上村優也と対戦。9分10秒、高角度逆エビ固めに敗れた。10月1日、アオーレ長岡大会で辻陽太と対戦。15分時間切れ引き分け。10月5日、高松市総合体育館大会で上村優也と対戦。7分35秒、高角度逆エビ固めに敗れた。10月7日、広島サンプラザホール大会で辻陽太と対戦。6分43秒、逆エビ固めに敗れた。10月8日、ジップアリーナ岡山大会で上村優也と対戦。8分47秒、ダブルアームスープレックスで勝利。10月11日、愛知県体育館大会で辻陽太と対戦。7分9秒、ダブルアームスープレックスで勝利。10月13日、浜松アリーナ大会で上村優也と対戦。8分37秒、かんぬきスープレックスに敗れた。10月16日、両国国技館大会で辻陽太と対戦。6分52秒、逆エビ固めに敗れた。10月17日、両国国技館大会で上村優也と対戦。8分16秒、ダブルアームスープレックスで勝利。10月24日、所沢市民体育館大会で辻陽太と対戦。8分22秒、ダブルアームスープレックスで勝利。10月25日、幕張メッセ大会で上村優也と対戦。7分21秒、かんぬきスープレックスに敗れた。10月29日、福島市国体記念体育館大会で辻陽太と対戦。8分9秒、逆エビ固めに敗れた。10月31日、茨城・かみす防災アリーナ大会で上村優也と対戦。7分41秒、ダブルアームスープレックスで勝利。11月2日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分44秒、回転エビ固めをエビ固めで切り返してフォール勝ち。11月3日、ツインメッセ静岡大会で上村優也と対戦。7分28秒、かんぬきスープレックスに敗れた。11月16日、小松市末広体育館大会で辻陽太と対戦。7分36秒、逆エビ固めに敗れた。

2021

21年1月6日、東京ドームシティホール大会で永田裕志と対戦。7分59秒、ナガタロック2に敗れた。2月1日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分26秒、逆エビ固めに敗れた。2月2日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分21秒、ダブルアームスープレックスで勝利。2月19日、岩手県営体育館大会で上村優也と対戦。7分3秒、ダブルアームスープレックスで勝利。3月7日、アイメッセ山梨大会でのNEW JAPAN CUP1回戦でザック・セイバー・ジュニアと対戦。17分21秒、三角絞めに敗れた。3月18日、ツインメッセ静岡大会で上村優也と対戦。7分22秒、ダブルアームスープレックスで勝利。4月10日、横浜武道館大会で辻陽太と対戦。8分18秒、逆エビ固めに敗れた。4月11日、アクトシティ浜松大会で上村優也と対戦。9分7秒、かんぬきスープレックスに敗れた。4月22日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で辻陽太と対戦。5分41秒、ダブルアームスープレックスで勝利。4月23日、高知県民体育館大会で上村優也と対戦。8分34秒、ダブルアームスープレックスで勝利。4月30日、グランメッセ熊本大会で辻陽太と対戦。7分38秒、ダブルアームスープレックスで勝利。5月1日、別府ビーコンプラザ大会で上村優也と対戦。7分23秒、かんぬきスープレックスに敗れた。8月26日の大会から首のケガのため長期欠場。11月15日(アメリカでのTV放送は12月11日)、カリフォルニア州リバーサイド大会で復帰し、ジョナサン・グレシャムと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2022

22年1月8日(収録日は12月9日)、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでエディ・キングストンと対戦。12分37秒、バックフィスト・トゥ・ザ・フューチャーに敗れた。1月29日、RPWのロンドン大会でフランシスコ・アキラと対戦。ツームストンパイルドライバーで勝利。2月6日、RPWのロンドン大会でリッキー・ナイト・ジュニアと対戦。ツームストンパイルドライバーで勝利。2月19日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチ(収録日は1月15日)でフレッド・ロッサーと対戦。14分52秒、ガットフィーリングに敗れた。10月1日、新日本プロレスのイギリス・ロンドン ・クリスタルパレスナショナルスポーツセンター大会でダン・モロニーと対戦。9分19秒、パイルドライバーで勝利。11月5日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチで棚橋弘至と対戦。11分30秒、ハイフライフローに敗れた。11月22日から始まったWORLD TAG LEAGUEにアレックス・コグリンと組んで参戦。リーグ戦は1勝8敗に終わった。