レスラーノート

田村男児

1999年6月14日
茨城県鹿嶋市出身
173cm 83kg

得意技
ダンロック(変型テキサスクローバーホールド)

柔道3年、アマチュアレスリング3年の経験。18年4月1日、全日本プロレスに入門。

2019

19年1月2日、後楽園ホール大会でデビュー。同じくこの日がデビュー戦となった青柳亮生と組んで青木篤志佐藤光留組と対戦。9分11秒、青木の逆エビ固めに青柳が敗れた。1月6日、厚木市荻野運動公園サブアリーナ大会でゼウスと対戦。6分33秒、逆エビ固めに敗れた。1月9日、新木場1stRING大会でTAMURAと対戦。5分8秒、腕固めに敗れた。1月15日、阿倍野区民センター大会で青柳亮生と対戦。4分53秒、逆エビ固めで勝利。1月18日、横浜ラジアントホール大会で青柳亮生と対戦。6分4秒、逆エビ固めに敗れた。2月8日、名古屋市中村スポーツセンター・第2競技場大会で青柳亮生と対戦。4分32秒、首固めでフォール勝ち。3月9日、銚子市体育館大会で青柳亮生と対戦。6分42秒、逆エビ固めで勝利。3月12日、新木場1stRING大会で大森北斗と対戦。5分39秒、逆エビ固めに敗れた。3月16日、大阪市立旭区民センター大会で大森北斗と対戦。7分45秒、フェイスロックに敗れた。3月17日、諏訪市清水町体育館大会で青柳亮生と対戦。6分32秒、サムソンクラッチにフォール負け。3月23日、いわき市平体育館大会で青柳亮生と対戦。5分34秒、逆エビ固めで勝利。3月24日、女川町総合体育館大会で青木篤志と対戦。8分4秒、逆エビ固めに敗れた。4月11日、アクロス福岡大会で岡田佑介と対戦。5分54秒、逆エビ固めに敗れた。4月29日、後楽園ホール大会で大森北斗と対戦。5分14秒、逆エビ固めに敗れた。5月20日、後楽園ホール大会で大森北斗と対戦。5分51秒、ブレーンバスターに敗れた。5月25日、岡崎竜美丘会館大会で大森北斗と対戦。4分59秒、逆エビ固めに敗れた。5月27日、じゅうろくプラザ大会で大森北斗と対戦。4分24秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めに敗れた。5月29日、神楽門前湯治村・神楽ドーム大会で大森北斗と対戦。6分5秒、逆エビ固めで勝利。6月2日、神戸サンボーホール大会で青柳亮生と対戦。7分51秒、逆エビ固めに敗れた。6月22日、キッセイ文化ホール・中ホール大会で大森北斗と対戦。5分20秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めに敗れた。6月23日、新発田市役所・札の辻広場大会で丸山敦と対戦。5分47秒、コブラツイストにレフリーストップ負け。6月30日、後楽園ホール大会で岡田佑介と対戦。6分6秒、フィッシャーマンズスープレックスに敗れた。7月15日、成田ビューホテル大会でタンク永井と対戦。8分24秒、逆片エビ固めに敗れた。7月24日、ホテルマリターレ創世・佐賀大会で岡田佑介と対戦。5分33秒、フィッシャーマンズスープレックスに敗れた。8月19日、登別市総合体育館大会で岡田佑介と対戦。6分48秒、キャメルクラッチに敗れた。8月22日、釧路青雲台体育館大会で青柳亮生と対戦。5分48秒、逆エビ固めで勝利。8月24日、美幌町スポーツセンター大会でフランシスコ・アキラと対戦。4分49秒、KOICHIに敗れた。8月27日、小平町文化交流センター大会で大森北斗と対戦。6分27秒、飛びつき腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。8月28日、旭川地場産業振興センター大会で佐藤光留と対戦。5分36秒、逆エビ固めに敗れた。9月7日、長野・ロジテックアリーナ大会で大森北斗と対戦。6分1秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めに敗れた。9月14日、三条市栄体育館大会で岩本煌史と対戦。5分25秒、逆エビ固めに敗れた。9月28日、神奈川・遊行寺境内大会で青柳亮生と対戦。9分15秒、逆エビ固めに敗れた。10月9日、後楽園ホール大会でフランシスコ・アキラと対戦。3分52秒、Yutakaに敗れた。10月10日、スペースU古賀大会で大森北斗と対戦。5分41秒、逆エビ固めに敗れた。10月19日、和気町体育館大会で岩本煌史と対戦。6分31秒、大外刈りに敗れた。10月20日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でエイサー8と対戦。4分42秒、ダイビング・ダブルニードロップに敗れた。11月23日、広島マリーナホップ大会で青柳亮生と対戦。5分26秒、逆エビ固めで勝利。12月1日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で大森北斗と対戦。6分35秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。

2020

20年1月11日、大阪市立淀川区民センター大会で岩本煌史と対戦。8分20秒、逆エビ固めに敗れた。1月12日、アイメッセ山梨大会で大森北斗と対戦。6分45秒、逆エビ固めに敗れた。2月17日、J:COMホルトホール大分大会で岡田佑介と対戦。6分46秒、サドンデスに敗れた。2月20日、岩国市周東体育センター大会で青柳優馬と対戦。5分32秒、逆エビ固めに敗れた。3月31日、ハードヒットの新木場1stRING大会(新型コロナウィルスの影響により無観客試合)で服部健太と組んで中村圭吾、若松大樹組と対戦。27秒、服部がレッグスプリットで若松に勝利。直後に特別試合として中村圭吾と対戦。3分24秒、変型逆エビ固めで勝利。6月17日、TVマッチで大森北斗と対戦。5分時間切れ引き分け。延長戦も1分時間切れ引き分け。6月19日、TVマッチで羆嵐と対戦。2分10秒、ダイビングセントーンに敗れた。6月25日、TVマッチで秋山準と対戦。5分18秒、エクスプロイダーに敗れた。6月30日から始まったあすなろ杯争奪リーグ戦に参戦。開幕戦のTVマッチで青柳亮生と対戦。8分21秒、変型テキサスクローバーホールドで勝利。7月10日、TVマッチでライジングHAYATOと対戦。6分48秒、変型テキサスクローバーホールドで勝利。7月13日、新木場1stRING大会で大森北斗と対戦。15分15秒、ダンロックで勝利。3戦全勝であすなろ杯争奪リーグ戦に優勝した。8月30日、後楽園ホール大会で岩本煌史の世界ジュニア王座に挑戦。12分54秒、孤高の芸術に敗れた。12月13日、後楽園ホール大会で芦野祥太郎と対戦。11分41秒、アンクルロックに敗れた。12月20日、2AWの2AWスクエア大会でタンク永井と対戦。8分14秒、タンクロックに敗れた。同大会の夜の部でチチャリート・翔暉と対戦。7分44秒、ダンロックで勝利。12月27日、新木場1stRINGでの佐藤光留プロデュース興行で佐藤光留と組んでJr.TAG BATTLE OF GLORYトーナメントに参戦し、1回戦で飯塚優、井土徹也組と対戦(2カウントルール)。7分31秒、佐藤がバックドロップで井土に勝利。同日の準決勝で大森北斗、児玉祐輔組と対戦(2カウントルール)。5分8秒、佐藤が捕獲式腕ひしぎ十字固めで児玉にフォール勝ち。同日の決勝で青柳亮生、ライジングHAYATO組と対戦。31分58秒、田村がパワーボムでHAYATOに勝利。トーナメントに優勝した。

2021

21年2月18日、新木場1stRING大会でイザナギと対戦。6分11秒、M5に敗れた。4月25日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で大森北斗と対戦。7分36秒、変型フライング・ヘッドシザース・ホールドに敗れた。5月19日、保土ケ谷公会堂大会で佐藤光留と組んでゼウス、イザナギ組のアジアタッグ王座に挑戦。17分39秒、イザナギの仙人の首固めに田村がフォール負け。6月2日、新木場1stRING大会でJr. BATTLE OF GLORYトーナメントに参戦し、1回戦で高岩竜一と対戦。9分28秒、デスバレーボムに敗れた。6月20日、長野・キッセイ文化ホール・中ホール大会でヨシタツと対戦。8分44秒、ヨシタツ幻想に敗れた。7月7日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で吉田和正と対戦。8分43秒、逆エビ固めで勝利。8月15日、新宿FACE大会で王道トーナメントに参戦し、1回戦でアブドーラ小林と対戦。9分14秒、バカチンガースリーパーに敗れた。9月26日、ハードヒットの新木場1stRING大会で関根シュレック秀樹と3ロストポイント制で対戦。4分59秒、スロイダーからのジャーマンスープレクックスにKO負け。11月14日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で龍魂杯トーナメントに参戦し、1回戦でLEONAと対戦。7分10秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。11月21日、2AWスクエア大会で青柳亮生と対戦。9分52秒、ファイアーバードスプラッシュに敗れた。11月23日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で斉藤ジュンと対戦。2分59秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。12月17日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で仁木琢郎と対戦。7分54秒、投げっぱなしパワーボムで勝利。12月26日、新木場1stRING大会でJr. TAG BATTLE OF GLORYトーナメントに佐藤光留と組んで参戦し、1回戦でブラックめんそーれ大和ヒロシ組と対戦。11分30秒、田村がダンロックでめんそーれに勝利。同日の準決勝で青柳亮生、飯塚優組と対戦。10分53秒、田村がダンロックで青柳に勝利。同日の決勝で大森北斗、児玉裕輔組と対戦。28分18秒、大森の無想一閃に田村が敗れた。