レスラーノート

大森北斗

1995年6月28日
北海道江別市出身
177cm 85kg

得意技
無想一閃

2018

18年5月1日、全日本プロレスに入門。11月17日、ホテルエミシア札幌大会でデビュー。岡田佑介と対戦し、8分45秒、逆エビ固めに敗れた。11月18日、ホテルエミシア札幌大会で丸山敦と対戦。7分54秒、トラースキックに敗れた。11月25日、横浜市平沼記念体育館大会で佐藤恵一と対戦。4分17秒、逆エビ固めに敗れた。12月6日、アゼリア大正ホール大会で岡田佑介と対戦。5分59秒、逆エビ固めに敗れた。12月8日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でブラック・めんそ〜れと対戦。6分14秒、逆エビ固めに敗れた。12月9日、京都KBSホール大会で大森隆男と対戦。7分49秒、逆エビ固めに敗れた。12月22日、新木場1stRING大会で青木篤志と対戦。6分22秒、雪崩式ブレーンバスターに敗れた。

2019

19年1月5日、Blue Field大会で青柳亮生と対戦。7分5秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。1月9日、新木場1stRING大会で大森隆男と対戦。5分9秒、バックドロップに敗れた。1月14日、名古屋国際会議場大会で青柳優馬と対戦。6分26秒、逆エビ固めに敗れた。1月20日、ヤマダグリーンドーム前橋大会で青柳亮生と対戦。5分48秒、逆エビ固めで勝利。2月9日、生駒市体育協会滝寺S.C.体育館大会で青柳亮生と対戦。6分33秒、アンクルホールドで勝利。3月12日、新木場1stRING大会で田村男児と対戦。5分39秒、逆エビ固めで勝利。3月15日、松阪市総合体育館大会で青柳亮生と対戦。7分5秒、逆エビ固めで勝利。3月16日、大阪市立旭区民センター大会で田村と対戦。7分45秒、フェイスロックで勝利。3月17日、諏訪市清水町体育館大会でブラック・めんそ〜れと対戦。5分50秒、スネークスパイクに敗れた。3月23日、いわき市平体育館大会で丸山敦と対戦。7分24秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。3月24日、女川町総合体育館大会で佐藤光留と対戦。7分14秒、水車落としに敗れた。3月27日、横浜ラジアントホール大会で岡田佑介と対戦。7分53秒、逆エビ固めに敗れた。4月21日、ホテルエミシア札幌大会で岩本煌史と対戦。5分56秒、逆エビ固めに敗れた。4月29日、後楽園ホール大会で田村男児と対戦。5分14秒、逆エビ固めで勝利。5月1日、K−DOJOのBlue Field大会で花見達也と対戦。8分8秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めで勝利。5月5日、大阪・176BOX大会で青柳亮生と対戦。8分46秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めで勝利。5月20日、後楽園ホール大会で田村男児と対戦。5分51秒、ブレーンバスターで勝利。5月25日、岡崎竜美丘会館大会で田村男児と対戦。4分59秒、逆エビ固めで勝利。5月26日、KBSホール大会で佐藤光留と対戦。8分、バックドロップに敗れた。5月27日、じゅうろくプラザ大会で田村男児と対戦。4分24秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めで勝利。5月29日、神楽門前湯治村・神楽ドーム大会で田村男児と対戦。6分5秒、逆エビ固めで勝利。5月30日、福山ビッグローズ大会で岡田剛史と対戦。4分26秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。6月15日、露橋スポーツセンター・第2競技場大会で岩本煌史と対戦。6分28秒、バックドロップに敗れた。6月22日、キッセイ文化ホール・中ホール大会で田村男児と対戦。5分20秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めで勝利。6月28日、清水マリンビル大会でブラックめんそーれと対戦。4分29秒、スネークスパイクに敗れた。6月29日、門真市立総合体育館大会で青柳亮生と対戦。7分41秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。7月17日から始まったJr TAG BATTLE OF GLORYにフランシスコ・アキラと組んで参戦。7月25日、広島・JMSアステールプラザ多目的スタジオ大会で青柳亮生と対戦。5分14秒、逆エビ固めで勝利。2敗3引き分けに終わった。8月18日、苫小牧市総合体育館大会で斗猛矢と対戦。7分8秒、ラ・アダチータ2005に敗れた。8月19日、登別市総合体育館大会で丸山敦と対戦。6分56秒、バズソーキックに敗れた。8月21日、芽室町総合体育館大会で岡田佑介と対戦。7分13秒、サドンデスに敗れた。8月24日、美幌町スポーツセンター大会で青柳亮生と対戦。4分54秒、逆エビ固めで勝利。8月25日、網走市北コミュニティセンター大会で佐藤光留と対戦。8分24秒、バックドロップに敗れた。8月26日、紋別市スポーツセンター大会で青柳亮生と対戦。5分15秒、逆エビ固めで勝利。8月27日、小平町文化交流センター大会で田村男児と対戦。6分27秒、飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで勝利。9月7日、長野・ロジテックアリーナ大会で田村男児と対戦。6分1秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めで勝利。9月8日、石川県産業展示館3号館大会で青柳亮生と対戦。6分29秒、逆エビ固めで勝利。9月21日、ハードヒットの新木場1stRING大会で関根“シュレック”秀樹と対戦。4分9秒、スリーパーホールドに敗れた。10月10日、スペースU古賀大会で田村男児と対戦。5分41秒、逆エビ固めで勝利。10月19日、和気町体育館大会で青柳亮生と対戦。5分29秒、逆片エビ固めで勝利。10月20日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で青柳亮生と対戦。6分23秒、ジャーマンスープレックスで勝利。11月13日、那須町スポーツセンター大会で岩本煌史と対戦。5分、逆エビ固めに敗れた。11月17日、ホテルエミシア札幌大会で大森隆男と対戦。7分10秒、逆エビ固めに敗れた。11月18日、帯広市総合体育館大会で岩本煌史と対戦。5分15秒、孤高の芸術に敗れた。11月19日、北海道・むかわ四季の館・たんぽぽホール大会でヨシタツと対戦。7分5秒、ヨシタツ狂想曲に敗れた。11月24日、高松シンボルタワー展示場大会で丸山敦と対戦。5分27秒、足4の字固めに敗れた。11月30日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で青柳亮生と対戦。6分14秒、ジャーマンスープレクックスで勝利。12月1日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で田村男児と対戦。6分35秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。12月8日、上田創造館大会で岩本煌史と対戦。5分55秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。

2020

20年1月12日、アイメッセ山梨大会で田村男児と対戦。6分45秒、逆エビ固めで勝利。1月14日、宮城野区文化センター大会でUTAMAROと対戦。6分31秒、チェックメイトに敗れた。1月18日、2AWスクエア大会で若松大樹と対戦。5分27秒、逆エビ固めで勝利。2月16日、佐世保市体育文化館大会でUTAMAROと対戦。6分53秒、アンクルホールドに敗れた。5月6日、TVマッチで花見達也と対戦。5分時間切れ引き分け。1分1本勝負で延長戦が行われ、45秒、飛びつき回転十字固めでフォール勝ち。5月24日、TVマッチで岩本煌史と対戦。4分41秒、孤高の芸術に敗れた。6月3日、TVマッチで薄井鉄央と対戦。4分37秒、ジャーマンスープレックスで勝利。6月14日、ドラゴンゲートのドラゴンゲートネットワーク特設会場大会でヨースケ・サンタマリア、世界ジュニア王者の横須賀ススムと3WAYでの王座戦。12分25秒、大森がジャーマンスープレックスでマリアに勝利。横須賀と一対一の対決となり、14分55秒、横須賀の横須賀カッターに敗れた。6月17日、TVマッチで田村男児と対戦。5分時間切れ引き分け。延長戦も1分時間切れ引き分け。6月25日、TVマッチで羆嵐と対戦。2分28秒、ダイビング・セントーンに敗れた。6月30日から始まったあすなろ杯争奪リーグ戦に参戦。開幕戦のTVマッチでライジングHAYATOと対戦。8分29秒、ジャーマンスープレックスで勝利。7月10日、TVマッチで青柳亮生と対戦。5分44秒、ジャーマンスープレックスで勝利。7月13日、新木場1stRING大会で田村男児と対戦。15分15秒、ダンロック(変型テキサスクローバーホールド)に敗れた。リーグ戦は2勝1敗に終わった。11月21日、アオーレ長岡大会で鈴木敬喜と対戦。5分5秒、無想一閃で勝利。11月29日、YAMADAグリーンドーム前橋大会で本田竜輝と対戦。6分50秒、ジャーマンスープレックスで勝利。12月13日、後楽園ホール大会で佐藤耕平と対戦。4分18秒、パイルドライバーに敗れた。12月27日、新木場1stRINGでの佐藤光留プロデュース興行で児玉祐輔と組んでJr.TAG BATTLE OF GLORYトーナメントに参戦し、1回戦でイザナギ、竹田誠志組と対戦(2カウントルール)。5分8秒、大森が十字固めでイザナギにフォール勝ち。準決勝で佐藤光留、田村男児組と対戦(2カウントルール)。5分8秒、佐藤の捕獲式腕ひしぎ十字固めに児玉がフォール負け。

2021

21年1月3日、後楽園ホール大会で土肥こうじと組んでゼウス、イザナギ組のアジアタッグ王座に挑戦。12分44秒、イザナギのタイガーススープレックスに大森が敗れた。4月25日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で田村男児と対戦。7分36秒、変型フライング・ヘッドシザース・ホールドで勝利。6月2日、新木場1stRING大会でJr. BATTLE OF GLORYトーナメントに参戦し、1回戦で佐藤光留と対戦。12分52秒、バックドロップホールドに敗れた。8月15日、新宿FACE大会で王道トーナメントに参戦し、1回戦で本田竜輝と対戦。13分21秒、無想一閃で勝利。8月18日、保土ケ谷公会堂大会での2回戦で吉田綾斗と対戦。7分34秒、バックドロップに敗れた。11月13日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にジェイク・リーと組んで参戦。1勝2敗に終わった。12月26日、新木場1stRING大会でJr. TAG BATTLE OF GLORYトーナメントに児玉裕輔と組んで参戦し、1回戦で中野貴人、神野聖人組と対戦。8分51秒、大森が無想一閃で中野に勝利。同日の準決勝でSUGI、RAICHO組と対戦。8分25秒、児玉が高角度後方回転エビ固めでRAICHOにフォール勝ち。同日の決勝で佐藤光留、田村男児組と対戦。28分18秒、大森が無想一閃で田村に勝利。トーナメントに優勝した。