レスラーノート

岡田欣也

1992年11月17日
大阪府大阪市出身
178cm 103kg
血液型:B型

得意技
ブロックバスター

17年8月、ノアに入門。18年8月5日、後楽園ホール大会でプレデビューが決まっていたが、練習中の怪我のため延期。12月7日、後楽園ホール大会での稲村愛輝戦でデビュー。9分7秒、逆エビ固めに敗れた。12月9日、キラメッセぬまづ大会で稲村と対戦。6分57秒、逆エビ固めに敗れた。12月12日、ニューサンピア栃木大会で稲村と対戦。8分41秒、逆エビ固めに敗れた。

2019

19年1月6日、後楽園ホール大会でマサ北宮と対戦。2分42秒、スピアーに敗れた。1月11日、津島市文化会館大会でタダスケと対戦。7分30秒、コブラホールドに敗れた。1月12日、アクトシティ浜松大会で杉浦貴と対戦。6分59秒、逆エビ固めに敗れた。1月19日、おかやま未来ホール大会でクワイエット・ストームと対戦。6分30秒、ストームストレッチに敗れた。1月20日、博多スターレーン大会で田中純二と対戦。7分6秒、逆エビ固めに敗れた。2月1日、ノアが新体制に移行し、リデット・エンターテインメントのオーナー企業となった。2月22日、所沢市民体育館サブアリーナ大会で齋藤彰俊と対戦。5分26秒、スイクルデスに敗れた。3月2日、霞ヶ浦文化体育会館大会で拳王と対戦。1分51秒、ダイビングフットスタンプに敗れた。3月16日、松山市総合コミュニティセンター大会で熊野準と対戦。9分45秒、ラリアットに敗れた。3月21日、金沢流通会館大会で井上雅央と対戦。9分1秒、逆エビ固めに敗れた。6月13日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で稲村愛輝と対戦。6分44秒、逆エビ固めに敗れた。6月19日、会津若松市文化センター大会で稲村愛輝と対戦。7分28秒、逆エビ固めに敗れた。6月22日、長野アークス大会で原田大輔と対戦。7分36秒、ブレーンバスターに敗れた。6月23日、高岡エクール大会で井上雅央と対戦。8分33秒、逆エビ固めに敗れた。6月29日、島田市総合スポーツセンター大会で小峠篤司と対戦。8分29秒、テキサスクローバーホールドに敗れた。7月6日、新潟・風鈴屋大会で杉浦貴と対戦。8分15秒、逆エビ固めに敗れた。7月19日、盛岡体育館大会で杉浦貴と対戦。6分47秒、逆エビ固めに敗れた。7月26日、アオーレ長岡大会で宮脇純太と対戦。8分30秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。8月20日、アクロス福岡大会で稲村愛輝と対戦。8分33秒、逆エビ固めに敗れた。8月29日、後楽園ホール大会で稲村愛輝と対戦。3分49秒、逆エビ固めに敗れた。9月6日、つくばカピオ大会でタダスケと対戦。7分39秒、ラリアットに敗れた。9月8日、福島市国体記念体育館大会で諸橋晴也と対戦。7分35秒、逆片エビ固めに敗れた。10月9日、小山市立文化センター・小ホール大会で宮脇純太と対戦。7分42秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。10月14日、金沢流通会館大会で齋藤彰俊と対戦。10分28秒、スイクルデスに敗れた。11月9日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で宮脇純太と対戦。7分55秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。11月11日、広島県立広島産業会館・西展示館大会で田中稔と対戦。7分11秒、飛びつき腕ひしぎ十字固めに敗れた。11月13日、会津若松市文化センター大会でクワイエット・ストームと対戦。6分46秒、ラリアットに敗れた。12月10日、盛岡体育館大会で宮脇純太と対戦。7分45秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。12月11日、秋田テルサ大会でマサ北宮と対戦。8分32秒、逆エビ固めに敗れた。12月22日、キラメッセぬまづ大会で谷口周平と対戦。8分32秒、ダイビング・ボディプレスに敗れた。

2020

20年1月22日、アクロス福岡大会でクワイエット・ストームと対戦。6分15秒、ラリアットに敗れた。1月29日、サイバーエージェントが、ノアを運営するノア・グローバルエンタテインメントの全株式を取得し、子会社化すると発表した。社長に高木三四郎、副社長に丸藤正道が就任した。1月30日、後楽園ホール大会でイホ・デ・ドクトル・ワグナー・ジュニアと対戦。6分、ワグナードライバーに敗れた。2月7日、横浜ラジアントホール大会で谷口周平と対戦。6分36秒、ワイバーンキャッチに敗れた。2月8日、アオーレ長岡アリーナ大会で宮脇純太と対戦。9分52秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。2月9日、福島市国体記念体育館・サブアリーナ大会で齋藤彰俊と対戦。9分、スクイルデスに敗れた。2月19日、新百合トウェンティワンホール大会で仁王と対戦。8分31秒、トランスレイブに敗れた。2月24日、名古屋国際会議場イベントホール大会で宮脇純太と対戦。6分23秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。3月21日、YAMADAグリーンドーム前橋・サブイベントエリア大会で清宮海斗と対戦。9分49秒、タイガースープレックスに敗れた。3月22日、ふじさんめっせ大会でYO−HEYと対戦。10分31秒、顔面Gに敗れた。4月18日、TVマッチで諸橋晴也と対戦。6分50秒、クロス・フェイスロックに敗れた。5月9日、TVマッチでタダスケと対戦。6分46秒、スワントーンボムで勝利。5月10日、TVマッチで原田大輔と対戦。5分50秒、ダイビング・エルボードロップに敗れた。5月24日、TVマッチで大原はじめと対戦。10分25秒、ムイビエンロックに敗れた。5月31日、TVマッチでヨネと対戦。9分43秒、キン肉バスターに敗れた。6月19日、TVマッチでのGHCナショナル王座挑戦者決定トーナメント1回戦で征矢学と対戦。12分34秒、サソリ固めに敗れた。7月5日、TVマッチで稲村愛輝と対戦。11分9秒、スプラッシュマウンテンに敗れた。7月12日、TVマッチでタダスケと対戦。9分43秒、ラリアットに敗れた。7月18日、後楽園ホール大会で稲村愛輝と対戦。10分18秒、逆エビ固めに敗れた。8月20日、後楽園ホール大会でヨネと対戦。11分14秒、キン肉バスターに敗れた。8月22日、新木場1stRING大会で征矢学と対戦。10分41秒、ネックロックに敗れた。9月6日、ふじさんめっせ大会で原田大輔と対戦。10分13秒、ダイビング・エルボードロップに敗れた。9月20日、ニューサンピア高崎大会で仁王と対戦。11分6秒、キャメルクラッチに敗れた。10月18日、後楽園ホール大会で稲村愛輝と対戦。15分時間切れ引き分け。10月28日、後楽園ホール大会でこの日がデビュー戦となった矢野安崇と対戦。5分37秒、ブロックバスターで勝利。11月3日、キラメッセぬまづ大会でYO−HEYと対戦。11分19秒、顔面Gに敗れた。11月8日、後楽園ホール大会で矢野安崇と対戦。6分25秒、ブロックバスターホールドで勝利。12月6日、国立代々木競技場・第2体育館大会で矢野安崇と対戦。7分、ブロックバスターホールドで勝利。

2021

21年1月4日、後楽園ホール大会で西村修と対戦。4分36秒、グラウンド・コブラツイストにフォール負け。2月12日、ノアでは10年2ヶ月ぶりとなった日本武道館大会で齋藤彰俊と対戦。5分10秒、スイクルデスに敗れた。2月23日、YAMADAグリーンドーム前橋サブイベントエリア大会で杉浦貴と対戦。12分17秒、逆エビ固めに敗れた。3月6日、横浜ラジアントホール大会で拳王と対戦。7分14秒、アンクルホールドに敗れた。5月15日、後楽園ホール大会で矢野安崇と対戦。5分44秒、サソリ固めで勝利。5月22日、横浜ラジアントホール大会で稲村愛輝と対戦。9分6秒、変型カナディアン・バックブリーカーに敗れた。6月18日、ノアの公式Youtubeチャンネル配信で岡田欣也道場7番勝負が開始され、第1戦で谷口周平と対戦。9分19秒、ファンキープレスに敗れた。6月19日、第2戦で原田太輔と対戦。9分43秒、ダイビング・ボディアタックに敗れた。6月20日、第3戦で小峠篤司と対戦。9分28秒、コウモリ吊り落としに敗れた。6月21日、第4戦でヨネと対戦。11分47秒、キン肉バスターに敗れた。6月22日、第5戦で日高郁人と対戦。ショーンキャプチャーに敗れた。6月23日、第6戦でマサ北宮と対戦。7分50秒、サイトースープレックスに敗れた。6月24日、第7戦で清宮海斗と対戦。11分34秒、ストレッチプラム式フェイスロックに敗れた。7番勝負は全敗に終わった。6月26日、TVマッチで征矢学と対戦。11分22秒、デスバレーボムに敗れた。6月27日、TVマッチで稲村愛輝と対戦。10分37秒、オクラホマスタンピードに敗れた。7月28日、クラブチッタ川崎大会でタダスケと対戦。8分7秒、ラリアットに敗れた。8月5日、後楽園ホール大会でマサ北宮と対戦。5分56秒、監獄固めに敗れた。8月28日、高岡エクール大会で齋藤彰俊と対戦。10分26秒、スイクルデスに敗れた。8月30日、ノアの公式YOUTUBEチャンネル配信でマサ北宮と対戦。6分54秒、サイトースープレックスに敗れた。10月24日、アオーレ長岡大会で鈴木鼓太郎と対戦。5分、サムソンクラッチにフォール負け。10月28日、熊本城ホール・シビックホール大会で日高郁人と対戦。6分33秒、ヒザ十字固めに敗れた。11月23日、万代島多目的広場大かま大会で征矢学と対戦。9分37秒、一閃(変型ストレッチ)に敗れた。11月28日、国立代々木競技場・第2体育館大会で藤村加偉と対戦。6分15秒、ブロックバスター・ホールドで勝利。