レスラーノート

稲村愛輝

1992年11月18日
栃木県大田原市出身
180cm 105kg
血液型:A型

得意技
無双

柔道、相撲をバックボーンに学生プロレスも経験。17年9月、ノアに入門。

2018

18年8月5日、後楽園ホール大会でのバトルロイヤルでプレデビュー。9月2日、後楽園ホール大会で熊野準を相手にデビュー。エルボー連打やダイビングショルダーアタック、ブレーンバスターなどで積極的に攻めたが、5分55秒、2度目の逆エビ固めに敗れた。10月11日、小山市立文化センター小ホール大会でKAZMAと対戦。8分48秒、トラースキックに敗れた。10月14日、神戸サンボーホール大会で井上雅央と対戦。8分35秒、逆エビ固めに敗れた。12月7日、後楽園ホール大会でこの日がデビュー戦となった岡田欣也と対戦。9分7秒、逆エビ固めで勝利。12月9日、キラメッセぬまづ大会で岡田欣也と対戦。6分57秒、逆エビ固めで勝利。12月12日、ニューサンピア栃木大会で岡田欣也と対戦。8分41秒、逆エビ固めで勝利。12月24日、後楽園ホール大会でHi69と対戦。7分33秒、トランスレイヴに敗れた。

2019

19年1月6日の後楽園ホール大会から猛進7番勝負が開始。第1戦で杉浦貴と対戦。6分20秒、フロントネックロックに敗れた。1月21日、オロシティーホール大会での第2戦で潮崎豪と対戦。10分45秒、ラリアットに敗れた。1月26日、大阪府立体育会館・第2競技場大会での第3戦で拳王と対戦。5分58秒、蹴暴に敗れた。2月1日、ノアが新体制に移行し、リデット・エンターテインメントのオーナー企業となった。2月11日、福島市国体記念体育館サブアリーナ大会での第4戦でマサ北宮と対戦。9分13秒、サイトースープレックスに敗れた。2月17日、新木場1stRINGで行われたファンイベントのシークレットマッチで第5戦が行われ、清宮海斗と対戦。12分56秒、タイガースープレックスに敗れた。3月3日、清水マリンビル大会での第6戦で齋藤彰俊と対戦。8分16秒、バックドロップに敗れた。3月10日、横浜文化体育館大会での7番勝負の最終戦でマイバッハ谷口と対戦。4分5秒、マイバッハボム・ツヴァイに敗れた。4月6日から始まったグローバルタッグリーグ戦に北宮と組んで参戦。リーグ戦は2勝5敗に終わった。5月4日、後楽園ホール大会で火野裕士と対戦。13分21秒、Fucking Bombに敗れた。同大会で拳王をリーダーに北宮、小峠と反体制ユニット「金剛」を結成。5月11日、岡崎竜美丘会館大会で谷口周平と対戦。9分49秒、変型キャメルクラッチに敗れた。5月28日、後楽園ホール大会でタダスケと対戦。7分55秒、2PACに敗れた。5月30日、広島県立広島産業会館・西展示館大会で杉浦貴と対戦。15分21秒、オリンピック予選スラムに敗れた。5月31日、米子コンベンションセンター大会で杉浦貴と対戦。11分24秒、オリンピック予選スラムに敗れた。6月13日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で岡田欣也と対戦。6分44秒、逆エビ固めで勝利。6月19日、会津若松市文化センター大会で岡田欣也と対戦。7分28秒、逆エビ固めで勝利。6月27日、後楽園ホール大会で鈴木秀樹と対戦。7分38秒、変型ネックロックに敗れた。7月20日、秋田・セリオンプラザ大会でクワイエット・ストームと対戦。8分3秒、ラリアットに敗れた。7月27日、カルッツかわさき大会で金剛から小峠が脱退。8月20日、アクロス福岡大会で岡田欣也と対戦。8分33秒、逆エビ固めで勝利。8月29日、後楽園ホール大会で岡田欣也と対戦。3分49秒、逆エビ固めで勝利。9月16日、大阪府立体育会館大会で藤田和之と対戦。3分44秒、変型キャメルクラッチにレフリーストップ負け。11月2日、両国国技館大会でマサ北宮と組んで中嶋勝彦、潮崎豪のGHCタッグ王座に挑戦。17分2秒、中嶋のバーティカルスパイクに北宮が敗れた。12月6日、山形国際交流プラザ大会で清宮海斗と対戦。11分18秒、ストレッチプラム式フェイスロックに敗れた。12月14日、新木場1stRING大会で関本大介と対戦。13分16秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。同大会で金剛に覇王(さとうゆうき)、仁王(Hi69)が加入。

2020

20年1月29日、サイバーエージェントが、ノアを運営するノア・グローバルエンタテインメントの全株式を取得し、子会社化すると発表した。社長に高木三四郎、副社長に丸藤正道が就任した。2月24日、名古屋国際会議場イベントホール大会で中嶋勝彦と対戦。8分43秒、バーティカルスパイクに敗れた。3月3日から始まった大日本プロレスの一騎当千に参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で橋本大地と対戦。14分51秒、裏STFに敗れた。3月20日、大日本プロレスの新木場1stRING大会で河上隆一と対戦。12分、スプラッシュマウンテンで勝利。3月22日、ふじさんめっせ大会で清宮海斗と対戦。13分14秒、タイガースープレックスに敗れた。3月24日、大日本プロレスのアクロス福岡大会でT−Hawkと対戦。9分20秒、ケルベロスに敗れた。3月31日、大日本プロレスのツインメッセ静岡大会で兵頭彰と対戦。8分9秒、スプラッシュマウンテンで勝利。リーグ戦は2勝2敗に終わった。4月5日から始まったグローバルタッグリーグ(新型コロナウィルスの影響により無観客のTVマッチ)に関本大介と組んで参戦。リーグ戦は1勝2敗に終わった。5月3日、TVマッチでの杉浦軍vs金剛の対抗戦に金剛の一員として出場し、桜庭和志と対戦。8分12秒、デラヒーバ・フットロックに敗れた。シングルでの対抗戦は2勝3敗1引き分けで負け越し。同日、拳王、北宮、征矢、覇王、仁王と組んで杉浦、桜庭、デュプリ論外大原吉岡組とイリミネーションマッチ。最後に拳王と桜庭の一騎打ちとなり、46分43秒、拳王が桜庭の三角絞めをエビ固めに押さえこんでフォール勝ち。5月24日、TVマッチで谷口周平と対戦。13分6秒、ダイビング・ボディプレスに敗れた。5月31日、TVマッチで清宮海斗と対戦。15分30秒、垂直落下式リバースDDTに敗れた。6月19日、TVマッチでのGHCナショナル王座挑戦者決定トーナメント1回戦で小峠篤司と対戦。14分15秒、トーキックに敗れた。7月5日、TVマッチで岡田欣也と対戦。11分9秒、スプラッシュマウンテンで勝利。7月12日、TVマッチでレネ・デュプリと対戦。9分37秒、ダイビング・エルボードロップに敗れた。7月18日、後楽園ホール大会で岡田欣也と対戦。10分18秒、逆エビ固めで勝利。7月24日、後楽園ホール大会で望月成晃と対戦。13分14秒、顔面へのランニング・ローキックに敗れた。9月18日から始まったN−1 VICTORYに参戦。開幕戦の名古屋国際会議場イベントホール大会で杉浦貴と対戦。9分11秒、フロントネックロックに敗れた。9月20日、ニューサンピア高崎大会で丸藤正道と対戦。12分23秒、真・虎王に敗れた。9月23日、後楽園ホール大会で拳王と対戦。10分26秒、掌底連打にレフリーストップ負け。9月26日、万代島多目的広場大かま大会で中嶋勝彦と対戦。11分49秒、ヴァーティカル・スパイクに敗れた。10月4日、後楽園ホール大会で谷口周平と対戦。4分36秒、顔面蹴りに敗れた。リーグ戦は5戦全敗に終わった。10月18日、後楽園ホール大会で岡田欣也と対戦。15分時間切れ引き分け。12月19日、名古屋国際会議場イベントホール大会で清宮海斗と組んで杉浦貴、桜庭和志組のGHCタッグ王座に挑戦。23分59秒、杉浦のオリンピック予選スラムに稲村が敗れた。

2021

21年4月4日、アクトシティ浜松大会で杉浦貴と対戦。18分28秒、フロント・ネックロックに敗れた。5月3日、TVマッチで田中将斗と対戦。13分54秒、スーパーフライに敗れた。5月22日、横浜ラジアントホール大会で岡田欣也と対戦。9分6秒、変型カナディアン・バックブリーカーで勝利。6月6日、さいたまスーパーアリーナでのCyberFightで清宮海斗と組んで竹下幸之介、上野勇希組と対戦。17分51秒、上野のBMEに清宮が敗れた。6月13日、TVマッチで谷口周平と対戦。15分時間切れ引き分け。6月19日、ノアの公式YOUTUBEチャンネル配信で藤村加偉と対戦。7分23秒、キャメルクラッチで勝利。6月27日、TVマッチで岡田欣也と対戦。10分37秒、オクラホマスタンピードで勝利。7月2日から始まったZERO1の火祭りに参戦。開幕戦の新木場1stRING大会で大谷晋二郎と対戦。13分54秒、胴絞めコブラホールドに敗れた。7月17日、イコス上尾大会でハートリー・ジャクソンと対戦。10分13秒、無双で勝利。7月21日、Sportiva Arena大会で佐藤嗣崇と対戦。10分51秒、無双で勝利。7月22日、新潟市東区プラザ大会で阿部史典と対戦。13分、無双で勝利。この試合で左腓骨骨折の重傷を負い、長期欠場。7月24日の田中将斗戦は不戦敗。リーグ戦は3勝2敗に終わった。11月10日、後楽園ホール大会で復帰し、征矢学と対戦。10分49秒、ジャンピングDDTに敗れた。11月13日、横浜武道館大会で藤田和之と対戦。9分59秒、パワーボムに敗れた。