レスラーノート

ハングマン・ペイジ

HANGMAN PAGE

本名:スティービー・ウォルツ
1991年7月21日
バージニア州アーロンズクリーク出身
182cm 97kg

タイトル歴
ROH世界6人タッグ
AEW世界タッグ
AEW世界王座
得意技
ライト・オブ・パッセージ(アックス・ギロチン・ドライバーと同型)
バックショット・ラリアット

08年5月24日、デビュー。

2016

16年6月、ハングマン・ペイジの名で新日本プロレスに来日。6月19日、大阪城ホール大会での来日初試合で高橋裕二郎ファレと組んでキャプテン・ニュージャパンヨシタツ真壁組と対戦。7分5秒、ペイジがライト・オブ・パッセージでキャプテンに勝利。その後、アメリカでもハングマン・ペイジに改名。8月14日、両国国技館大会で高橋裕二郎と組んでブリスコ・ブラザーズのIWGPタッグ王座に挑戦。15分21秒、ドゥームズデイ・デバイスをくらってマークにページがフォール負け。8月19日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でジェイ・ブリスコと対戦。17分40秒、ラスト・オブ・パッセージで勝利。9月30日、ROHのマサチューセッツ州ローウェル大会でカイル・オライリーと対戦。クロスアームブリーカーに敗れた。10月29日、ROHのメリーランド州ボルティモア大会でボビー・フィッシュのTV王座に挑戦。膝十字固めに敗れた。11月4日、ROHのテキサス州サンアントニオ大会でドノヴァン・ダイジャックと対戦。ライト・オブ・パッセージで勝利。11月18日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」に高橋裕二郎と組んで参戦。4勝3敗でリーグ戦を終えた。

2017

17年5月12日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でカザリアンと対戦。回転エビ固めを押しつぶしてフォール勝ち。6月23日、ROHのマサチューセッツ州ローウェル大会でカザリアンを相手にストラップマッチ。場外で背後からサードロープとストラップで首を絞められて敗れた。7月1日、新日本プロレスのロサンゼルス・ロングビーチ・コンベンション・アンド・エンターテイメントセンター大会でUSヘビー級王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でジェイ・リーサルと対戦。8分30秒、リーサルインジェクションに敗れた。8月13日、両国国技館大会でコーディと組んでハンソンレイモンド・ロウ組のIWGPタッグ王座に挑戦。16分19秒、フォールアウトをくらってロウにペイジがフォール負け。8月19日、ROHのリバプール大会でケニー・キングと対戦。ロイヤル・フラッシュに敗れた。8月20日、ROHのエディンバラ大会でヤングバックス(ニック・ジャクソンマット・ジャクソン)と組んでダルトン・キャッスル、ボーイズ組の6人タッグ王座に挑戦。ペイジのライト・オブ・パッセージにヤングバックスが対角線のコーナーから飛びのる合体技で勝利。ROH世界6人タッグ王座を獲得した。8月26日、ROHのジョージア州アトランタ大会でケニー・キングと対戦。ロイヤル・フラッシュに敗れた。9月22日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でブリー・レイ、ブリスコブラザーズを相手に6人タッグ王座の防衛戦。裏切ったジェイ・ブリスコがテーブルをレイにぶつけた直後にペイジがレイにフォール勝ち。9月23日、ROHのネバダ州ラスベガス大会で鈴木みのる、サイラス・ヤング、ビアシティ・ブルーザー組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。ペイジがライト・オブ・パッセージでブルーザーに勝利。10月12日、ROHのニューヨーク州バッファロー大会でKUSHIDAと対戦。ホバーボードロックに敗れた。10月20日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会でダルトン・キャッスルと対戦。ジュリー・ニューマー(変型コブラクラッチ)に敗れた。11月18日から始まった新日本プロレスの「WORLD TAG LEAGUE」に高橋裕二郎と組んで参戦。4勝3敗でリーグ戦を終えた。

2018

18年3月9日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でダニエルズ、カザリアン、スコーピオ・スカイ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。カザリアンの逆エビ固めにマットが敗れて王座転落。3月25日、新日本プロレスのロサンゼルス・ウォルターピラミッド大会でジェイ・ホワイトのIWGP・US王座に挑戦。25分、ブレードランナーに敗れた。4月7日、ROHのルイジアナ州ニューオリンズ大会で飯伏幸太と対戦。カミゴエに敗れた。4月20日、PGWのカリフォルニア州レセダ大会でキース・リーと対戦。グラウンド・ゼロに敗れた。5月3日、福岡国際センター大会のメインでケニー・オメガと対戦。18分23秒、片翼の天使に敗れた。5月11日、ROHのカナダ・オンタリオ州トロント大会でサイラス・ヤングのROH・TV王座に挑戦。ミザリーに敗れた。5月24日、ROHのイギリス・エディンバラ大会でコーディと組んでブリスコ・ブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ジェイのジェイドリラーにペイジが敗れた。5月27日、ROHのイギリス・ドンカスター大会で棚橋弘至と対戦。丸めこまれてフォール負け。6月24日、WSWのオーストラリア・アデレード大会でジョーイ・ライアンと対戦。スクールボーイでフォール勝ち。6月29日、ROHのメリーランド州ボルティモア大会でパニッシャー・マルティネスのROH・TV王座に挑戦。テーブルの上へのサウス・オブ・ヘブンに敗れた。7月14日から始まったG1クライマックスに参戦。開幕戦の大田区総合体育館大会でファレと対戦。8分4秒、タマ・トンガタンガ・ロアが乱入し、反則勝ち。7月16日、北海道立総合体育センター大会でマイケル・エルガンと対戦。17分17秒、エルガンボムに敗れた。7月20日、後楽園ホール大会でオカダ・カズチカと対戦。17分31秒、レインメーカーに敗れた。7月22日、エスフォルタアリーナ八王子大会で棚橋と対戦。12分8秒、ハイフライフローに敗れた。7月27日、アクトシティ浜松大会でEVILと対戦。15分40秒、EVILに敗れた。7月30日、高松市総合体育館大会でジェイ・ホワイトと対戦。17分10秒、ブレードランナーに敗れた。8月2日、福岡市民体育館大会で真壁と対戦。9分10秒、ライト・オブ・パッセージで勝利。8月5日、大阪府立体育会館大会で鈴木みのると対戦。12分5秒、ゴッチ式パイルドラバーを切り返してライト・オブ・パッセージで勝利。8月10日、日本武道館大会でYOSHI−HASHIと対戦。10分22秒、カルマに敗れた。リーグ戦は3勝6敗に終わった。8月16日、ROHのイギリス・エディンバラ大会でインターナショナルカップに参戦し、1回戦でジョー・ヘンドリーと対戦。ライト・オブ・パッセージで勝利。8月18日、ROHのイギリス・ドンカスター大会での準決勝でジムー・ハボックと対戦。ライト・オブ・パッセージで勝利。同日の決勝でマーク・ハスキンスと対戦。クレイブル・トゥ・ザ・グレイブに敗れた。9月1日、イリノイ州シカゴ・シアーズセンターアリーナでコーディとヤングバックスが主催した「ALL IN」でジョーイ・ジャネラとストリートファイトマッチ。ラダーの上からテーブルへのライト・オブ・パッセージで勝利。10月27日から31日にかけて行われたフロリダ州マイアミ発のクルーズイベント「クリス・ジェリコのロックン・レスリング・ラガー・アット・シー」で「シー・オブ・オナー・トーナメント」に参戦し、1回戦でカザリアンと対戦。ライト・オブ・パッセージで勝利。2回戦でマーク・ブリスコと対戦。ラリアットをスクールボーイに切り返されてフォール負け。11月8日、ROHのマサチューセッツ州ローウェル大会で内藤哲也と対戦。デスティーノに敗れた。11月17日から始まった新日本プロレスのワールドタッグリーグに高橋裕二郎と組んで参戦。5勝8敗に終わった。12月14日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でジェフ・コブのTV王座に挑戦。ツアー・オブ・ジ・アイランドに敗れた。

2019

19年6月29日、AEWのフロリダ州デイトナビーチ・オーシャンセンター大会でジミー・ハボック、ジャングル・ボーイ、MJFと4WAYマッチ。10分50秒、ペイジがライト・オブ・パッセージでハヴォックに勝利。7月13日、AEWのフロリダ州ジャクソンビル・デイリーズ・プレイス大会でキップ・セイビアンと対戦。19分5秒、デッドアイ(ライト・オブ・パッセージ)で勝利。8月31日、AEWのイリノイ州シカゴ・シアーズ・センター大会でクリス・ジェリコを相手にAEW初代世界王座決定戦。26分25秒、ジューダス・エフェクトに敗れた。10月2日、AEWのワシントンD.C.・キャピタル・ワン・アリーナ大会(テレビ番組「AEWダイナマイト」の第1回放送)でPACと対戦。ブルータライザーに敗れた。10月30日、AEWのウェストバージニア州チャールストン大会でサミー・ゲバラと対戦。ジ・アダムス・アップルで勝利。11月9日、AEWのメリーランド州ボルチモア・ロイヤル・ファームズ・アリーナでのPPV「フルギア」でPACと対戦。デッドアイで勝利。11月13日、AEWのテネシー州ナッシュビル大会でPACと対戦。ブルータライザーに敗れた。11月27日、AEWのイリノイ州シカゴ大会でMJFと対戦。セコンドに現れたウォードローのパンチをくらい、クロスローズに敗れた。

2020

20年1月21日、クリス・ジェリコのクルーズ・イベント大会(AEWで22日に放送)でケニー・オメガと組んでカザリアン、スコーピオ・スカイ組のAEW世界タッグ王座に挑戦。ペイジがデッドアイでカザリアンに勝利。AEW世界タッグ王座を獲得した。2月12日、AEWのテキサス州オースティン大会でカザリアン、スコーピオ・スカイ組を相手にタッグ王座の防衛戦。バックショット・ラリアットとVトリガーの合体技をカザリアンに決めて勝利。2月19日、AEWのジョージア州アトランタ大会でペンタゴン・ジュニア、フェニックス組を相手にタッグ王座の防衛戦。バックショット・ラリアットとVトリガーの合体技をフェニックスに決めて勝利。2月29日、PPV「レボルーション」でヤングバックスを相手にタッグ王座の防衛戦。ペイジがバックショット・ラリアットでマットに勝利。5月23日、PPV「ダブル・オア・ナッシング」のメインでケニー・オメガ、ヤングバックス、マット・ハーディーと組んでインナーサークル(クリス・ジェリコ、サミー・ゲバラ、ジェイク・ヘイガー、サンタナ、オルティス)とスタジアム・スタンピード・マッチで対戦。アメリカンフットボールのスタジアムのフィールド全体を使った大乱戦の末、オメガが片翼の天使でゲバラに勝利。6月3日、AEWの放送でキップ・セイビアン、ジミー・ハボック組を相手にタッグ王座の防衛戦。Vトリガーとバックショットラリアットの合体技を決めてハボックに勝利。6月17日、AEWの放送でダスティン・ローデス、QTマーシャル組を相手にタッグ王座の防衛戦。Vトリガーとバックショットラリアットの合体技を決めてマーシャルに勝利。7月1日、AEWの放送でバレッタチャック・テイラー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ペイジがバックショットラリアットでバレッタに勝利。7月8日、AEWの放送でプライベートパーティ(アイザイア・キャシディ、マーク・クエン)を相手にタッグ王座の防衛戦。ペイジがラストコールでキャシディに勝利。7月22日、AEWの放送でダークオーダーの5と対戦。ラストライドで勝利。7月29日、AEWの放送でダークオーダーを相手にタッグ王座の防衛戦。ペイジがラストコールでウノに勝利。8月12日、AEWの放送でジャングルボーイ、ルチャサウルス組を相手にタッグ王座の防衛戦。Vトリガーとバックショットラリアットの合体技を決めてジャングルボーイに勝利。9月5日、PPV「オールアウト」でFTRを相手にタッグ王座の防衛戦。合体技のマインドブレーカーにペイジが敗れて王座転落。9月16日、AEWの放送でカザリアンと対戦。バックショットラリアットで勝利。9月23日、AEWの放送でイービル・ウノと対戦。バックショットラリアットで勝利。10月21日、AEWの放送でAEW王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦でコルト・カバナと対戦。バックショットラリアットで勝利。10月28日、AEWの放送での準決勝でウォードロウと対戦。バックショットラリアットで勝利。11月7日、PPV「フル・ギア」での決勝でケニー・オメガと対戦。片翼の天使に敗れた。11月25日、AEWの放送でジョン・シルバーと対戦。バックショットラリアットで勝利。

2021

21年1月27日、AEWの放送でライアン・ネメスと対戦。バックショットラリアットで勝利。2月24日、AEWの放送でアイザイア・キャシディと対戦。デッドアイで勝利。3月7日、PPV「レボリューション」でマット・ハーディーと対戦。バックショットラリアットで勝利。3月24日、AEWの放送でセザル・ボノーニと対戦。バックショットラリアットで勝利。4月7日、AEWの放送でマックス・キャスターと対戦。バックショットラリアットで勝利。4月21日、AEWの放送でリッキー・スタークスと対戦。変型ブルドッグチョークで勝利。4月28日、AEWの放送でブライアン・ケイジと対戦。ドリルクローに敗れた。5月28日、AEWの放送でジョーイ・ジャネラと対戦。バックショットラリアットで勝利。5月30日、PPV「ダブル・オア・ナッシング」でブライアン・ケイジと対戦。バックショットラリアットで勝利。6月26日、AEWの放送でパワーハウス・ホッブスと対戦。デッドアイで勝利。10月6日、AEWの放送で7人参加のカジノラダーマッチに勝利してAEW世界王座への挑戦権を獲得。11月13日、PPV「フル・ギア」でケニー・オメガのAEW世界王座に挑戦。バックショットラリアットで勝利。AEW世界王座を獲得した。12月15日、AEWの放送でブライアン・ダニエルソンを相手に防衛戦。60分時間切れ引き分け。