レスラーノート

マーク・ジンドラック

MARK JINDRAK

1977年6月26日
ニューヨーク州オーバーン出身
194cm 124kg

タイトル歴
WCW世界タッグ
CMLL世界トリオ
得意技
ドロップキック
マーク・オブ・エクセレント

高校、大学時代はバスケットボールで活躍。その後、WCWの選手育成機関「パワープラント」に入団。00年6月の「サンデーナイト・ショー」でデビュー。パワープラント出身のレスラーで結成された「ナチュラル・ボーン・スリラーズ」に加入し、ショーン・オヘアと組んでWCW世界タッグ王座を獲得。01年3月、WWEへ移籍。7月9日、WCW&ECW連合軍「ジ・アライアンス」の一員としてRAWに登場。ギャリソン・ケイドと組んで活躍した。 04年3月のドラフトでスマックダウンへ移籍。ルーサー・レインズと組んで活躍。7月16日、日本武道館でのWWEの日本公演に来日し、ビリー・ガンと対戦。5分40秒、フェイマサーに敗れた。7月17日、同会場での2日目でジョニー・スタンボリーと対戦。8分20秒、前方回転エビ固めを押しつぶしてフォール勝ち。 05年7月、WWEを離脱。10月8日、新日本プロレスの東京ドーム大会でチャーリー・ハースと組んで中西学、ケンドー・カシン組と対戦。9分41秒、中西のヘラクレスカッターにハースが敗れた。10月22日から始まった新日本プロレスのシリーズに参戦。10月25日、興南会館大会で吉江豊と対戦。8分21秒、ダイビング・ボディプレスに敗れた。10月27日、西日本総合展示場大会で西村修と対戦。11分32秒、首固めでフォール勝ち。12月、新日本プロレスに来日。 06年4月20日、ハッスルの大阪府立体育会館大会でハッスル軍対高田モンスター軍5対5サバイバルマッチにモンスター軍の次鋒としてソドムの名で出場し、小川直也と対戦。1分51秒、ジャンピング・ボディプレスで勝利。次鋒のEricaと対戦。1分22秒、ソドムドライバーで勝利。中堅の大谷晋二郎と対戦。2分57秒、回転エビ固めにフォール負け。サバイバルマッチはモンスター軍の勝利に終わった。5月、メキシコのCMLLに出場し、マルコ・コルレオーネに改名。10月9日、ハッスルの愛知県体育館大会でソドムの名で出場し、ゴモラ(マット・モーガン)と組んでババ・レイ、ディーボン組、ハッスルスーパータッグ王者のErica、マーガレット組を相手に3WAYでの王座戦。11分55秒、ババ・レイ、ディーボンが3Dを決めてEricaに勝利したため王座奪取に失敗した。11月23日、ハッスルの横浜アリーナ大会でソドムの名で出場し、ゴモラと組んでババ・レイ、ディーボン組のハッスルスーパータッグ王座に挑戦。15分18秒、3Dをくらってゴモラが敗れた。 07年7月9日、メキシコ州メキシコシティー・アレナ・コリセオでの闘龍門MECIXOの自主興行でウルティモ・ドラゴン、佐々木健介と組んでSUZUKIカップトーナメントに参戦し、1回戦でウルティモ・ゲレーロ、ミステリオッソ・ジュニア、サングレ・アステカ組と対戦。11分12秒、ウルティモがアサイDDTでアステカに勝利。同日の決勝で後藤洋央紀、OKUMURA、大原はじめ組と対戦。8分6秒、佐々木がノーザンライトボムでOKUMURAに勝利。トーナメントに優勝した。 09分3月15日、メキシコのAAAに登場。 10年3月、AAAを離脱。11年12月16日、CMLLに復帰。マキシモ、ルーシュと「ラ・テルシア・センセーション」を結成。12年2月19日、CMLL世界トリオ王座を獲得。14年11月14日、ラ・ソンブラ、ルーシュ、ラ・マスカラのユニット「ロス・インゴベルナブレス」に加入。16年2月19日、インゴベルナブレスから脱退。18年3月、右肩を負傷して長期欠場。そのままCMLLを退団。