レスラーノート

“brother”YASSHI

本名:辻本恭史
1982年1月26日
京都府宇治市出身
173cm 80kg

タイトル歴
アジアタッグ
NWAインターナショナルタッグ
UWA世界ジュニア
DOVEタッグ
DOVE世界ヘビー
得意技
フライングビッグヘッド
ナイスジャマイカ

闘龍門7期生として、00年10月20日に大鷲透戦でデビュー。ミラノコレクションA.T.率いるイタリアンコネクションのメンバーとして活躍。その後、悪冠一色のメンバーとして活動。

2004

04年12月、悪冠一色の近藤修司菅原拓也、大鷲透、高木省吾と共に、リング外における素行不良・職務怠慢を理由にドラゴンゲートを解雇された。

2005〜2009

05年、全日本プロレスに参戦し、ブードゥー・マーダーズに加入。絶妙なマイクアピールで活躍。6月19日、近藤と組んでアジアタッグ王座を獲得。7月22日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でTAKAみちのくの世界ジュニア王座に挑戦。16分5秒、みちのくドライバー2に敗れた。 09年2月、休業。

2013

13年、復帰。6月4日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で宮本和志と対戦。7分15秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。

2014

14年5月6日、ZERO1の後楽園ホール大会でジェイソン・リーのインターナショナルジュニア王座とNWA世界ジュニア王座に挑戦。12分41秒、死亡遊戯戯(変形ヨシタニック)に敗れた。6月26日、ZERO1の新木場1stRING大会で大谷晋二郎と対戦。13分12秒、スパイラルボムに敗れた。8月16日、全日本プロレスに5年ぶりに出場。8月24日、長野・NBSホール大会で井上雅央と対戦。13分、横回転エビ固めでフォール勝ち。9月19日、ZERO1の後楽園ホール大会で菅原拓也と組んでビリーケン・キッド、丸山組のNWAインターナショナルライトタッグ王座に挑戦。13分20秒、YASSHIがパイルドライバーで丸山に勝利。NWAインターナショナルライトタッグ王座を獲得。11月7日、新宿FACEでのW−1とZERO1の合同興行で近藤、吉岡組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分34秒、吉岡の横回転エビ固めに菅原がフォール負けしてタッグ王座から転落した。12月11日、ZERO1の新木場1stRING大会での風林火山タッグトーナメント1回戦で菅原と組んで日高ハヤト組と対戦。16分、ハヤトのヘルムをくらって日高に菅原がフォール負け。12月19日、ZERO1の茨城県立スポーツセンター体育館大会でTARUと組んで大仁田高山組を相手に電流爆破マッチで対戦。13分2秒、高山のバックドロップにYASSHIが敗れた。

2015

15年1月12日、名古屋市千種文化小劇場大会で日高と対戦。8分59秒、石見銀山に敗れた。3月1日、後楽園ホール大会で菅原と組んで近藤、吉岡組のNWAインターナショナルライトタッグ王座に挑戦。17分43秒、菅原が十三不塔で吉岡に勝利。NWAインターナショナルライトタッグ王座を獲得した。4月5日、新木場1stRING大会で崔領二と対戦。9分3秒、那智の滝に敗れた。4月14日、ZERO1の新木場1stRING大会で日高と対戦。20分47秒、ショーンキャプチャーに敗れた。6月29日、ZERO1の新木場1stRING大会での天下一Jrトーナメント1回戦で原学と対戦。10分49秒、ナイスジャーマンで勝利。7月6日、新宿FACE大会での2回戦でフジタ“Jr”ハヤトと対戦。7分59秒、KIDにレフリーストップ負け。9月12日、新潟市体育館大会で新潟プロレスのシマ重野、コシヒカール組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分41秒、YASSHIがナイスジャマイカでコシヒカールに勝利。9月23日、後楽園ホール大会で大谷、高岩組を相手にタッグ王座の防衛戦。大谷のスワンダイブ式ミサイルキックに菅原が敗れて王座転落。10月4日、全日本プロレスの羽村市・リサイクルセンター富商大会にTARUと共に登場。諏訪魔青木組と対戦し、両者リングアウト。10月11日、後楽園ホール大会でブッファと対戦。5分14秒、ラ・マヒストラルでフォール勝ち。11月3日、ZERO1の大阪市平野区民ホール大会のメインでブッファと組んで大谷、高岩組のNWAインターナショナルライトタッグ王座に挑戦。23分52秒、高岩のデスバレーボムにブッファが敗れた。12月1日、J STAGEの新木場1stRING大会で葛西純と対戦。14分53秒、垂直落下式リバースタイガードライバーに敗れた。

2016

16年3月2日、ドラゴンゲートに久しぶりに登場。後楽園ホール大会で吉野正人と組んで土井、YAMATO組と対戦。15分39秒、YASSHIがレフリーを暴行して反則負け。「おまえら久しぶりのカス野郎どもが、こうなんのはわかってるはずやカス野郎。なんせおれは、11年前に、素行不良、職務怠慢でクビになってんねんカス野郎。11年たっても治るわけないやろカス野郎!」とリング上でマイクアピールした。3月17日、ZERO1の新木場1stRING大会で伊藤崇文と対戦。9分51秒、ヒザ十字固めに敗れた。3月29日、J STAGEの新木場1stRING大会で葛西純、竹田誠志を相手に3WAYマッチ。葛西の垂直落下式リバースタイガードライバーにYASSHIが敗れた。6月8日、W−1の後楽園ホール大会で村瀬河野と組んでハヤシTAJIRI田中稔組の6人タッグ王座に挑戦。11分12秒、TAJIRIのグリーンミストからの回転エビ固めに村瀬がフォール負け。7月1日、W−1の後楽園ホール大会で近藤と組んで中之上岡林組のW−1タッグ王座に挑戦。18分38秒、中之上のダイビングエルボードロップにYASSHIが敗れた。7月24日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会で土井と組んでジミー・ススム、ジミー・カゲトラ組のツインゲート王座に挑戦。24分20秒、ススムのジャンボの勝ち!に土井が敗れた。8月19日、W−1の新宿FACE大会で黒潮“イケメン”二郎と対戦。5分6秒、ナイスジャマイカで勝利。9月18日、W−1の後楽園ホール大会で近藤と組んでハヤシ、鈴木鼓太郎組を相手にW−1タッグ王座決定戦。11分17秒、ハヤシのパワープラントにYASSHIが敗れた。9月22日、ドラゴンゲートの大田区総合体育館大会でEitaのブレイブゲート王座に挑戦。11分41秒、Numero Unoに敗れた。

2017

17年1月26日、ZERO1の高松市シンボルタワー大会で横山佳和と対戦。10分1秒、フライングビッグヘッドで勝利。9月21日、DDT・ガンプロの新宿FACE大会のメインで大家健のインディペンデントワールド世界ジュニア王座に挑戦。20分45秒、炎のスピアに敗れた。9月24日、ハードヒットの新木場1stRING大会で佐藤光留と対戦。4分57秒、肩固めに敗れた。10月21日、INOKI「ISM」の両国国技館大会でのカール・ゴッチ杯に参戦し、1回戦で桜井隆多と5分2Rで対戦。2R1分40秒、裸絞めに敗れた。

2018

18年5月2日、フリーダムズの後楽園ホール大会で進祐哉のUWA世界ジュニア王座に挑戦。9分13秒、ジャーマンスープレックスで勝利。UWA世界ジュニア王座を獲得した。7月4日、フリーダムズの後楽園ホール大会で藤田ミノルを相手に防衛戦。13分9秒、ナイスジャマイカで勝利。9月17日、フリーダムズの後楽園ホール大会で進祐哉を相手に防衛戦。10分21秒、垂直落下式ファルコンアローに敗れて王座転落。10月21日、ドラゴンゲートの神戸サンボーホール大会でKagetoraと対戦。7分51秒、影縫にフォール負け。12月15日、DOVEの広島マリーナホップ大会でTORU、阿部史典組とDOVEタッグ王座決定戦。20分19秒、YASSHIがフライングビッグヘッドで阿部に勝利。DOVEタッグ王座を獲得した。

2019

19年4月14日、DOVEの広島・マリーナホップ・マーメイドスペース大会で安倍鷹大と対戦。11分16秒、逆エビ固めで勝利。5月2日、フリーダムズの後楽園ホール大会で新井健一郎のUWA世界ジュニア王座に挑戦。9分34秒、アームバーに敗れた。9月23日、布施プロレスの近鉄布施駅北側交通広場大会で木下享平と対戦。7分4秒、ツームストン・パイルドライバーで勝利。

2020

20年1月31日、後楽園ホールで行われた闘龍門の再会興行でYASSHINIとして出場し、YOSSINO、コンドッティ修司、ミラニートコレクションa.t.withペスカトーレ八木と組んでSAITO、新井健一郎、新井小一郎、ヘンリー3世・菅原withアンソニー・W・森組と対戦。15分11秒、コンドッティがラリアット2連発で新井小一郎に勝利。2月8日、DOVEの新木場1stRING大会でHUBと対戦。16分19秒、アルマゲドンXに敗れた。3月21日、DOVEの大阪・umedaTRAD大会でGAINA、HUB組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分51秒、HUBの猛毒波布空爆にYASSHIが敗れて王座転落。7月5日、DOVEの広島マリーナホップ大会で政岡純と対戦。10分22秒、ナイスジャマイカで勝利。7月19日、BASARAの新木場1stRING大会での頂天トーナメント1回戦で阿部史典と対戦。4分34秒、ウラカンラナに敗れた。11月3日、DOVEの大阪・アゼリア大正ホール大会で矢野啓太と対戦。11分10秒、ナイスジャマイカで勝利。12月20日、DOVEの広島・マリーナホップ・マーメイドスペース大会でTiiiDAと組んでHUB、GAINA組のタッグ王座に挑戦。17分17秒、TiiiDAがスワントーンポムでHUBに勝利。DOVEタッグ王座を獲得した。

2021

21年2月28日、DOVEの東京・BASEMENT MONSTAR大会でCIMA、エル・リンダマン組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分44秒、YASSHIがナイスジャマイカでリンダマンに勝利。3月7日、DOVEの広島マリーナホップ・マーメイドスペース大会で岡田剛史と対戦。6分52秒、足4の字固めで勝利。4月5日、DOVEの梅田TRAD大会でBREAK ON THROUGHトーナメントに参戦し、1回戦でエル・リンダマンと対戦。12分52秒、ナイスジャマイカで勝利。4月6日、DOVEの梅田TRAD大会での準決勝で宮本裕向、中津良太と3WAYマッチ。9分21秒、宮本が雁之助クラッチで中津にフォール勝ちしたため敗退した。5月2日、DOVEの愛知・Sportiva Arena大会でGUNSOと対戦。場外でのイスの上へのナイスジャマイカで勝利。5月25日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会でIJ王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で拳剛と対戦。17分28秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。7月23日、DOVEのSportiva Arena大会で内田祥一と対戦。9分36秒、ラ・マヒストラルでフォール勝ち。7月25日、DOVEの東京・BASEMENT MONSTAR大会で谷嵜なおきとダブ世界王座次期挑戦者決定戦。17分11秒、ドラゴンスープレックスで勝利。8月1日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会で近藤修司、大鷲透と組んでジェイソン・リー、ドラゴン・ダイヤ、ラ・エストレージャ組のトライアングルゲート王座に挑戦。10分30秒、ドラゴン・ダイヤのレプテリアンに近藤がフォール負け。8月18日、BASARAの新宿FACE大会でFUMAと対戦。9分44秒、ナイス・ジャマイカで勝利。8月29日、DOVEの大阪・176BOX大会でグンソ、木高イサミ組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分47秒、TiiiDAがスワントーンボムでグンソに勝利。10月10日、 DOVEのSportiva Arena大会で木下亨平と対戦。16分21秒、ダイビング・ビッグヘッドで勝利。12月18日、DOVEの広島・マリーナホップ大会で近野剣心のDOVE世界ヘビー級王座に挑戦。背面へのダイビング・ビッグヘッドで勝利。DOVE世界ヘビー級王座を獲得した。