レスラーノート

デリリアス

DELIRIOUS

本名:ウイリアム・ハンター・ジョンストン
1980年12月19日
アメリカ出身
178cm 88kg

タイトル歴
NWAミッドウエストXディヴィジョン
IWAミッドサウス・ライト
IWCスーパーインディー
得意技
ビゾロ・ドライバー(変型みちのくドライバー2)
ケミカル・インバランス
コブラストレッチ

ゴングが鳴る前はコーナーにしゃがみこみ、試合が始まると意味不明な奇声を発しながら暴れまわる変幻自在の怪奇派的な動きで活躍。GCW(Gateway Championship Wrestling)で修行を積み、01年7月19日、ミズーリ州ヒルズボロでのビリー・マックニール戦でデビュー。中南部のインディーマットで活動。03年からIWAミッドサウスに登場。04年からROHに登場。ROHのレスリングアカデミーのコーチもするようになる。9月に大日本プロレスに初来日。デスマッチ団体への出場だったため、真価を発揮することはできなかった。

2007

07年5月11日、ROHのコネチカット州ハートフォード大会でKENTAと対戦。22分29秒、go2sleepに敗れた。7月16日、ディファ有明でのROHの日本公演でロデリック・ストロングと対戦。17分48秒、ケミカル・インバランスで勝利。7月17日、大阪府立体育会館第二競技場での日本興行2日目では吉野正人、土井成樹と組んでマット・サイダル、ドラゴン・キッド、斉藤了組と対戦し、21分1秒、マットのシューティング・サイダルプレスにデリリアスがフォール負けした。

2009

09年10月15日からノアの第1回ジュニア・ヘビー級リーグ戦に参戦。リーグ戦ではトリッキーな動きで活躍。10月17日、仙台産業展示館・アズテックミュージアム大会で中嶋勝彦と対戦。15分5秒、足首固めに敗れた。10月18日、仙台産業展示館・アズテックミュージアム大会でKENTAと対戦。18分54秒、ビゾロ・ドライバーで勝利。10月20日、札幌コンカリーニョ大会で志賀賢太郎と対戦。13分23秒、横回転エビ固めでフォール勝ち。10月22日、旭川地場産業振興センター大会でリッキー・マルビンと対戦。14分20秒、ピゾロドライバーで勝利。10月25日、札幌テイセンホール大会で鈴木鼓太郎と対戦。13分52秒、タイガードライバーに敗れた。リーグ戦は2勝2敗に終わった。惜しくもリーグ戦突破を逃したかに見えたが、KENTAがケガ、鼓太郎がインフルエンザのため欠場したため決勝トーナメントに進出。10月31日、JCBホール大会での準決勝で獣神サンダーライガーと対戦。10分45秒、フライング・ボディシザース・ドロップに敗れた。

2010

10年4月にノアに来日。4月10日、後楽園ホール大会でバイソンと組んで金丸井上雅央組と対戦。10分6秒、ビゾロドライバーで金丸にフォール勝ち。金丸の持つGHCジュニア王座に挑戦をアピール。4月25日、札幌テイセンホール大会で金丸の王座に挑戦。必殺のビゾロドライバーをカウント2で返され、17分57秒、タッチアウトに敗れた。11月にノアに来日。11月19日、開幕戦の所沢市民体育館サブアリーナ大会で平柳と対戦。8分50秒、ピゾロドライバーで勝利。11月27日、京都KBSホール大会で中嶋と対戦。12分22秒、デスロールに敗れた。12月5日、日本武道館大会で青木篤志と対戦。10分18秒、アサルトポイントに敗れた。

2011

11年7月からエディ・エドワーズと組んでノアのジュニアタッグリーグ戦に出場。7月16日、湯沢市体育センター大会でザック・セイバー・ジュニアジャック・エバンスと3WAYマッチで対戦。10分27秒、デリリアスがピゾロドライバーでザックに勝利。7月27日、名古屋市千種文化小劇場大会でアエロ・スターと対戦。9分47秒、ピゾロドライバーで勝利。タッグリーグ戦は2勝2敗に終わった。

2015

15年5月12日、ペンシルバニア州フィラデルフィアの2300アリーナでのROHと新日本プロレスの合同興行で外道と対戦。6分55秒、外道クラッチにフォール負け。

2016

16年2月19日、後楽園ホールで行われたROHと新日本プロレスの合同興行で外道と対戦。7分53秒、十字架固めでフォール勝ち。2月20日、同会場で外道と組んでマット・サイダル、ライガー組と対戦。7分21秒、サイダルのエアサイダルに外道が敗れた。

2017

17年2月26日、新日本プロレスの後楽園ホール大会で4代目タイガーマスク、ライガーと組んでSANADAEVILBUSHI組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。10分34秒、SANADAのSkull Endにデリリアスが敗れた。8月18日、ROHのロンドン大会でライガー、ミスティコと組んでダルトン・キャッスル、ボーイズのROH世界6人タッグ王座に挑戦。キャッスルのバン・ア・ランにデリリアスが敗れた。

2018

18年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で21人参加の時間差バトルロイヤル「ニュージャパンランボー」に出場。2月24日、後楽園ホールでの新日本プロレスとROHの合同興行でチーズバーガー、ライガーと組んでタマ・トンガタンガ・ロアファレ組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。9分16秒、ゲリラ・フォー・ウェアをくらってタマにチーズバーガーがフォール負け。

2019

19年2月22日、後楽園ホールでのROHと新日本プロレスの合同興行でチーズバーガー、コルト・カバナと組んで田口矢野真壁組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。10分16秒、矢野の横入り式エビ固めにデリリアスがフォール負け。10月27日から31日にかけて行われたフロリダ州マイアミ発のクルーズイベント「クリス・ジェリコのロックン・レスリング・ラガー・アット・シー」で「シー・オブ・オナー・トーナメント」に参戦し、1回戦でクリストファー・ダニエルズと対戦。ベスト・ムーンサルト・エバーに敗れた。

2021

21年4月9日、ROHの放送でロッキー・ロメロとピュアルールズマッチ。アームバーに敗れた。10月27日、ROHが年内で所属選手との契約を終了し、22年1月から3月まで活動休止すると発表した。
スクラップブック
09年10月17日。試合後の中嶋のコメント
「かなり個性的というか。わけわからない。やりづらいに決まってるじゃないですか。いままでこんなタイプはいなかった。やっててちょっと戸惑いました。まぁ、勉強になったし、とりあえず勝ててよかったかなって感じ」(週刊プロレスNo,1496より)