レスラーノート

エル・イホ・デル・サント

EL HIJO DEL SANTO
1963年8月2日
メキシコ・メキシコシティ出身
168cm 84kg

通称
聖者2世
タイトル歴
UWA世界ライト
UWA世界ウェルター
WWA世界ライト
WWA世界ウェルター
得意技
カバージョ(キャメルクラッチ)

メキシコの伝説的英雄エル・サントの息子。聖者2世の異名を持つ。11人兄弟の末っ子だった。14歳から練習をはじめる。82年10月にデビュー。84年10月28日、ネグロ・カサスを破りUWA世界ライト級王座を史上最年少で獲得。90年4月27日にモンテレイでチャルレス・ルセロを破りUWA世界ウェルター級王座を獲得してUWA史上初の2階級同時制覇。6月、ユニバーサル・プロレスに初来日。6月7日に後楽園ホールでフェルサ・ゲレーラを破りWWA世界ウェルター級王座を獲得。91年11月14日、ユニバーサルプロレス後楽園ホール大会でカネロ・カサスを相手にUWA王座の防衛戦。マスクを脱がされる場面もあったが、ヘッドシザースを決め続け、19分57秒、カバージョで勝利した。92年5月のAAA旗揚げに参加。93年11月5日にオクタゴンと組んでAAA世界タッグ王座を獲得した。94年11月の「AAAルチャワールド」で新日本プロレスに登場。95年8月にAAAを離脱。EMLL系のフリーとなる。96年10月、みちのくプロレスに来日し、スペル・デルフィンと組んで「みちのくふたり旅」に出場。11月10日、楢葉町民体育館大会での優勝決定戦でディック東郷、MEN’Sテイオー組と対戦。17分43秒、東郷のダイビングセントーンにデルフィンがフォール負けし、準優勝に終わった。11月にルード(悪役)に転向。97年2月6日、CMLLジャパンの駒沢オリンピック公園体育館大会でネグロ・カサスと対戦。10分44秒、ラ・マヒストラルに敗れた。9月に宿敵ネグロ・カサスに勝利して坊主にする。98年9月にテクニコ(正統派)に復帰。01年1月28日、全日本プロレスの東京ドーム大会に参戦してマスカラスとタッグを組んで試合をした。06年4月16日、後楽園ホールでの「ULTIMO DRAGON WORLD WIDE UD:06」に来日。ウルティモ・ドラゴンと組んでアトランティス、ブラック・ウォリアー組と対戦し、勝利した。マスク剥ぎ戦では無敵で、エル・ピエロー、エル・ブイトレ、エル・ガラクティコ、エル・ポロ、エル・ディルビオ、コスモナウタ、アリストテレス1号、エル・ニンハ、スケレトール、エスパント・ジュニア、カト・クン・リー、シルバー・キング、プリンシペ・イスラ、レオン・チノ、エル・ブルホ、クチージョ、スターマン、ラ・モミア、マスデック、ロッキー・スター、アル・スター、ジムカッタ、エル・イホ・デ・ブラック・シャドー、ゲレーロ・デル・フトゥーロ、ドクトル・セレブロ、スペル・パルカ、イホ・デル・コバルデらのマスクを剥いでいる。 07年11月15日、フィリピン・マニラでのボクシング興行でルチャの試合を披露。WBCのホセ・スレイマン会長からプロレスラーとしては初のWBC名誉世界チャンピオンに認定された。その後、NELLという独立プロモーションを設立。12月8日、エル・トレオで旗揚げ戦「トド・エキス・エル・トド」を開催。メジャーのビッグネームを集めて8チームでの負け残りタッグトーナメントを開催。最後に負けたマスクマンがマスクを脱ぐ形式で行われた。「決勝」進出となったムニェコが負傷退場したため、「決勝」はサント、ブルー・デモン・ジュニア、ペンタゴン・ブラックの3WAY戦となった。最後はペンタゴン・ブラックをカバージョで勝利して、マスク剥ぎに成功した。 08年7月5日、ロンドンでブルー・デモン・ジュニアを破りWWA世界ウェルター級王座を獲得。11年12月15日、トド・エキシ・エル・トドのキシコシティ大会でアンヘル・ブランコ・ジュニアに敗れてWWA世界ウェルター級王座から転落。 15年7月、息子がデビュー。10月5日、グアナファト州レオンで「トドス・ポル・トドス」を開催。オクタゴン、カネックと組んでヘビー・メタル、フエルサ・ゲレーラ、ドクトル・ワグナー・ジュニア組と対戦。サントがカバージョでヘビー・メタルに勝利した。 16年8月13日、ザ・クラッシュのアウディトリオ・デ・ティファナ大会で息子のサント・ジュニアと組んでライマン、アンヘル・ブランコ組と対戦。最後はライマンのイホへのローブローで反則勝ちに終わった。 17年10月1日、ヌエボ・レオン州モンテレイでのMDAルチャリブレの大会でシルバー・キング、アルベルト・エル・パトロンと3WAYマッチ。サントがカバージョでシルバー・キングに勝利。 19年3月14日、後楽園ホールで行われた「エストレージャ・フィエスタ」に来日。ウルティモ・ドラゴン、獅龍と組んでフェルサ・ゲレーラ、シルバー・キング、ディアマンテ組と対戦。20分11秒、サントがカバージョでゲレーラに勝利。 22年7月30日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会でウルティモ・ドラゴンのデビュー35周年記念試合として登場。7分42秒、ペロスが乱入して無効試合。直後にウルティモと組んでNOSAWA論外、Eita組と対戦。3分32秒、ウルティモがEitaにドラゴンスリーパー、サントが論外にキャメルクラッチを決めて同時にギブアップ勝ち。7月31日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会でウルティモ・ドラゴン、サスケと組んでNOSAWA論外、Eita、スペル・クレイジー組と対戦。9分49秒、サントが論外をカバージョに決めて、ウルティモがラ・マヒストラルでEitaにフォール勝ち。