レスラーノート

エッジ

EDGE

本名:アダム・コープランド
1973年10月30日
カナダ・オンタリオ州オレンジビル
196cm 110kg

タイトル歴
世界ヘビー(WWE・RAW)
WWEヘビー
WWEインターコンチネンタル
WWF世界タッグ
CCWタッグ
得意技
スピアー
エッジキューション

93年にデビュー。親友のクリスチャンもエッジに影響されて同年にデビューし、タッグを組んでインディ団体を転戦。96年にジェイ(クリスチャン)とスーサイド・ブロンズを結成し、SSWタッグ王座を獲得。98年1月、アダムの名で、ジェイ(クリスチャン)と共にチーム「カナディアン・ロッキーズ」として新東京プロレスに初来日。2月11日、石川県産業展示館大会でタッグ王座決定トーナメントに参戦。1回戦で川畑、松崎組と対戦。18分55秒、ジェイがロッキープレスで松崎に勝利。同日の決勝でバッドニュース・アレンジェリー・モロー組と対戦。26分20秒、アダムがフェイスクラッシャーでモローに勝利し、CCWタッグ王座を獲得した。春からWWFのトレーニングキャンプに参加。ドリー・ファンク・ジュニアらのコーチを受ける。6月22日、ホセ・エストラーダ・ジュニアを相手にWWFデビュー。ギャングレル率いる「ザ・ブルード」で親友クリスチャンとタッグを組む。99年7月24日、ジェフ・ジャレットを破りインターコンチネンタル王座を獲得。その後はクリスチャンとタッグを組んで「エッジ&クリスチャン」としてハーディーズと抗争。00年4月2日、3WAYラダーマッチでダッドリーズ、ハーディーズに勝利してWWF世界タッグ王座を獲得。01年6月24日、キング・オブ・ザ・リングに優勝し、クリスチャンとタッグを解消しシングルで活躍。 02年3月にスマックダウンに移籍。3月1日、横浜アリーナでのWWFの「スマックダウン・ツアー・ジャパン」 に来日し、ウィリアム・リーガルのインターコンチネンタル王座に挑戦。14分41秒、トップロープからのフライングボディアタックを切りかえされてフォール負け。 03年3月から首のケガのため長期欠場。

2004

04年3月にRAWに移籍。4月18日、復帰戦を行い、ケインに勝利した。

2005

05年2月4日、さいたまスーパーアリーナでのWWE日本公演に来日し、メインでHHHの世界ヘビー級王座に挑戦。16分49秒、ペディグリーに敗れた。4月3日、レッスルマニアでマネーインザバンクマッチに勝利し世界王座挑戦権を獲得。7月1日、さいたまスーパーアリーナでのWWE日本公演に来日し、ケインと対戦。8分13秒、アタッシュケースによる殴打で勝利。7月2日の大会ではエディ・ゲレロアングルと組んでミステリオアンダーテイカー、ケイン組と対戦。23分34秒、3者同時フォールに敗れた。7月からマット・ハーディーを相手に抗争開始。マットの恋人であったリタと私生活でもつきあいはじめてしまい、そのトラブルから同年4月にマットはWWEを解雇。私生活の抗争をそのままリングに持ってきた形となった。10月にマネーインザバンク権利争奪&敗者RAW追放ラダー・マッチでマットに勝利して抗争は決着した。

2006

06年1月8日、チェンバー戦を終えて疲れきっているジョン・シナの元に登場し、マネーインザバンクの権利を行使して王座挑戦。シナを破りWWEヘビー級王座を獲得。翌日のRAWでリタとのライブ・セックス祝勝会を行う。その後は大型ヒールとして徐々に本格化。1月29日にシナに敗れて王座転落。7月3日、シナ、WWE王者ロブ・バン・ダムとのトリプルスレットマッチに勝利してWWE王座の2度目の獲得。9月17日、シナとのTLCマッチに敗れて王座転落。

2007

07年5月7日、RAWでミスター・ケネディとのマネーインザバンクマッチに勝利し世界王座挑戦権を獲得。5月9日、スマックダウンでアンダーテイカーを破り世界ヘビー級王座を獲得。7月に左胸筋を断裂して王座を返上し長期欠場。11月に復帰。12月16日、バティスタ、アンダーテイカーとトリプルスレットマッチで対戦し、エッジに変装したメジャー・ブラザーズ(ザ・エッジ・ヘッズ)の助けを借りて勝利し世界ヘビー級王座を獲得。その後はザ・エッジ・ヘッズやGMのヴィッキー・ゲレロと共にトップヒールとして活躍。

2008

08年3月30日、PPV「レッスルマニア」のメインでアンダーテイカーを相手に防衛戦。23分53秒、スピアーをフットチョーク(三角絞め)に切りかえされて敗れて王座転落。6月1日、空位となった世界王座を賭けてアンダーテイカーとTLCマッチで対戦。エッジ・ヘッズ、チャボ・ゲレロ、バム・ニーリーの乱入で優位に立ち、最後はハシゴを押し倒してテイカーをリング下のテーブルの山に落下させてからベルトを手にして勝利。世界ヘビー級王座3度目の獲得となった。6月29日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でバティスタを相手に防衛戦。必殺のバティスタボムをくらったがビッキーがフォールを妨害。エッジはレフリーを殴り倒し、ビッキーが呼んだサブレフリーは仲間のチャボ・ゲレロ。ビッキーがリングから場外に投げられる場面もあったが、最後はエッジがベルトで殴ってフォール勝ち。6月30日、番組の冒頭でスピーチをし終わったエッジの元に抗争相手のバティスタが登場。バティスタボムをくらってエッジは完全KO。そこにCMパンクがマネーインザバンクのブリーフケースを手にリングに現れ、エッジの世界王座にその場で挑戦。GTSであっさりと敗れて王座から転落した。ビッキーとの仲は結婚直前まで進展したが、7月18日の放送で、HHHがウェディング・プランナーを口説くエッジの映像をビッキーに見せたため、いったん白紙に戻る。7月20日、PPV「グレート・アメリカン・バッシュ」でWWE王者のHHHに挑戦。試合中にウェディング・プランナーとビッキーが登場して混戦。スピアーがビッキーに誤爆し、最後はぺディグリーに敗れた。8月5日、チャボ・ゲレロをイスで殴打し、ビッキーの車イスを押し倒し、エッジ派閥のラ・ファミリアやビッキーと完全決別。8月17日、PPV「サマースラム」で、復帰したアンダーテイカーとヘル・イン・ア・セルマッチ(天井付の金網デスマッチ)で対戦。ツームストンパイルドライバーに敗れた。試合後、ラダーに引きあげられてチョークスラムをくらい(首をつかまれて落とされる)、エッジはマットを貫通してリング下に転落。マットの穴から巨大な炎が何度も噴きあがった。その後、しばらく欠場を続ける。11月23日、PPV「サバイバーシリーズ」でHHH、コズロフのタイトルマッチに登場。欠場したジェフ・ハーディーの代役としてビッキーのアナウンスで試合に出場し、スピアーでHHHをKO。さらに乱入してきたジェフをスピアーで倒して、HHHからフォール勝ち。いきなりのWWE王座獲得となり、試合後にはビッキーと喜びあい「復縁」となった。12月14日、PPV「アルマゲドン」でジェフ・ハーディー、HHHとWWE王座をかけて3WAYマッチで対戦。HHHのぺディグリーをくらった直後に、ジェフのスワントンボムをくらいフォール負け。WWEヘビー級王座から転落。

2009

09年1月25日、PPV「ロイヤルランブル」でジェフ・ハーディーに挑戦。マットのイス攻撃からフォール勝ちし、WWE王座を獲得。2月15日、PPV「ノー・ウェイ・アウト」でのイリミネーション・チェンバーで敗れて王座転落。同日に行われたRAW版のイリミネーション・チェンバーでは、試合前にキングストンをイスで急襲して代役として突如参戦。最後に残ったミステリオをスピアーで倒して世界ヘビー級王座を獲得した。4月5日、レッスルマニアでビッグショー、ジョン・シナを相手に防衛戦。シナのアティテュード・アジャストメントにビッグジョーがフォール負けし、王座転落。4月26日、PPV「バックラッシュ」でジョン・シナとラストマン・スタンディングマッチで対戦。終盤からは花道奥のステージ上での戦いとなり、乱入してきたビッグショーがチョークスラムでシナをステージの下にたたき落とし、勝利。世界ヘビー級王座を獲得した。5月17日、PPV「ジャッジメントデイ」のメインでジェフ・ハーディーを相手に防衛戦。雪崩式エッジキューションを豪快に決めて王座防衛に成功。6月7日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でジェフを相手にラダーマッチで防衛戦。試合終盤、ラダーを登ったところで足を引っぱられたため、足場と足場の間に体が挟まれて身動きが取れなくなってしまい、ゆうゆうとジェフにラダーを登られ、吊るされたベルトを奪われて王座転落。6月28日、PPV「ザ・バッシュ」でジェリコと組んでタッグ王者のコロンズと、デビアス、コーディ組を相手に3WAYマッチで対戦。エッジのスピアーでカリートにフォール勝ちし、WWE統一タッグ王座を獲得。7月3日のハウスショーで足首を負傷し、長期欠場。

2010

10年1月31日、PPV「ロイヤルランブル」でのロイヤルランブル戦で復帰。最後から2番目に登場し、シナを場外へ投げ飛ばして優勝。3月28日、レッスルマニアでジェリコの世界王座に挑戦。コードブレイカーに敗れた。4月25日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でジェリコを相手に金網マッチで対戦し、スピアーで勝利。4月26日、ドラフトでRAWに移籍。5月23日、PPV「オーバー・ザ・リミット」でランディ・オートンと対戦し、両者リングアウトの引き分け。9月19日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」で王者のシェーマス、シナ、オートン、ジェリコ、ウェイド・バレットを相手に王座戦。シナのアティテュード・アジャストメントをくらってフォール負けして脱落。試合はオートンの勝利に終わった。10月3日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でジャック・スワッガーと対戦し、スピアーで勝利。その後、スマックダウンに移籍。11月21日、PPV「サバイバーシリーズ」でケインの世界王座に挑戦。スピアを決めてフォール勝ちしたかと思われたが、エッジの肩もついていたためダブルカウントの引き分け。規定により王座奪取に失敗した。12月19日、PPV「TLC」で王者のケイン、ミステリオ、デル・リオを相手に4WAYのTLCマッチで王座戦。勝利して世界ヘビー級王座を獲得。

2011

11年1月30日、PPV「ロイヤルランブル」でジグラーを相手に防衛戦。GM代行のビッキー・ゲレロからスピアーを禁止されたが、試合中にビッキーが倒れている間にスピアーを決め、最後はキルスイッチで勝利。2月20日、PPV「エリミネーション・チェンバー」で、ケイン、マッキンタイア、ウェイド、ビッグショー、ミステリオを相手にエリミネーション・チェンバー・マッチで防衛戦。スピアでケインにフォール勝ちし、ミステリオと1対1の展開に。最後はトップロープからのボディアタックをスピアで迎撃してフォール勝ち。王座防衛に成功した。4月3日、レッスルマニアでデル・リオを相手に防衛戦を行ない、スピアで勝利。4月11日の放送で、首のケガによる引退を表明。

2020

20年1月、PPV「ロイヤルランブル」でのランブルマッチで復帰。4月5日、PPV「レッスルマニア」(新型コロナウィルスの影響により無観客試合。実際の試合は3月26日)でランディ・オートンとラストマン・スタンディングマッチ。36分37秒、イス攻撃でKO勝ち。6月14日、PPV「バックラッシュ」でランディ・オートンと対戦。パントキックに敗れた。

2021

21年1月31日、PPV「ロイヤルランブル」でのランブルマッチに勝利。4月11日、PPV「レッスルマニア」の2日目でダニエル・ブライアン、ユニバーサル王者のローマン・レインズを相手に3WAYでの王座戦。21分41秒、レインズのスピアーからのイス攻撃にエッジがフォール負け。7月18日、PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でローマン・レインズのユニバーサル王座に挑戦。セス・ロリンズに介入されて苦戦し、スピアーに敗れた。8月21日、PPV「サマースラム」でセス・ロリンズと対戦。スリーパーホールドで勝利。10月21日、サウジアラビアでのPPV「クラウンジュエル」でセス・ロリンズとヘル・イン・ア・セルマッチ。カーブストンプで勝利。