ダークロHP
小市民ダークロの
ありがちで気の抜けた
感じのやつ
★TOP
★文章
★画像
★作曲
★映画評
★その他
★レスラーノート
★リンク
★ムシャッピー


リアルデビューももう近い!


食卓で父が新聞を読んでいる。さえない顔色の息子が2階から降りてきて食卓につく。「今日は、早いな」「眠れないんだ。いろいろ考えごとがあって」「おまえさ。いつまで、こんな生活をするつもりだ」「・・・ああ」「整形手術までうけさせてやったんだ。さっさと出ていったらどうだ。今なら、もてるだろ。今のおまえ。タレントに似てるぞ。芸能人の。ええと。・・・もりた。・・・健作?」「ああ。あまりピンと来ないけど、オヤジの時代的には、いい男だったんだろ?」「ああ、森田タモリのほうだ。おまえ、森田タモリに似てるよ」「森田タモリって、そうじゃねえと思うけどな。タモリのこと?」「そう!じゃあ、タモリ!タモリのサングラスかけてないときに、おまえそっくり!」「ええ。なんかレアだな。でもぜんぜんかっこよくないだろ!見たことないけど、いやだよそれ!似てないほうがいいし、おれの努力を根底からくつがえすようなこと言うなよ」突然、父が冷蔵庫を開け、ストックしてあった骨を投げる。「ワオーン!ワンワン!」とうれしそうに骨を拾いにいく息子。骨を口にくわえて戻ってくる。「それ!」と父が窓を開けて骨を外に投げる。「行け!」呆然と外を眺めた後、また食卓に戻る息子。「今、珍しく輝いてたな、おまえの顔が」「やっぱりだめだ。家の中ではいい感じなんだけど」「だいぶ慣れてきたぞ。あと一息だ」「オヤジ、毎朝、ありがとな」「よし、食事の前にいつもの挨拶でもするか」2人、同じ方向を向く。「リアルデビューももう近い!リアルデビューももう近い!リアルデビューももう近い!」2人、向き合う。「いただきます」「まあ、それはそうと。さっきの続きだが。・・・だまって聞きなさい」父、新聞を開く。「ん?・・・なんだこれ」新聞には「凶悪人、整形して逃亡?」と大きな見出し。整形前と整形後の写真が並んでいる。整形後の顔が、息子だった。「オヤジ、どうした?」「・・・おまえ。誰かに似てるって。言われたことないか?」「ああ、森田タモリだろ。言われたことはねえよ。整形してから今まで引きこもってるんだから」「おまえ、なにかを抱えてないか?ストレスとか、心の闇とか」「うん、それはあるかも」「やっぱり!お、おまえさ、い、いつも部屋に父さんも母さんも入れさせないだろ?ベッドの下に、ガラクタとかなんとかかくしてるみたいだよな?おまえ、父さんに、なにかかくしてることないか?」「なんにもねえよ」「10月21日、午前11時20分、おまえはその時、なにをしていたんだ」「え?いやに具体的な日付だな」「警察をなめるな!」父、机をたたき、息子の襟首をつかむ。食卓がめちゃくちゃになる。「どこにいたかと聞いてるんだ!」「離せよ!離せって!」「おれが話すんじゃない!おまえが話すんだよ」「落ちつけよ!オヤジは警察じゃねえだろ。無職だろ」息子、父を振りほどいて突き飛ばす。落ちていた新聞を拾いあげる。「な、なんだこれ」新聞をくいいるように見つめる息子。「ますます、外に出づらくなっちまったよ・・・」息子、父に近づく。「よ、よせ!話せば分かる!話せば分かるだろ?(半泣き)」「ち、チゲーよ!やってねえよ!」「でも、この新聞にはそう書いてあるぞ!いいか?捕まるのと自首するのでは、罪の重さがちがうぞ!命の重さは一緒でも、罪の重さが変わる!」息子、新聞を読む。「殺害し、ベランダに置かれた浴槽に入れて土に埋めた」「おまえ、小さいころも、庭の木に花子を埋めただろ」「花子は犬だよ。死因は老衰だよ!ええと、10月21日、午前11時20分。職務質問されている時に、警察官から逃走した」「おまえ、そんなに足が速かったのか。人は見かけによらないな」「だから別人だって!」「だってほら、読んでみろ。おまえが手術したのと同じ病院だよ?息子よ」「あれだよ、きっと同じ医者が手術したから絵のタッチが一緒なんだよ!」「絵のタッチって、アーティストみたいな医者だな。素材よりも作家性のほうが重要なんだな。・・・ピカソじゃなくてよかったな」「それより、整形前の顔を見ろよ!全然違うじゃねえかよ!」「いや、もはや、誰もおまえの元の顔なんか覚えてないぞ!」「親なんだから覚えておけよ!頼むぞ。こんな顔じゃなかっただろ!」「そういえば、整形前の方がかっこいいな!おまえ、その前にも整形してたのか!」「おかしいだろ」「お、お、お、おかしいよ!いいか。落ちついて説明するんだ。なんでこんなことやったんだ」「え?」「おこずかいだって毎月たっぷりあげていた。働きもせずに、生活にも困ってない。人を殺さなくたって、ハッピーに生きていけるだろ?」「い、いや、やっぱさ。ずっとひきこもってたわけだろ?スゲー、ストレスがたまってんだよ。好きな仕事についているわけじゃないし、望みもないし、希望もない。彼女だっていないし、自分に自信のあることも、一つもない。なにかのきっかけで、なにかが爆発したんだよ」「そうか。でも、そこまで育てたおやごさんの気持ちになってみたことはあるか?ここまで育てるのに、どんなに苦労したか。愛情を持って大切に育ててきたんだぞ」「うう・・・。い、いや、ちょっと待て!おれに説教すんなよ!や、ヤベー。や、やっぱり自首するべきかな?あれ、なんだかおれまで自分が犯人みたいな気持ちになってきたよ。どうしよう。ここにいたら通報されちまう!なんとなく、犯人じゃなくても逮捕されちゃいそうだよ。ああ。早くオフクロ帰ってこないかな。でもオフクロまでオヤジの味方になって多数決で負けたら、きっとおれが犯人だな。陪審員制度だったらやばいな。多数決で絶対おれ負けるぞ。メガネのないタモリだったり、殺人犯だったり、いったい本当のおれはなんなんだ!」突然、息子が冷蔵庫を開け、ストックしてあった骨を父の目の前に突きだす。「おまえ、警察に言ったら、殺すぞ」「おい!」「オフクロがなんで帰ってこないのかわかるか?ベッドの下をなんでおまえに見せないか分かるか?・・・かくしてるんだよ。成人向けの本じゃないぞ、成人向けのDVDでもないからな・・・。フッフッフ」「おまえ、なんてことを!」「いいか?今からおれは犯人を探しに行くぞ。メガネのないタモリも探しに行くかもしれない。同じ場所に2人ともいたら一石二鳥だし、同一人物なら手間が省ける。おまえ、絶対に誰にも言うんじゃねえぞ」息子、骨を持ったまま家を飛び出す。「この食卓の惨状と、息子の現状。・・・母さんが帰ってきたら、どう説明しようかな。やれやれ。本当に息子が犯人とは思ってなかったけど、なんとなく危ない奴のような気がしてきて、がんばりすぎちゃったよ。どうしよう。世の中どう転ぶかわかったもんじゃないな。ひょうたんからこま。引きこもりから逃亡犯か。あとは、あいつが捕まらないのを祈るだけだ。わしは信じてるぞ。おまえの無実を。・・・さて、次は、わしが、リアルデビューする番だな。リアルデビューももう近い。リアルデビューももう近い。リアルデビューも、もう、近い」  △