ダークロHP

ラ・パーク(エレア・パーク)
L.A. PARK


本名:アドルフォ・タピア・イバラ
1965年11月14日
コアウィラ州モンクローバ出身
182cm 100kg
タイトル歴:ナショナル・ライト CMLL世界タッグ XLAWヘビー AAAラテンアメリカ・ヘビー
得意技:スカル・ボム(サンセットフリップ・パワーボム) コークスクリュー・ボディブロック 延髄斬り

アルベルト・モーラにコーチされて82年にデビュー。92年5月15日、ベラクルスでのAAA旗揚げ戦に骸骨仮面ラ・パルカとして出現。94年9月9日にリスマルクを破りナショナル・ライト・ヘビー級王座を獲得。12月にテクニコに転向。骸骨のマスクとコスチューム、コミカルなダンスで人気となった。AAAからプロモ・アステカに移籍した際に、AAAで2代目ラ・パルカが登場。プロモ・アステカからWCWに移籍した際には、プロモ・アステカに従兄のスペル・パルカが登場した。95年11月にWCWに登場。98年7月20日、ヌエボ・ラレドでピエローのマスク剥ぎに成功。00年4月にWCWから解雇された。02年11月、横浜アリーナでのレッスル1に登場。スペル・パルカと組んでケンドー・カシン、THE APEMAN NIGO(宇野薫)組と対戦。13分37秒、カシンの雪崩式腕ひしぎ逆十字固めにラ・パルカが敗れた。03年11月、ラ・パルカ・オリジナルの名でパルカ・ゲレーラ(NOSAWA論外)と組んで全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に出場。6戦全敗でリーグ戦を終えた。12月5日、日本武道館大会でパルカ・ゲレーラと組んでザ・マスク・オブ・タイガー(初代タイガーマスク)、ミスター日本カミカゼ(新崎人生)組と対戦。10分31秒、タイガースープレックスにゲレーラがフォール負け。12月12日、アレナ・メヒコに登場。裁判で敗訴したため、ラ・パーク(エレア・パーク)と改名。04年1月23日、ショッカーと組んでCMLL世界タッグ王座を獲得。10月にエル・ダンディを破りナショナル・ライト・ヘビー級王座を獲得。同年にはレイ・ミステリオ(シニア)を破りXLAW(Xtreme Latin American Wrestling)ヘビー級王座を獲得。06年2月4日、トレオンで3代目ブラックタイガーのマスク剥ぎに成功。ドクトル・ワグナー・ジュニアと抗争し、5月にルードに転向。その後、XLAWは崩壊したが、09年8月8日に再旗揚げを行ない、サンドマンを相手に王座防衛に成功。 10年3月12日にAAAに登場。3月20日、XLAWのイダルゴ州大会でサブゥーを破り王座防衛。4月17日、AAAのオリサバ大会でラ・パルカを襲撃。6月6日、「トリプレマニア」のメインでラ・パルカと対戦。負けたら名前を捨てる「ノンブレ・コントラ・ノンブレ」での試合となった。大乱戦の末、イスの上へのマルティネーテ(ツームストンパイルドライバー)を決めてパルカを完全KO。アグアヨ・ジュニア、ハロウィンらのロス・ペロス・デル・マールが乱入し、パークをパルカの上に覆いかぶせ、28分17秒、イホ・デ・ティランティスがリングに上がり、高速のカウント3を叩いてフォール勝ち。7月4日の再戦では敗退。その後もパルカと抗争。11年6月18日、AAAの「トリプレマニア」でエル・メシアスとマスカラ・コントラ・カベジェラで対戦。凶器を使ったパンチからフォール勝ちして、メシアスの髪の毛を奪った。12月16日、プエブラでのAAAのビッグマッチ「ゲラ・デ・ティタネス」でドクトル・ワグナー・ジュニアの王座に挑戦。凶器を使ってのナックルパンチでフォール勝ちしてAAAラテンアメリカ・ヘビー級王座を獲得。 13年、AAAを離脱。 18年8月25日、アレナ・シウダ・デ・メヒコでのAAAの「トリプレマニア」でペンタゴン・ジュニア、サイコ・クラウン、イホ・デル・ファンタズマを相手に4WAYでの金網マッチでマスカラ・コントラ・マスカラ。LAパークとファンタズマの一対一の対決となり、スピアーで勝利。12月13日、MLWのフロリダ州マイアミ大会でサミ・キャラハンとフォールズ・カウント・エニウェア・マッチ。スピアーで勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP