ダークロHP

イホ・デ・リスマルク
HIJO DE LIZMARK


本名:ファン・カルロス・バニョス
1972年10月16日
ゲレーロ州アカプルコ出身
189cm 119kg
タイトル歴:LLUSAヘビー
得意技:風車式サイドバスター ムーンサルト・プレス

リスマルクの長男で。91年7月7月1日、イホ・デ・?の名でテストデビュー。8月16日にデビュー。大型ファイターとして活躍が期待された。92年8月に父と共にAAAに移籍。94年11月に試合中に右大腿部を複雑骨折。96年にCMLLで復帰。97年1月にコナンに誘われてプロモ・アステカに移籍。コナンのブッキングで5月5日からWCWに出場。WCWでは活躍の機会がなく、99年秋にWCWを解雇された。00年6月にCMLLに復帰。03年7月、OH祭りに来日。11日の後楽園ホール大会ではドス・カラス・ジュニアと組んで、佐藤耕平、横井宏考組と対戦。7分38秒、ドス・カラス・ジュニアがジャーマンスープレックスホールドで勝利した。13日の徳島市立体育館大会ではドス・カラス・ジュニアと組んで小川直也、藤井克久組と対戦。小川のSTOボンバーにリスマルク・ジュニアが敗れた。04年10月にフリーになったが半年後にCMLLに復帰。05年7月、アレナ・メヒコでのレジェンダ・デ・アスール(新日本プロレスと提携した時にできたメキシコ版G1)で1日に4勝して優勝。8月と9月に新日本プロレスに来日。来日時にはエル・テハノジュニアと組んだりシングルで対戦したが、トペに失敗するなど、大きな活躍はなかった。07年9月28日、CMLLのビッグイベント「アニベルサリオ74」のメインで金網マスカラス・コントラ・カベジェラスに出場。ミスティコブルー・パンテル、ビジャノ5号、アトランティスドクトル・ワグナー・ジュニアウルティモ・ゲレーロ、ペロ・アグアヨ・ジュニアが参加する大乱戦で31分13秒、ブルー・パンテルに脇固めで敗れ、マスクをはがされ素顔になる。08年10月17日、マルコ・コルレオーネとカベジェラマッチで対戦し、敗れて丸坊主にされた。09年9月、CMLLを退団し、ロス・ペロス・デル・マールに入団。10年12月12日、ルチャリブレUSAのアルバカーキ大会でマルコ・コルレオーネ、チャーリー・マリス、RJブリューワーとの4WAYイリミネーションマッチに勝利して初代LLUSAヘビー級王座を獲得。11年6月18日、マルコ・コルレオーネ、RJブリューワーとの3WAYマッチに敗れて王座転落。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP