ダークロHP

ビル・ゴールドバーグ
BILL GOLDBERG


1966年12月27日
オクラホマ州タルサ出身
192cm 115kg
タイトル歴:WCW世界ヘビー 世界ヘビー(WWE) USヘビー WWEユニバーサル
得意技:スピアー(タックル) ジャックハマー(ブレーンバスターの体勢で持ち上げてパワースラムのようにたたきつける)

通称「超人類」。フットボールの花形ラインマンだったが、28才で引退。WCWの道場「パワープラント」でトレーニングを積み97年9月22日にデビュー。デビュー当時から「無敵」というギミックを与えられ、脅威の173連勝を達成。圧倒的な強さで短時間のうちにスピアー、ジャックハマーの連携で相手を倒す試合スタイルでトップレスラーとして活躍。98年4月20日、レイヴェンに勝利してUSヘビー級王座を獲得。7月6日、ジョージアドームの4万人以上の大観衆の前でハルク・ホーガンを破りWCW世界ヘビー級王座を獲得。12月27日、ケビン・ナッシュに敗れて王座転落。連勝記録もストップした。WCW崩壊後はしばらくリングから遠ざかる。02年8月30日、全日本プロレスの日本武道館大会「2nd BATTLE 楽の闘い」で来日。小島聡と対戦し、圧倒的な強さでスピアーとジャックハマーを出さずにネックブリーカードロップで4分2秒で勝利。31日には日本武道館大会「3rd BATTLE 激の闘い」で太陽ケアと対戦し、スピアーとジャックハマーをこの日も出さずに変形高角度チョークスラムで3分56秒で勝利。11月17日に横浜アリーナでの「WRESTLE−1」でリック・スタイナーと対戦してスピアー、ジャックハマーの連携で6分3秒で勝利。03年1月19日の東京ドームでの「WRESTLE−1」第2回大会で、武藤敬司と組んで、ブライアン・アダムスブライアン・クラーク組と対戦。試合は大凡戦となったが、17分57秒にジャックハマーでクラークに勝利した。3月31日からWWEに登場。9月21日にHHHに勝利してWWEの世界ヘビー級王座を獲得。クリス・ジェリコショーン・マイケルズ、HHH、ケイン相手に防衛を重ねたが、12月14日にHHHに敗れて王座転落。04年1月4日、さいたまスーパーアリーナでのハッスル1のメインイベントで、小川直也と対戦。この試合ではハッスルのストーリーに添うような形で進行。レフェリ−とセコンドの助けを借りて、12分49秒、ジャックハマーで勝利した。3月14日にレッスルマニア20でブロック・レスナーと対戦。試合前から両者の離脱が明らかになっていたため、観客から大ブーイングを浴びての試合となった。スピアー、ジャックハマーの連携でレスナーに勝利。この試合を最後にWWEを離脱して、リングから遠ざかった。 16年10月17日、WWEのRAWに登場。11月20日、PPV「サバイバーシリーズ」のメインでブロック・レスナーと対戦。1分26秒、スピアー2連発からのジャックハマーで圧勝。 17年3月5日、PPV「ファストレーン」のメインでケビン・オーエンズのユニバーサル王座に挑戦。スピアーからのジャックハマーで勝利。ユニバーサル王座を獲得した。4月2日、PPV「レッスルマニア」でブロック・レスナーを相手に防衛戦。必殺のジャックハマーをカウント2で返され、スピアーをかわされてコーナーに激突。豪快な投げっぱなしジャーマンスープレックスを7連発でくらい、最後はF5に敗れて王座転落。 19年6月7日、サウジアラビアで行われたPPV「スーパー・ショーダウン」のメインでアンダーテイカーと対戦。チョークスラムに敗れた。8月11日、PPV「サマースラム」でドルフ・ジグラーと対戦。ジャックハマーで勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP