ダークロHP

オットー・ワンツ
OTTO WANZ


1943年6月13日
オーストリア・グラーツ出身
185cm 162kg
タイトル歴:AWA世界ヘビー CWA世界ヘビー
得意技:ボディープレス

膨れあがるほどの巨体を活かしたパワーファイター。69年にデビュー。73年1月、グラン・ラパンの名前で国際プロレスに初来日。同年にブレーメン・トーナメントで初優勝。76年1月、ブルドッグ・オットーの名で新日本プロレスに来日。77年から00年にかけてドイツ・オーストリア中心にCWA(Catch Wrestling Association)という団体を主宰。77年に南アフリカ・ケープタウンでジャン・ウィルキンスを破り、初代CWA世界ヘビー級王座を獲得。 78年11月23日、ローラン・ボックがプロモートした「欧州世界選手権シリーズ」のドルトムント・ベストフォーレンホール大会でアントニオ猪木と対戦。4分10R、時間切れ引き分けに終わった。82年6月12日、西ドイツ・グラーツでボビー・ダンカンを相手にCWA王座の防衛戦を行い勝利。8月29日にミネソタでニック・ボックウィンクルを破りAWA世界ヘビー級王座を獲得。10月9日にニックに敗れて王座転落。83年5月に新日本プロレスに来日し、IWGP決勝リーグ戦に出場。猪木戦で負傷し、途中帰国した。11月にも来日し、ウェイン・ブリッジと組んで第4回MSGタッグリーグ戦に出場。不戦勝で1回勝った以外は全敗した。84年5月に来日し、第2回IWGP王座決定リーグ戦に出場。9敗、1不戦勝、1引き分けの、12人中11位の成績に終わった。7月14日、グラーツでエド・レスリー(ブルータス・ビーフケーキ)と対戦し、6R2分5秒で勝利。12月22日にブレーメンでキングコング・バンディと対戦。13,000人の大観衆の前で大流血戦を展開して勝利した。85年7月5日、オーストリアでアンドレ・ザ・ジャイアントと対戦し、最終の8R(1Rは4分)に敗れた。90年12月22日、ブレーメンでのスタットハレー1号館大会でテリー・ファンクを相手に引退試合。逆転KO勝ちした。96年8月23日、レジェンドマッチとしてテリー・ファンクと対戦し、4Rに勝利。CWAは新日本プロレスと提携し、蝶野天山小島らもここで試合を行った。石沢常光もここに遠征し、ケンドー・カシンに変身した。00年にCWAは活動停止。17年9月14日、グラーツで死去。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP