ダークロHP

レイヴェン
RAVEN


本名:スコット・レビー
1962年9月8日
ニュージャージー州ショートヒル出身
188cm 115kg
タイトル歴:パシフィックノースウェストヘビー パシフィックノースウェストタッグ パシフィックノースウェストTV ECW世界ヘビー ECW世界タッグ WCWライト・ヘビー WWFハードコア NWA世界ヘビー HWAタッグ
得意技:レイヴェン・エフェクト(DDT) フライング・ラリアット

高校時代からパワーリフティングとボディビルで体を鍛え、ラリー・シャープの「モンスター・ファクトリー」でのトレーニングを経て、88年2月20日にオレゴンのパシフィック・ノースウェスト地区でスコッティ・ザ・ボディの名でデビュー。同年7月8日、トップ・ガン(デビッド・シエラ)と組んでPNWタッグ王座を獲得。7月22日にトップ・ガンと仲間割れ。8月5日にザ・グラップラー(リン・デントン)と組んでトップ・ガンを破りPNWタッグ王座を再び獲得した。9月2日にPNWヘビー級王座を獲得。10月7日にレックス・キングに王座を奪われるが、14日に奪回。90年3月、PNW・TV王座を獲得。6月にはPNWヘビー級王座、3度目の獲得。同年8月、全日本プロレスに初来日。12月3日にスティーブ・ドールと組んでPNWタッグ王座、3度目の獲得。91年、スコッティ・アンソニーの名でGWFに出場。7月にリップ・ロジャーズと組んでタッグタイトルトーナメントに出場。決勝戦で敗れた。同年9月、スコッティ・ザ・フラミンゴの名でWCWに入る。92年6月20日、ブライアン・ピルマンを破りWCWライト・ヘビー級王座を獲得。7月4日、ボルチモアでライガーの挑戦を退けている。93年 テネシー州メンフィスに本拠を置くUSWAに登場。同年、ジョニー・ポロの名でWWFに入る。アダム・ボムやケベッカーズのマネージャーとして活躍。95年1月、レイヴェンと改名してECWに入り、ハードコアマッチで人気獲得。96年1月にサンドマンを破りECW世界ヘビー級王座を獲得。8月10日、IWAジャパンの横浜文化体育館大会に来日。メインでスティービー・リチャーズと組んでテリー・ゴディドリーマー組と対戦。13分8秒、ゴディのパワーボムにリチャーズが敗れた。8月11日、後楽園ホール大会でドリーマーを相手に防衛戦。イス攻撃からの片エビ固めで勝利した。97年4月13日、ECWの初のPPV「ベアリー・リーガル」のメインでテリー・ファンクを相手に防衛戦。3WAYマッチを勝ち抜いたばかりのテリーを圧倒したが、試合終盤で乱入したドリーマーのDDTをくらってカウント2。最後はスモールパッケージホールドに敗れてECW王座から転落した。6月6日、ECWの「レッスルパルーザ」でドリーマーを相手に敗者追放マッチで対戦。DDTに敗れた。6月にWCWに登場。その後、WWFに進出。00年12月から02年8月まで、通算26回もWWFハードコア王座(02年8月にWWFインターコンチネンタル王座に統合)を獲得した。02年3月12日、オハイオ州シンシナティでヒュー・モラスと組んでランス・ケイド、スティーブ・ブラッドリー組を破りHWAタッグ王座を獲得。3月15日、ケイド、ブラッドリー組に敗れて王座転落。03年1月20日にWWEに解雇された。その後はTNAを中心に活動。05年6月にNWA世界ヘビー級王座を獲得した。08年1月にTNAを離脱。8月6日、後楽園ホールでのXWF旗揚げ戦に来日。スーパー・レザー・フェイス、トレイシー・スマザースと組んで金村、田中、黒田組とハードコアマッチで対戦。試合中、金村の呼びかけでリングにイスが次々に観客から投げ入れられ、12分31秒、敷きつめられたイスの上で金村の爆YAMAスペシャルを浴びてスマザースがフォール負け。09年12月20日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でスティービーと組んでフォーリーアビスと対戦。アビスのブラックホールスラムにレイヴェンがフォール負け。10年8月8日、TNAのPPV「ハードコアジャスティス」でトミー・ドリーマーと対戦。後ろ手に手錠をかけてイスの上にDDTを決めて勝利。その後、元ECW勢はEV2.0の名でAJフレアー率いるフォーチュンと抗争。10月10日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でドリーマー、ライノサブゥー、リチャーズと組んでAJ、カズ、モーガン、ルード、ストーム組を相手にリーサル・ロックダウン形式(時間差入場の金網でのバトルロイヤル。全選手入場後に凶器付の天井が降りてくる)で対戦。ドリーマーが雪崩式デスバレードライバーでAJにフォール勝ちし、EV2.0が勝利した。

−−でもそのキックを封印しようっていう気持ちは・・・。
川田 全然ないよね。だって、ここは日本なんだから。日本に来てファイトする以上は、こっちのスタイルを理解してもらわないと。試合が終わって控室に殴り込んでくる奴もいるし、泣いて帰る奴もいるし。最近では誰が泣いて帰ったかなあ・・・。スコッティ・ザ・ボディか(笑)。
週刊プロレスNO.420(91年)川田利明のインタビューより

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP