ダークロHP

リック・ルード
RICK RUDE


本名:リチャード・アーウィン・ロード
1958年12月7日
ミネソタ州ロビンズデール出身
190p 105kg
タイトル歴:WCW・USヘビー NWA世界タッグ(ミッド・アトランティック版) 南部ヘビー WCWA世界ヘビー WWFインターコンチネンタル
得意技:ルードアウェイクニング

筋肉ボディと腰をクネクネとくねらせるモーションで活躍。ウォリアーズと同じエディ・シャーキー道場出身。アームレスリング全米チャンピオンとして名を馳せ、83年にデビュー。85年1月と7月にフロリダ州タンパで南部ヘビー級王座を獲得。86年2月にテキサス州でキング・パーソンズを破りNWAアメリカンヘビー級王座を獲得。このタイトルを運営していたWCWAがNWAから脱退することによって、初代WCWA世界ヘビー級王座に就いた。7月にテキサス州ダラスでクリス・アダムスに敗れてWCWA王座を失った。12月、マニー・フェルナンデスと組んでロックンロール・エクスプレスを破りNWA世界タッグ王座(ミッド・アトランティック版)を獲得。87年にWWFに入る。89年1月15日にアルティメット・ウォリアーとスーパー・ポーズダウン(筋肉コンテスト)で対戦。観客の声援によって勝敗を決めるというこの試合、お互いにマッスルボディを観客にアピールした後、形勢不利と見たルードがアピール中のウォリアーの後頭部にブルーワーカーのような筋肉増強の健康器具をたたきつけてノーコンテストに終わった。4月のレッスルマニア5でマネージャーのボビー・ヒーナンの助けを借りてアルティメット・ウォリアーを破りWWFインターコンチネンタル王座を獲得。同王座は8月にアルティメット・ウォリアーに敗れて失った。90年にWCWに移籍。91年7月、全日本プロレスに初来日。11月にジョージア州サバンナでスティングを破りWCW・USヘビー級王座を獲得。92年8月、新日本プロレスに登場。G1クライマックスに出場し、橋本佐々木健介を破り、決勝進出。8月12日、両国国技館大会での決勝で蝶野正洋と対戦。29分44秒、ダイビング・ショルダーアタックに敗れた。94年3月にはWCWインター王座を巡りと2連戦を行った。95年以降はセミリタイア状態でNWOのマネージャーなどを務めたが、99年4月20日、心臓麻痺により急死。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP