ダークロHP

リック・スタイナー
RICK STEINER


1961年3月9日
ミシガン州デトロイト出身
183cm 125kg
タイトル歴:UWFタッグ NWA世界タッグ WCW世界タッグ WWF世界タッグ IWGPタッグ WLW世界ヘビー
得意技:投げっぱなしジャーマンスープレックス

ミシガン大学時代はアマレス、アメリカン・フットボールで活躍。84年にバーン・ガニア、エディ・シャーキーにスカウトされてプロレス入りを決意し、85年1月にデビュー。87年2月、新日本プロレスに初来日。当時としては禁じ手であった「投げっぱなし」のジャーマン・スープレックスで中堅どころを投げまくり、遂には星野勘太郎を病院送りにしてしまい話題をさらった。89年にNWAマットで弟のスコットとスタイナー・ブラザーズを結成し、同年11月にはNWA世界タッグ王座を奪取。91年3月、第16代IWGPタッグ王座に就き、92年6月には第19代同王者に返り咲く。93年より弟と共にWWF入りし、WWF世界タッグ王座を2度獲得。96年3月にWCWに復帰し、WCW世界タッグ王座を3度獲得した。98年2月、スコットと仲間割れしチーム解散。その後スコットと兄弟で抗争。00年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会でランディ・サベージと対戦。11分8秒、ブルドッキングヘッドロックで勝利。01年にスコットと仲直り。02年2月、2年振りに新日マットに参戦。IWGP王座決定トーナメントで健介に勝利。5月の東京ドーム大会では、スタイナーズを再結成した。6月19日にTNAに登場。11月17日、横浜アリーナでの「WRESTLE−1」でビル・ゴールドバーグと対戦。6分3秒、スピアーからのジャック・ハマーに敗れた。04年8月1日、ノアの愛知県体育館大会に来日し、池田大輔の持つWLW世界ヘビー級王座に挑戦。凡戦になったが、11分12秒にデスバレーボムで勝利してWLW王座を獲得。07年6月17日、TNAの特番「スラミバーサリー」に登場。当初はスコットと組むはずだったがケガのためアニマル・ウォリアーをパートナーにしてチーム3Dの持つTNA世界タッグ王座に挑戦。6分39秒、リックが3Dに敗れた。8月12日、TNAのPPV「ハード・ジャスティス」でスコットと組んでチーム3Dと対戦。フロントスープレックスを決めるなど見せ場を作り、11分1秒、スタイナー・ブルドッグスタイナー・ブルドッグ(スコットがディーボンを肩車して、リックがトップロープからブルドッキング・ヘッドロック)で勝利。 08年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会でスコットと組んでIWGPタッグ王者のジャイアント・バーナードトラヴィス・トムコ組に挑戦。もはや全盛期の動きではなかったが、パワースラムや、ショルダースルーで投げ落してからの兄弟でのブルドックポーズや、合体ブルドッキングヘッドロックなどで見せ場を作った。12分50秒、マジックキラーにリックがフォールを取られた。 13年6月22日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でスコットと組んでエディ・キングストン、ホミサイド組と対戦。6分37秒、スタイナーブルドッグを決めてキングストンに勝利。 19年9月19日、TCWの新宿FACE大会で宮本和志と組んでマット・シグモン、エリオット・ラッセル組と対戦。6分18秒、宮本がスタイナー・スクリュー・ドライバーでシグモンに勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP