ダークロHP / レスラーノート

ミスター珍

本名:出口雄一
1932年10月12日
兵庫県宝塚市出身
167cm 80kg
得意技:下駄攻撃 急所クロー

兵庫県警の柔道部で活躍。プロ柔道を経て54年4月に山口利夫率いる全日本プロレス協会に入団。同団体解散後、55年に日本プロレスに入団。コミカルファイトで前座で活躍した。下駄やヒジに巻いたゴムチューブ、客の靴やスリッパなどを武器に攻撃。61年1月7日にジャイアント馬場と対戦。股裂きをしかけたところを馬場に蹴られて頭を打って失神。救急車で運ばれ、デビュー間もない馬場をあわてさせた。復帰後の1月18日に馬場と対戦し、復讐とばかりに右の胸に噛みつき肉をかじりとる。馬場にいつまでも残る傷あとを残した。64年に引退。テレビタレントとしても活躍。66年に復帰。71年に引退。その後、国際プロレスで復帰。74年3月にアメリカ遠征。テネシーでトージョー・ヤマモトと組んで活躍。カナダのニュー・ブランズウィック地区ではミスター・ヨトの名で活躍。77年にテレビ番組「快傑ズバット」の第7話にグレートコング役で出演。演技中に本気を出して宮内洋の腕に青あざを作った。81年1月に3度目の復帰。反則負けをくり返す。その後、鶴見五郎大位山勝三のヒール軍団「独立愚連隊」のマネージャーになる。8月9日、国際プロレスの最終興行である羅臼大会で冬木と対戦。国際プロレス崩壊と同時に糖尿病のため再び引退。93年7月、FMWで60歳で復帰。人工透析を続けながらの復帰だった。95年6月25日、慢性腎不全のため死去。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP