ダークロHP / レスラーノート

ボブ・オートン・ジュニア
BOB ORTON Jr


1950年11月10日
カンサス州カンサスシティ出身
195cm 117kg
タイトル歴:その知名度からは想像できないが、一度も世界タイトルを手にすることはなかった。 NWAフロリダタッグ NWAジョージアタッグ NWAフロリダヘビー AWFヘビー
得意技:バックドロップ 雪崩式ブレーンバスター パイルドライバー

通称「カウボーイ」。フロリダの「ビッグO」ことボブ・オートンの息子。ヒロ・マツダのコーチを受けて71年にフロリダでデビュー。ジョージア地区、AWA、カンサス地区、アイオワを転戦。75年4月、全日本プロレスに初来日。トーナメント1回戦で鶴田に敗れる。全日本プロレスの来日は1度だけだった。帰国後、次期NWA世界王座候補だったが獲得しなかった。79年ごろにアンジェロ・ポッフォが設立したインディ団体のICWに参加。81年8月6日、ミシシッピー州グリーンビルでミシシッピ・ヘビー級王座を獲得。82年1月20日、ルイジアナ州シュリーブポートでミスター・オリンピアに敗れて王座転落。4月にWWFに進出した。8月にWWF王者のボブ・バックランドに挑戦し、敗れた。WWF離脱後、10月に新日本プロレスに来日。83年3月にも新日本プロレスに登場し、アドリアン・アドニスとのコンビで活躍。84年にヒールとしてWWFに復帰。89年からWWFを離脱してインディ団体を転戦。99年に引退を表明。息子のランディ・オートンもレスラーとなり、WWFで活躍。05年から息子のマネージャー役としてWWEに登場。06年2月にWWEを退団。 08年2月16日、IGFの有明コロシアム大会に来日し、猪木の「誕生日」を祝った。 19年6月29日、SICWのイリノイ州ベルビル大会でトニー・アトラスと組んでザ・ビッグ・テキサン、フランキーD組と対戦。12分1秒、相手マネージャーのクリストファー・ラブが試合に介入したため反則勝ち。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP