ダークロHP / レスラーノート

保坂秀樹

1971年8月5日
新潟県糸魚川市出身
180cm 115kg 血液型AB型
タイトル歴:WEWハードコアタッグ インディペンデントワールドジュニア 新潟無差別級
得意技:ビルディングボム フランケンシュタイナー スパイン・ボム(走ってきた相手の足を抱えて持ちあげ、落差をつけて背中から落とす)

関東学園高校時代はレスリング部に所属。1年生の時、レスリング部の3年生に折原昌夫と木村浩一郎がいた。高校卒業後、レスリングの推薦で東京農業大学に入学。格闘家を目指し、90年5月、木村浩一郎に誘われてSAW(サブミッション・アーツ・レスリング)に入門。 91年8月7日、SAWから派遣される形で、後楽園ホールでのW★INGの旗揚げ戦でザ・グレート・ウォージョを相手にデビュー。6分10秒、スロイダーをくらってフォール負け。 W★ING崩壊後、PWCに入門。ミスター・ヒトの指導を受けた。 93年、PWCにいた黒田哲広と共にFMWに移籍。ポーゴ軍の一員としてヒールで活躍。その後はFMWで活躍。FMWではインディペンデントワールドジュニア、WEWハードコアタッグ王座を獲得。 96年9月20日、FMWの札幌中島体育センター大会で非道と組んでヘッドハンターズのブラスナックルタッグ王座に挑戦。12分26秒、ヘッドハンターAのムーンサルトプレスに非道が敗れた。11月29日、FMWの秋田県立体育館大会で金村と組んでヘッドハンターズのブラスナックルタッグ王座に挑戦。12分37秒、ヘッドハンターAのムーンサルトプレスに保坂が敗れた。12月10日、FMWの後楽園ホール大会でスーパー・レザーと対戦。初公開のマヒストラルまで出して健闘したが、15分14秒、スラッシュバスターに敗れた。 98年5月に全日本プロレス初の東京ドーム大会に出場。グラジエーター、黒田と組んで田上大森井上雅央組と対戦。17分43秒、大森のダイビング・ニードロップに保坂が敗れた。 01年2月にFMWを退団。 02年のチャンピオンカーニバルから全日本プロレスに正式入団。全日本プロレス時代には天龍の付き人となった。4月の「保坂秀樹試練の5番勝負」ではマイク・バートンブッチャー太陽ケアジョニー・スミスジョージ・ハインズと対戦。5戦して全敗した。5月10日には同時進行で5番勝負をしていた本間朋晃と「最終戦」として対戦し、敗れた。 03年6月に全日本プロレスを退団。7月に全日本プロレスのアジアタッグ決定リーグ戦に黒毛和牛太と組んで参戦。1勝2敗1引き分けで優勝戦には出ることができなかった。 04年6月10日、塩尻市体育館大会でディーロ・ブラウンと対戦。2分12秒、トペの着地に失敗し、レフリーストップ負け。右膝を陥没骨折して長期欠場。欠場中、全日本プロレスを退団。その後はスポーツジムでインストラクターとして勤務。 06年9月24日、新宿FACEでの維新力の30周年記念大会で復帰。菅原伊織と対戦し、5分53秒、ビルディングボムで勝利した。 07年1月からWMFプロレスに出場。11月17日、新木場1stリングでの宮本和志自主興行で、佐々木恭介と組んで長井、相島勇人組と対戦。17分17秒、長井のストレッチプラムに佐々木が敗れた。 08年1月5日、ビッグバン・クラッシュのディファ有明大会でシャドウWXと対戦。9分12秒、垂直落下式ブレーンバスター2連発に敗れた。 09年5月29日、W★INGの新木場1stRING大会で戸井マサルと組んで田中将斗、黒田哲広組と対戦。10分41秒、黒田の後方回転エビ固めに戸井がフォール負け。8月21日、W★INGの新木場1stRING大会で闘龍(マグニチュード岸和田)と対戦。ダイビングボディプレスに敗れた。 12年5月11日、新宿FACEでの大仁田厚の自主興行で大仁田、矢口と組んで初代タイガーマスクサスケグラン浜田組と有刺鉄線ボードストリートファイトデスマッチで対戦。15分20秒、大仁田と矢口の合体サンダーファイヤーパワーボムで初代タイガーマスクに勝利。7月8日、ZERO1の後楽園ホール大会で大仁田、矢口と組んで、菅原、藤田峰雄組とスクランブルバンクハウス・ストリートファイトデスマッチで対戦。17分42秒、大仁田がサンダーファイヤーパワーボムで藤田に勝利。8月5日、札幌テイセンホールで行われた葛西純プロデュース興行でデスマッチトーナメントに参戦し、1回戦で杉浦透を相手にスクランブルバンクハウスデスマッチ。10分23秒、イス盛り&有刺鉄線バット上へのパワーボムで勝利。8月19日、フリーダムズの東成区民センター大会での2回戦でバラモンケイを相手にエニウェアフォールストリートファイトデスマッチ。8分58秒、横入り式エビ固めにフォール負け。12月7日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会で松崎と組んでタイガー・シャーク、スーパー・ライダー組と対戦。10分31秒、シャークのシャークデスバイロックに松崎が敗れた。12月9日、ノアの両国国技館大会で大仁田、矢口と組んでKENTA高山マイバッハ谷口組と対戦。12分27秒、KENTAのgo2sleepに保坂が敗れた。 13年7月7日、ノアの有明コロシアム大会で大仁田、矢口と組んで杉浦、高山、平柳組とストリートファイトトルネード6人タッグデスマッチで対戦。8分34秒、大仁田と矢口が有刺鉄線ボードへの合体サンダーファイヤーパワーボムを決めて、大仁田が平柳を踏みつけてフォール勝ち。 14年7月25日 、大仁田厚プロレスの新宿FACE大会で大仁田、矢口と組んでミスター・ポーゴ、グレート・ポーゴ、茂木組と対戦。16分59秒、大仁田がサンダーファイヤーパワーボムで茂木に勝利。7月26日、新潟プロレスの新発田市中央商店街大会でシマ重野の王座に挑戦。ビルディングボムで勝利。新潟無差別級王座を獲得した。8月23日、新潟プロレスのデンカビッグスワンスタジアム大会でス−パ−ササダンゴ・マシンを相手に防衛戦。12分23秒、ラリアットで勝利。9月23日、ノアとZERO1の合同興行となった新潟市体育館大会のメインで大仁田、矢口と組んで高山、杉浦、平柳組を相手にノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ。電流爆破戦史上初となる6人同時爆破が起きる大激戦を展開。8分37秒、合体サンダーファイヤーパワーボムで大仁田が平柳にフォール勝ち。12月7日、新潟プロレスのコモプラザ大会でコシ☆ヒカ〜ルを相手に防衛戦。12分39秒、垂直落下式ブレーンバスターで勝利。 15年7月17日、両国国技館での佐野直の自主興行で茂木、吉田和則を相手に3WAYマッチ。10分時間切れ引き分け。9月27日、新潟プロレスのサントピアワールド大会でビッグ・THE・良寛を相手に防衛戦。14分41秒、スモ−ルパッケ−ジホ−ルドでフォール勝ち。 16年4月9日、超花火プロレスのいわき市平体育館大会で小幡優作と対戦。7分31秒、ダイビングダブルニードロップに敗れた。4月14日、超花火プロレスの別府市総合体育館大会でマトリックスと対戦。8分42秒、脇固めで勝利。6月16日、ZERO1の新木場1stRING大会での火祭り出場決定戦で小幡優作と対戦。13分12秒、ダイビングダブルニードロップに敗れた。8月18日、ZERO1の新木場1stRING大会で磐城利樹と対戦。9分2秒、逆片エビ固めで勝利。9月30日、千葉県袖ケ浦市議会議員選挙に無所属で立候補することを発表。10月16日に開票され、落選した。11月20日、ZERO1のいわき市平体育館大会で将軍岡本と対戦。13分43秒、バックドロップに敗れた。 18年4月4日、新宿FACEでの「はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦」のメインで田中将斗、黒田と組んで藤田和之カシン論外組と対戦。13分5秒、カシンのぶら下がり首4の字固めに黒田が敗れた。 19年9月13日に緊急入院。検査の結果、医師から大腸がんステージ4で、肝臓にもがんが転移していることを告知された。10月15日に手術を受けたが、腹膜炎を発症し、10月24日に再手術した。
「入院中やリハビリ中も大仁田や天龍といった縁の深い先輩たちは気にかけてくれた。ある時、天龍から電話で「オマエ、まだ(プロレス)やりたいか?」と聞かれた保坂は、スポーツトレーナーという目標が見えてきて前向きになっていたこともあり、「やりたい気持ちはあります」と答える。その後、天龍から連絡が入り、「維新力の興行にオマエの名前も入れといたから」と、復帰の舞台が用意された」(週刊プロレスNo.1759より。06年の復帰について)

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP