ダークロHP / レスラーノート

平田淳嗣

本名:平田淳二
1956年12月20日
神奈川県平塚市出身
183cm 115kg
タイトル歴:IWGPタッグ アジアタッグ 英連邦ミッド・ヘビー
得意技:魔神風車固め (魔界1号の時には魔界風車固め)

高校を2年で中退し、上京。住みこみの新聞配達をしながらボディビルで体を鍛える。全日本プロレスに入門したが、短期間で退団。いったん実家に戻るが、再び上京し新聞配達をしながらボディビルを続ける。78年5月、新日本プロレスに入門。8月26日、飯山市体育館の藤原喜明戦でデビュー。82年11月、保永昇男と共にメキシコ遠征に出発。83年10月にカナダ・カルガリーに転戦。カルガリーではモヒカン刈りにしてインディアンレスラーのソニー・ツー・リバーを名のった。11月18日にザ・コブラを破り英連邦ミッド・ヘビー級王座を獲得。84年8月にストロングマシンに変身。将軍KY若松をマネージャーに、マシン軍団として活躍。「なんか、うれしかったですね。ヒールとして、てっぺんのアントニオ猪木に悪いことができる。機械だから(笑)。会長が拒絶しても、噛みついて、首を絞める。でも結局は、アントニオ猪木という「川」の中で闘っている感じだった。スッとかわされて、試合が終わると、俺は息が上がっているのに、向こうはケロッとしている。俺のほうが若いのにね」9月13日、宇部大会でストロングマシン2号と初タッグ。10月3日、ストロングマシン3号と新日本道場を襲撃。85年1月1日、後楽園ホール大会でストロングマシン4号が出現。4月18日の両国国技館大会で藤波辰爾と対戦。正攻法のスタイルで真っ向勝負をしたが、若松のパウダー攻撃がマシンの顔面に誤爆し、最後はドラゴンスープレックスに敗れた。この試合の誤爆をきっかけにマシン軍団が仲間割れ。5月10日、正義の心に目覚めたマスクマンとしてスーパー・ストロングマシンに改名し、他のマシン軍団と抗争。5月17日の熊本大会で、乱入してきたマシンに対して藤波が「おまえは平田だろ!」と、マイクアピール。正体が平田であることはファンの間では公然の秘密だったが、生中継中に言ってのけた藤波の発言は周囲に大きな波紋を呼んだ。公然の秘密を、あたかもたった今気づいたかのように芝居がかって発言したため、さらに反響が大きかった。正規軍入りを期待しての発言との見方もあるが、結局マシンはマスクを脱がなかった。6月4日、盛岡大会での高野俊二戦で魔神風車固めを初公開。8月29日、ヒロ斉藤、高野俊二とカルガリー・ハリケーンズを結成し新日本プロレスを離脱。ジャパン・プロレスに合流し、86年4月より全日本プロレスに参戦。5月2日、後楽園ホール大会でジャンボ鶴田と初シングル。16分48秒、ラリアットがレフリーに当たってしまい反則負けに終わった。6月12日、日本武道館大会で天龍源一郎のUN王座に挑戦。15分17秒、首固めにフォール負け。10月30日に阿修羅原と組んでアジアタッグ王座を獲得した。年末の世界最強タッグ決定リーグ戦に阿修羅原と組んで参戦。3戦(3敗)して負傷を理由に欠場。リーグ戦は全敗に終わった。87年6月に新日本プロレスに復帰。89年3月16日、横浜文化体育館大会でジョージ高野と組んで長州力マサ斎藤組のIWGPタッグ王座に挑戦。試合終盤、斎藤と高野の場外戦となり、マシンがコーナートップからダイブしてマサがダウン。その隙に斎藤がリングに上がり、19分20秒、リングアウト勝ち。IWGPタッグ王座を獲得した。90年1月にブロンド・アウトローズの一員となり、12月にはヒロ斉藤と組みIWGPタッグ王座を獲得。92年3月30日、チーム名をアウトローズからレイジングスタッフに改名。7月31日、札幌中島体育センター大会で長州のIWGP王座に挑戦し、敗れた。93年から94年にかけてWARで活躍した。93年10月、レイジングスタッフが解散。94年1月4日、東京ドーム大会で後藤達俊と対戦。8分51秒、ダイビングヘッドバットで勝利。10月、蝶野正洋と組んでSGタッグリーグ戦に参戦。10月30日、両国国技館大会での優勝決定戦で武藤組と対戦。試合中に蝶野と仲間割れ。マシンがマスクを脱いで素顔になり、蝶野にラリアット。蝶野が退場してからも1人で戦い続けたが、武藤のムーンサルトプレスに敗れた。試合後、「しょっぱい試合をしてすいません」とマイクで観客に詫びた。その後、素顔の平田として出場。95年7月13日、札幌中島体育センター別館大会での王座決定戦で、橋本と組んでスコット・ノートンマイク・イーノス組と対戦。16分46秒、橋本が垂直落下式ブレーンバスターでイーノスに勝利。IWGPタッグ王座を獲得した。9月25日、大阪府立体育会館大会で武藤のIWGP王座に挑戦。ライガーボムやダイビングヘッドバットで追いこんだが、14分53秒、雪崩式フランケンシュタイナーからのムーンサルトプレスに敗れた。99年5月、新日本プロレス選手会長に就任した。00年10月20日、福岡国際センター大会で6年ぶりにスーパー・ストロングマシンになってT2000マシンと対戦。5分56秒、魔神風車固めで勝利した。10月29日、神戸ワールド記念ホール大会でT2000マシンと対戦。4分41秒、ダイビングヘッドバットで勝利。01年2月、目の負傷(上斜筋および下直筋麻痺)のため長期欠場。02年8月8日の広島大会で星野総裁が率いる魔界倶楽部のメンバー、魔界1号として出場。再びマスクマンになった。04年9月3日、全日本プロレスの横浜大会に登場し、RODに痛めつけられていたるを助けた。9月15日、魔界倶楽部が解散。9月17日、全日本プロレスでスーパー・ラブ・マシンとして登場し、ラブ・マシン・ストームとタッグを結成。11月、ラブ・マシン・ストームと組んで世界最強タッグ決定リーグ戦に参戦。12月、ブラック・ストロング・マシンとして新日本プロレスに登場。05年、現場責任者に就任。10月24日、長州により現場監督を解任された。06年5月13日、久しぶりにスーパー・ストロングマシンとして出場。09年9月にはスーパー・ストロング・マシンとして永田井上亘平澤と共に青義軍を結成。12月23日、ディファ有明でのノアの丸藤プロデュース興行のメインでスーパー・ストロング・マシンとして登場し、スーパー“S”マシン(杉浦)と組んで丸藤、青木組と対戦。13分28秒、“S”マシンの魔神風車固めで青木に勝利。10年10月にはキング・ファレと組んでG1タッグリーグ戦に出場したが、リーグ戦敗退。11年8月27日に日本武道館で行われた「ALL TOGETHER」でのバトルロイヤルを最後に長期欠場。13年3月3日、後楽園ホール大会で久しぶりに登場し、8人タッグ戦に出場した。14年4月2日の後楽園ホール大会での6人タッグ戦を最後に出場が途絶えた。 18年4月12日、新日本プロレスが公式ホームページで引退を発表。6月19日、後楽園ホール大会のメインで「スーパー・ストロング・マシン引退記念試合」として、スーパー・ストロング・マシン・エース、スーパー・ストロング・マシン・バッファロー、スーパー・ストロング・マシン・ジャスティス、スーパー・ストロング・マシン・ドン、スーパー・ストロング・マシン・No.69組対内藤EVILSANADABUSHI高橋ヒロム組との試合に、将軍KYワカマツと共にセコンドとして参戦。場外でラリアットを内藤に決めた。15分33秒、No.69が魔神風車固めでBUSHIに勝利。試合後に引退セレモニーを行なった。 19年4月10日、息子のストロングマシーン・Jがドラゴンゲートの後楽園ホール大会でデビューした。
―― ストロング・マシンという名前の由来についておもしろい説がありまして。マネージャーの若松さんが記者にマスクマンの名前を聞かれて。思わず言った言葉がそのまま名前になったという話ですが・・・。
マシン その通りです(笑)。名前は考えてもなかったし、つけようとも思ってなかったんです。謎のマスクマンでいいじゃねえかって思ってたんですね。でも囲みの会見があって俺はしゃべらなかったんですけど、名前を聞かれたんですね。困ってたらワカマツさんが「ストロングなマシンだ」って(笑)。そのときの「ストロングマシン」っていうのがすごい気に入って、「ワカマツさん、それにしましょう」って。ワカマツさんは名前のつもりで言ったんじゃないんだけど、それをもらいまして。
(週刊プロレスNo.1464 ストロング・マシンのインタビューより)
マシン デビューして5年目で、アントニオ猪木とメインイベントでシングルマッチ。自分の思うような試合ができた。こんな素晴らしいことはない。もう絶対にマスクは離せないです。あれが素顔だったら延髄斬り一発で終わっていたかもしれない。ビデオはまだそんなに普及してない時代だから、友達に生中継を見てもらって試合後、ホテルに帰って「どうだった!?」って(笑)。
― いくら“凱旋シリーズ”とはいえ、相手はアントニオ猪木ですからのまれてもおかしくありません。
マシン 遠慮しちゃう。それがまったくなかった。俺はお前のライバルだという感じです。自由気ままにやりたい放題できたのは、すごく不思議だった。カナダで自信はつけてましたけど、それだけが理由じゃない。マスクの魔力ですよ。
(週刊プロレス No.1697より)
ストロングマシン2〜4号の正体について
 その後、このマスクマンは増殖を繰り返し、マシン軍団を形成。その正体については諸説あるが、3人目のマシンとしてフィル・ラファイヤー(ダニー・クロファット)が1度だけ乱入したこともあった。
「増殖したのも俺が関知するところではないですね。若松さんが考えたのかどうかは知らないけど、パートナーがいなければマッチメーク上、シングルマッチしかできないですから。フィルはカルガリーで仲が良かったから、面倒を見てやりたかったんですよ。それで誘ったんだけど、あの時はたまたま体調を崩していてね。痩せすぎちゃって、とても戦力にならないから、あれだけで終わっちゃった。だから、何号でもない(笑)。正式メンバーは2号が韓国の力抜山、3号がヤス・フジイ、4号が何とかアティサノエという小錦(現在はタレントのKONISHIKI)の兄弟の長兄。猪木さんと戦ったアノアロ・アティサノエのお兄さんですよ。フジイさんがハワイに住んでいたというコネクションもあって、その人が4号になったんです。プロレスはあまりできなかったけど、ゴツいし、力は強いし、置いとくだけでもよかったから」
(Gスピリッツ Vol.29 ストロングマシンのインタビューより)
【新日】S・S・マシンが引退セレモニー 将軍KY若松も駆けつける
(東スポWeb 2018年6月20日より)
 1980年代から活躍したスーパー・ストロング・マシン(年齢不詳)が19日、新日本プロレスの後楽園ホール大会で引退セレモニーを行った。
 選手として引退試合のリングに上がることこそかなわなかったものの、引退記念として行われたマシン軍団とロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの10人タッグ戦にセコンドとして登場。さらに、なんとデビュー当時からマシン軍団を率いたマネジャーの将軍KY若松(76)も援軍に駆けつけた。
 チームのピンチに立ち上がったマシンは、場外で内藤哲也(35)に豪快なラリアートを発射しアシスト。最後はS・S・マシン69(田口隆祐)がBUSHIに魔神風車固めを決め、マシン軍団が勝利を収めた。
 その後の引退セレモニーでは若松、ヒロ斎藤、魔界2号、村上和成、柴田勝頼、井上亘、永田裕志、本隊の選手らから花束を贈呈された。
 マシンは「生涯現役でと思ってましたが、リングで受け身を取れるような状態ではなくなってしまいました。なぜ引退するのか。それはケジメです。今まで応援してくださったファンの皆さまに最後のごあいさつをしたいと思い、決断しました。こんなに多くのユニットに参加したのは、私ぐらいじゃないですかね。全部が楽しいユニットでした。プロレス人生に全く悔いはありません。やりきった、という感じです」とあいさつした。
 引退の10カウントゴングを聞くと、最後に「もう一人、大事な人に感謝の言葉を送りたい。1月25日、28年間連れ添った妻・マサミが天国に旅立ちました。天国の妻へ、感謝の言葉をささげたいと思います。マサミ!ありがとう!」と家族への言葉を残してリングを去った。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP