ダークロHP / レスラーノート

バリー・ウインダム
BARRY WINDHAM


1960年7月4日
テキサス州スィートウォーター出身
200p 120kg
タイトル歴:WWF世界タッグ NWA世界ヘビー
得意技:フライング・ネックブリーカー・ドロップ

高校時代はアマレスで活躍。父のブラックジャック・マリガン、叔父のディック・マードックのコーチを受け、77年1月にフロリダでデビュー。83年11月、全日本プロレスに初来日。帰国後、WWFに入り、85年1月、マイク・ロトンドとの「USエキスプレス」でWWF世界タッグ王座を獲得。3月31日、第1回レッスルマニアでニコリ・ボルコフアイアン・シーク組を相手にタッグ王座の防衛戦。シークの凶器攻撃を背後からくらって、ボルコフにバリーがフォール負け。タッグ王座から転落した。同年の12月ごろにWWFを離脱しフロリダで活躍。86年1月にロトンドと共に全日本プロレスに来日。全盛期での来日だったため、非常に動きが良かった。90年3月6日、日本武道館大会でジャンボ鶴田の三冠王座に挑戦。12分38秒、バックドロップホールドに敗れた。5月、WCWに入る。91年3月、新日本プロレスに登場。92年8月6日、新日本プロレスのNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントの1回戦で武藤敬司とシングルで対戦。ラリアット、片手でのブレーンバスター、DDTなど、体格差を活かしたダイナミックな動きで武藤を追いこんだが、10分17秒、ムーンサルトプレスに敗れた。93年2月21日、WCWでNWA王者のグレート・ムタに挑戦。序盤はムタのヘッドロックに苦戦するが、力強い攻撃でムタを圧倒。最後は25分8秒、ムーンサルトプレスをヒザを立てて防いでから、ラリアット、DDTを決めて勝利。第77代NWA世界ヘビー級王座を獲得した。96年後半からWWFにザ・ストーカーの名で登場。顔に迷彩のペイントをして迷彩服を着て試合をしていた。97年にブラッドショーとニュー・ブラックジャックスを結成。98年から99年にかけてWCWに登場。00年暮れの最強タッグ決定リーグ戦で全日本プロレスに出場。11年10月26日、フロリダ州の自宅で心臓発作を起こし、緊急入院。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP