ダークロHP / レスラーノート

新倉史裕

1957年8月23日
神奈川県横浜市出身
186cm 108kg
タイトル歴:インターナショナルタッグ(カルガリー版)
得意技:ジャーマンスープレックス カンガルーキック

高校時代は野球で活躍。卒業後にボディビルで身体を鍛え、80年に新日本プロレスに入門。81年1月10日、後楽園ホールの斎藤弘幸戦でデビュー。前座で活躍するが長州力のジャパンプロ旗揚げに参加し全日本プロレスのリングに上がる。86年には後輩の馳浩とともにプエルトリコに遠征。カナダではマスクをかぶってのベトコン・エクスプレスで活躍。新倉がベトコン・エクスプレス1号、馳が2号だった。10月3日、カルガリーで2号と組んでインターナショナル・タッグ王座を獲得。その後、体調を壊して現役を退いていたが、パイオニア戦志で復帰。 90年にSWSにフリー参戦。10月19日、SWSの横浜アリーナ大会でジェフ・ウイラーと対戦。8分44秒、三角絞めで勝利。11月22日、浜松アリーナ大会で大矢と対戦。11分24秒、変型キャメルクラッチで勝利。12月1日、SWSの道場大会で冬木と対戦。7分14秒、サムソンクラッチにフォール負け。12月6日、姫路市厚生会館大会でジュニアヘビー級トーナメントに参戦し、1回戦で仲野信市と対戦。10分26秒、首固めにフォール負け。12月15日、SWSの道場大会で片山明と対戦。6分32秒、地獄固めで勝利。12月22日、SWSの道場大会で冬木と対戦。7分12秒、首固めにフォール負け。 91年2月5日、熊本市体育館大会でドン荒川と対戦。5分50秒、首固めでフォール勝ち。2月22日、後楽園ホール大会で高野俊二と対戦。6分24秒、トップロープからのダブルニードロップに敗れた。4月1日、神戸ワールド記念ホール大会で藤原喜明と対戦。9分42秒、足絡み腕固めに敗れた。4月23日、上越リージョンプラザ大会で船木誠勝と対戦。7分56秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。5月22日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会でロチェスター・ロードブロックと対戦。7分27秒、アトミックドロップに敗れた。5月23日、後楽園ホール大会でアポロ菅原と対戦。9分29秒、首固めにフォール負け。7月8日、八戸市体育館大会でアポロ菅原と対戦。11分53秒、首固めでフォール勝ち。9月17日、富山市体育館大会でグレッグ・バレンタインと対戦。8分57秒、エルボードロップに敗れた。 92年1月4日、静岡産業館大会で片山と対戦。11分36秒、パワーボムで勝利。1月8日、大阪府立体育会館大会でバーザーカーと対戦。4分49秒、ゴリラプレスに敗れた。3月16日、秋田県立体育館大会で石川敬士と対戦。7分52秒、サソリ固めに敗れた。SWS解散後にNOWの旗揚げに参加したが、しばらくして首を故障。 93年3月15日に後楽園ホール大会で川畑を相手に引退試合。逆さ押さえ込みに敗れた。00年4月21日、小林邦昭の引退セレモニーに来賓として参加。01年10月7日、仲野信市の引退セレモニーに出席して花束を贈呈。03年、日本橋で創作系の割烹居酒屋を開店。04年9月、東京都渋谷区に居酒屋ダイニング「巨門星(こもんせい)」を開店。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP