ダークロHP / レスラーノート

テリー・ファンク
TERRY FUNK


本名:テレンス・ファンク
1944年6月30日
インディアナ州ハモンド出身
188cm 110kg
タイトル歴:NWA世界ヘビー インター・タッグ ECWヘビー WWF世界タッグ WCWハードコア
得意技:スピニングトーホールド ムーンサルトプレス テキサスクローバー・ホールド ローリング・クレイドル

通称テキサスブロンコ。ドリー・ファンク・シニアの次男。少年時代から兄のドリーと共にレスリングの英才教育を受ける。4歳でアマレスを始める。65年にプロレス入り。70年7月、日本プロレスに初来日。71年12月には 兄ドリーとの「ザ・ファンクス」で馬場猪木組を破りインター・タッグ王座を獲得した。72年10月、全日本プロレスの旗揚げシリーズに来日。73年7月、全日本プロレスにドリーとのコンビで登場。75年12月、ジャック・ブリスコを破り第51代NWA世界ヘビー級王者に輝く。77年のオープンタッグ選手権、79年と82年の世界最強タッグ決定リーグ戦に優勝。83年8月31日、全日マットで一度は引退したが、84年8月にカムバック。86年6月よりWWF入りし、H・ホーガンと抗争を展開した。93年5月、FMWに登場し大仁田とデスマッチで対決。12月、サブゥーを破り、ECWヘビー級王座を獲得。94年8月13日、ECWアリーナでのECWのビッグイベント「ハードコアヘブン」のメインでキャクタス・ジャックと対戦。試合中にパブリック・エネミーが乱入してテリーに暴行。キャクタスと共にパブリック・エネミーを撃退し、試合はノーコンテストで終了。試合後に観客をあおって、大量のイスがリングに投げ入れられ、パブリック・エネミーの2人は下敷きになった。95年5月3日、福岡ドーム大会で新日本プロレス初参戦。12月15日、カナダ・アルバータ州カルガリーのスタンピード・コレルで行われたカルガリーマット50周年の記念大会に出場し、ドリーと組んでブライアン・ピルマン、ブルース・ハート組と対戦。13分49秒、反則負けに終わった。97年4月13日、ECWの初のPPV「ベアリー・リーガル」で王座挑戦権を賭けてリチャーズ、サンドマンを相手に3WAYマッチで対戦。試合終盤にテリーがサンドマンの頭にゴミ缶をかぶせ、その状態でリチャーズがスーパーキック。ダウンするサンドマンにテリーがムーンサルトプレスを決めて勝利。直後のメインでレイヴェンのECW王座に挑戦。完全に圧倒されたが、トミー・ドリーマーが乱入してレイヴェンにDDTを決め、そのままフォールし、カウント2。最後はスモールパッケージホールドでフォール勝ち。ECW世界ヘビー級王座を獲得。6月6日、ECWの「レッスルパルーザ」でクリス・キャンディードを相手に防衛戦。横回転エビ固めでフォール勝ち。8月9日、ECWアリーナ大会でサブゥーを相手に有刺鉄線マッチで防衛戦を行い、敗れて王座転落。8月17日、ECWのPPV「ハードコアヘブン」のメインで王者のサブゥー、シェーン・ダグラスを相手に3WAYマッチで王座戦。サンドマンの乱入によってサブゥーが敗退し、最後はダグラスとの一騎打ちとなったが、フロントスープレックスをくらって敗れ、王座奪取に失敗した。12月、FMWに来日。12月19日、駒沢オリンピック公園体育館大会でババ・レイ・ダッドリー、サンドマンを相手に3WAYマッチで対戦。6分32秒、ババ・レイのババカッターをくらったサンドマンをテリーがフォールして勝利。ババ・レイと1対1の対戦となり、8分18秒、乱入したディーボンにババ・レイのイス攻撃が誤爆。その隙をついてテリーがフォール勝ち。12月22日、後楽園ホール大会でトミー・ドリーマーと組んでザ・グラジエーター、非道組、ダッドリー・ボーイズと3WAYダンス。7分59秒、3Dで非道がフォール負け。ダッドリーズとの対戦となり、13分59秒、ダブルのDDTでババ・レイにフォール勝ち。12月29日、WWFにチェーンソー・チャーリーの名で登場。ハードコアマッチで活躍。98年3月、キャクタス・ジャックとWWF世界タッグを一日だけ獲得。11月にECW復帰。00年1月、WCWに登場。4月にハードコア王者となる。01年1月28日、全日本のドーム大会で大仁田と組みブッチャーキマラと対戦。10月、東京ドーム大会で6年5カ月ぶりに新日本プロレスに登場。ファンクスで藤波西村組と対戦。05年6月10日、ECW「ハードコア・ホーム・カミング」のメインでサブゥー、シェーン・ダグラスと3WAYで対戦。乱入したミック・フォーリーのダブルアームDDTからテリーがダグラスをフォールしたが、最後はサブゥーのアラビアン・フェイスバスターに敗れた。10年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で長州蝶野中西と組んでブッチャー、矢野飯塚石井組と対戦。65歳とは思えぬ動きで宿敵のブッチャーと好勝負を展開。地獄突きの誤爆からブッチャーと飯塚が仲間割れ。テリーがアイアンフィンガーフロムヘルを飯塚から奪ってブッチャーに手渡し、ブッチャーが飯塚、矢野に地獄突き。さらにブッチャーが飯塚にエルボードロップを決め、最後は8分52秒、中西のアルゼンチンバックブリーカーで飯塚に勝利。試合後のバックステージで「プロレスは最高で、自分達はその中に閉じこめられているようだ。生まれた時からレスラーで、死ぬ時もレスラー。ここから抜け出せない。なんて素晴らしい世界なんだろう」と語った。11年1月29日、ロサンゼルスのホテル・エアポート・ヒルトンでのレッスル・リユニオン5でレジェンドバトルロイヤルに参戦。最後まで残り、ロディー・パイパーと1対1の対決となったが、オーバー・ザ・トップロープで敗れた(試合時間は35分54秒)。13年10月27日、全日本プロレスの両国国技館大会にドリーと共に来日。西村、組と対戦。20分時間切れ引き分け。14年12月11日、東京愚連隊の後楽園ホール大会に来日し、ミル・マスカラス船木誠勝と組んでNOSAWA論外藤原喜明カズ・ハヤシ組と対戦。15分40秒、マスカラスがダイビングボディアタックで論外に勝利。15年11月15日、両国国技館での天龍源一郎の引退興行に来場。スタン・ハンセンと共にリングに上がり、引退試合を終えた天龍に花束を渡した。16年8月25日の東京愚連隊の新宿FACE大会に出場予定だったが、腹壁ヘルニア手術のため来日中止となった。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP