ダークロHP / レスラーノート

高杉正彦

1955年6月17日
神奈川県平塚市出身
172〜175cm 90〜100kg
得意技:X固め フライング・クロスチョップ

高校時代は陸上で活躍。100メートル11秒5の記録を持つ。日本大学でアメフト部に1年在籍。アメフト部退部の後、横浜の金子武雄のジムに通った。「ジャパン・アクション・クラブ」で半年間スタントマンをしたこともあった。77年3月の国際プロレスの第2回新人公募に合格。5月に中退して国際プロレスに入門。グレート草津の付き人になる。9月4日、後楽園ホールのスネーク奄美戦でデビュー。6分36秒、逆エビ固めに敗れた。81年の国際プロレス崩壊をうけて単身メキシコに遠征。ローカル団体で活動を続ける。 82年7月2日、マスクマンのウルトラセブンに変身し、全日本プロレスに凱旋帰国。7月9日、熊本市水前寺体育館大会で大仁田厚のNWAインターナショナル・ジュニア王座に挑戦。サンダーファイヤーパワーボムに敗れた。ジュニア戦線でなんとか活躍。84年11月、冬木と共にメキシコ遠征。UWAに素顔で出場した。85年5月に帰国して素顔に戻り、ラッシャー木村、鶴見五郎剛竜馬アポロ菅原の「国際血盟軍」に加入。 86年3月、剛竜馬、アポロ菅原と共に全日本プロレスから解雇された。88年11月15日、剛竜馬、アポロ菅原と共にパイオニア戦志を設立、89年4月30日、パイオニア戦志の旗揚げ戦。90年12月にパイオニア戦志が崩壊。その後はインディーをわたり歩いた。鶴見五郎の興行に参加。鶴見と共にレスリングユニオンを設立するが、95年に活動停止。地元の平塚にボディビルジムを開設。IWA湘南を経て、96年に湘南プロレスを設立。その後はマスクマンのウルトラセブンとしてIWAジャパンに前座で出場。08年5月12日、後楽園ホールでの「昭和プロレス」で鶴見五郎と組んでザ・グレート・カブキDNA(ザ・グレート・サスケ)、グレート小鹿DNA(谷口裕一) と対戦。11分55秒、サスケのミサイルキックに鶴見がフォール負け。09年7月19日、IWAジャパンの新宿FACE大会でブラックセブン(板倉広)と対戦。5分38秒、リバース・スプラッシュで勝利。12年10月7日、頑固プロレスの西調布格闘技アリーナ大会で、長男の高杉祐希と組んで松崎和彦、ドラゴンユウキ組と対戦。15分54秒、松崎のジャンピングネックブリーカーに高杉祐希が敗れた。15年6月27日、湘南プロレスの横浜ラジアントホール大会で「デビュー40周年記念カウントダウンスペシャル」と銘打ち、大仁田厚、高杉祐希と組んで矢口壹琅、松崎和彦、バッファロー組と有刺鉄線ボードストリートファイトトルネード6人タッグデスマッチで対戦。3人がかりのパワーボムを決めて祐希がバッファローに勝利した。16年2月14日、BumB東京スポーツ文化館でのBumBプロレスフェスティバルでウルトラセブンとして登場し、ワイルドセブンと対戦。11分29秒、エックス固めで勝利。 18年2月16日、後楽園ホールでのプロレスリング・マスターズでウルトラセブンとして出場し、獅龍と組んでブラックタイガー75代目ブラックタイガー組と対戦。10分55秒、セブンがリバース・プレスで5代目ブラックタイガーに勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP