ダークロHP / レスラーノート

太陽ケア

本名:マウナケア・モスマン
1975年11月18日
ハワイ州ホノルル出身
185cm 106kg
タイトル歴:三冠ヘビー 世界ジュニア 世界タッグ
得意技:ハワイアンスマッシャー H5O(ハワイアン・ファイブ・アウト。リバース・ハワイアンスマッシャー。アルゼンチンで抱え上げ、旋回させて後頭部から叩きつける) 波乗りスープレックス TKO

高校時代はアマレス、フットボールで活躍。アマレスでは93年、94年にハワイ州王者になる。知人のキング・イヤウケアからPWF会長のL・ブレアースを紹介される。94年6月、ホノルル滞在中の馬場と面談して全日本プロレス入門。同年11月26日、津市体育館における志賀賢太郎戦でデビュー。前座戦線で確実に実力をつける。 97年8月22日、後楽園ホール大会で小川良成の世界ジュニア王座に挑戦。16分10秒、首固めで破り世界ジュニア・ヘビー級王座を獲得。 98年6月にベルトを返上しヘビー級に転向。8月には、試練の七番勝負に挑み3勝4敗の成績を残した。その後しばらく低迷。 00年夏、選手大量離脱後は、川田利明渕正信らと共に全日本プロレスの貴重な戦力として活躍。8月20日、ファン公募により本名から太陽ケアに改名。 01年1月には、ジョニー・スミスと組んで世界タッグ王座に就く。1月28日ドームの武藤との一騎打ちを経て、2月18日に両国で武藤が結成した超党派ユニットBATTの一員となる。年末の最強タッグ決定リーグ戦では武藤と組んで優勝。 02年の最強タッグ決定リーグ戦には小島聡と組んで参戦。12月6日、武道館大会のメインで大谷晋二郎田中将斗組と対戦。序盤でケアが膝を負傷し、試合にほとんど参加できなくなるハプニング。最後はローンバトルを強いられた小島がラリアットで田中に勝利し、世界最強タッグ決定リーグ戦に優勝した。この試合でケアは右膝の前十字じん帯を断裂し、長期欠場。 04年1月2日に復帰。TAKAみちのく率いる外国人軍団RO&Dに参加。7月10日、ノアの東京ドーム大会で武藤と組んで三沢、小川良成組のGHCタッグ王座に挑戦。21分46秒、三沢の変型エメラルドフロウジョンにケアが敗れた。 05年1月16日、ジャマールと組んで棚橋弘至吉江豊の世界タッグ王座に挑戦。27分16秒、ジャマールのフライングソーセージで吉江に勝利し、世界タッグ王座を獲得。 06年4月にチャンピオンカーニバルに出場。諏訪魔には敗れたが、Aブロック2位で予選通過。20日の代々木第2体育館での決勝トーナメント1回戦で鈴木みのると対戦。逆十字固めを鈴木がエスケープしようとした寸前に丸め込んで勝利して、決勝進出。同日の決勝戦では諏訪魔と対戦。12分すぎに河津落とし。最後は波乗りスープレックス、H5Oと大技を連発して勝利。チャンピオンカーニバル初優勝となった。7月3日、大田区体育館大会で三冠王者の小島と対戦。19分56秒、H5Oで勝利して三冠王座を獲得した。8月27日、両国国技館大会で川田利明を相手に防衛戦。24分51秒、パワーボムで勝利して初防衛に成功した。試合後、マイクを握った川田は「ケア、王道がどうのこうのって言ってるけど、王道を語れるのは馬場さんだけだ。オレと一緒で、おまえなりの王道をこのリングで刻んでいけ。頼んだぞ」と語りかけると、ケアも「川田さん、今日の試合、本当にありがとうございました。オレは、頑張ります。オレが、王道だ!ありがとう!」と応えた。9月3日、札幌STVスピカ大会で、鈴木みのるとタイトル戦。34分52秒、裸絞めによるレフェリーストップで敗れて王座転落。 07年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で、IWGP王者の棚橋と対戦。キックや波乗りスープレックスなどで圧倒したが、17分9秒、最後はだるま式原爆固め、ドラゴンスープレックス、ハイフライフロー(フライングボディプレス)をくらって敗れた。2月17日、両国国技館大会で川田と組んで諏訪魔、RO’Z組を相手に世界タッグ王座決定戦。22分31秒、ケアのRO’Zへの横入り式エビ固めで勝利して世界タッグ王座を獲得。7月29日、金沢大会で小島のイス攻撃によって上アゴ骨折の重傷を負う。8月26日、両国国技館大会で小島、TARU組を相手に防衛戦。ケガのためフェイスガードを装着していたが、序盤で小島に取られてしまう。小島のラリアット、雪崩式コジコジカッター、顔面にイスを乗せられてのTARUのギロチンドロップの連続攻撃を浴びて、24分37秒、最後は小島のラリアットにケアが敗れた。 08年4月にチャンピオンカーニバルに参戦。5日の初戦で武藤と対戦。トップロープに両足をかけられてから首へのドラゴンスクリューという荒技を受け、16分4秒、最後はシャイニングウィザードに敗れた。6日の第2戦で棚橋と対戦。20分53秒、スリングブレイドからのハイフライフロー2連発に敗れた。4月7日、川田利明と対戦。痛めた首を集中攻撃されて、13分35秒、最後はダイビングニードロップに敗れ、リーグ戦敗退が決定。4月8日、小島聡と対戦。14分53秒、ラリアットに敗れ、チャンピオンカーニバルは4戦全敗となった。試合後、TARUが現れ「チャンピオン・カーニバルなんざ、元ライオンマークをつけてたやつらばっかりや。おまえは生え抜きの全日本選手。強いのはわかってるで。オレの元に来て、武藤とジョーの世界タッグに挑戦せんか」とケアをブードゥー・マーダーズに勧誘。4月20日、後楽園ホール大会で6人タッグマッチに登場。10分42秒、TKO34thでブードゥーマスクにフォール勝ち。試合後に武藤からの握手、TARUからの握手は無視して、リングに上がった鈴木みのると握手。みのる、東京愚連隊とチーム「GURENTAI」を結成した。5月11日、後楽園ホール大会でみのると組んでIWGP王者の武藤、三冠王者の諏訪魔組と対戦。20分35秒、TKO34thで武藤からフォール勝ち。5月25日、神戸サンボーホール大会でみのると組んで佐々木健介中嶋組と対戦。19分13秒、TKO34thで中嶋に勝利。試合後に「勝ちましたね。次は誰?世界タッグチャンピオン、ジョー、ムトー!」とマイクアピール。6月28日、大阪府立体育会館大会で世界タッグ王者の武藤、ジョー・ドーリング組に挑戦。21分4秒、TKO34thでドーリングにフォール勝ちし、世界タッグ王座を獲得。8月3日、石川県産業展示館大会で諏訪魔、西村組を相手にタッグ王座の防衛戦。試合終盤に顔面蹴りで諏訪魔の動きを止め、みのるが裸絞めで捕獲。西村にはTKO34thを決め、最後は28分16秒、フロント・ネックロックで西村にレフリーストップ勝ち。試合後に諏訪魔の三冠王座への挑戦を表明。8月31日、両国国技館大会で諏訪魔と対戦。60分時間切れの引き分け。両者とも序盤から引き分け前提のようなじっくりとした動きのない試合運びを見せ、お互いの必殺技を返し続けた結果、盛り上がりに欠けた試合となった。10月11日、後楽園ホール大会で天山、小島組を相手にタッグ王座の防衛戦。32分17秒、ケアのTKO34thで小島にフォール勝ち。08年度のプロレス大賞で鈴木みのると共に最優秀タッグチーム賞を受賞した。 09年3月14日、両国国技館大会で諏訪魔、近藤組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分21秒、みのるのゴッチ式パイルドライバーからケアがTKO、TKO34thとたたみかけて近藤にフォール勝ち。4月からチャンピオンカーニバルに参戦し、2勝2敗1分けでリーグ戦敗退。5月17日、後楽園ホール大会でゾディアックと対戦。9分8秒、TKO34thで勝利。7月5日、石川県産業展示館3号館大会で武藤、河野組を相手に防衛戦。シリーズ開幕戦で河野に痛めつけられた左腕をこの日も攻撃され続けたが、26分48秒、みのるがゴッチ式パイルドライバーで河野にフォール勝ち。この試合後、左月状骨の背側脱臼および手根間靭帯断裂が判明し、次期シリーズを欠場。7月13日にハワイで手術し、長期欠場。11月20日、全日本プロレスの台湾遠征での台北・国立台湾大学総合体育館大会で復帰戦。河野と対戦し、負傷箇所を攻められて7分23秒、羽根折り固めにTKO負け。11月20日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦では鈴木みのると組んで参戦。5勝3敗で勝ち点10で3位となり、優勝を逃した。 10年1月3日、後楽園ホール大会で武藤、船木組を相手にタッグ王座の防衛戦。26分50秒、船木のクロス・ヒールホールドにケアが敗れて王座転落。3月27日、サイパン大会でTARUと対戦。試合前に、ハワイ出身だとアナウンスされて大歓声を受け、8分41秒、TKOで勝利。4月にチャンピオンカーニバルに参戦。4月3日、開幕戦の久喜市総合体育館大会のメインで船木と対戦。パワーボムで持ち上げられた瞬間に三角絞めを決められ、14分40秒、必死に逃れようとしたが足も固められてレフリーストップ負け。4月4日、後楽園ホール大会でKIYOSHIと対戦。15分2秒、H50で勝利。4月7日、福島市国体記念体育館大会でレネ・デュプリと対戦。10分15秒、横入り式エビ固めに敗れた。4月10日、長浜市民体育館大会で諏訪魔と対戦。22分56秒、ラストライドに敗れた。1勝3敗でリーグ戦敗退。4月11日にGURENTAIが活動停止。4月29日、後楽園ホール大会で5月シリーズをもっての退団を表明した小島と対戦。必殺のラリアットをカウント2で返し、2発目のラリアットをかわしてTKO34thを決め、最後は17分14秒、H5Oでフォール勝ち。5月に鈴木みのる、船木、とチームを結成。7月2日、後楽園ホール大会でランス・ケイドと対戦。6分26秒、ラリアットに敗れた。7月4日、大阪府立体育会館大会で曙と組んで諏訪魔、組を相手に世界タッグ王座の決定戦。20分36秒、曙がトップロープからのダイビングボディプレスで浜に勝利。世界タッグ王座を獲得した。9月20日、後楽園ホール大会でKENSO、レネ組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分43秒、合体技のボルケーノスプラッシュで曙がレネにフォール勝ち。10月24日、横浜文化体育館大会でビッグ・ダディ・ブードゥー、チャーリー・ハース組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分32秒、曙がトップロープからのダイビングボディプレスでビッグ・ダディにフォール勝ち。11月、世界最強タッグ決定リーグ戦に曙と組んで参戦したが、リーグ戦敗退。 11年1月3日、後楽園ホール大会でKENSO、KONO組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分20秒、曙がトップロープからのダイビングボディプレスでKENSOに勝利。1月10日、浜北総合体育館大会で諏訪魔の三冠王座に挑戦。35分49秒、ラストライドに敗れた。2月6日、後楽園ホール大会でKONO、ドーリング組を相手に防衛戦。18分42秒、KONOの三角絞めにケアがレフリーストップ負けとなり、王座転落。3月6日、全日本プロレスの後楽園ホール大会で大森隆男と組んで世界タッグ王者のKONO、ドーリング組とノンタイトルマッチで対戦。特別レフリーのTARUの介入によって苦戦を強いられるが、大森のダブルのアックスボンバーでTARUとドーリングをKO。最後は13分16秒、ケアがTKO34thでKONOに勝利。3月21日、両国国技館大会で大森と組んで、ドーリング、KONO組の世界タッグ王座に挑戦。21分15秒、ドーリングのレボリューションボムに大森が敗れた。4月8日からチャンピオンカーニバルに参戦(後楽園ホールでの全5戦)。第1戦で11年ぶりに参戦したノアの秋山準と対戦し、30分時間切れ引き分け。9日の第2戦では鈴木みのると対戦し、24分33秒、H5Oで勝利。10日の第3戦はKENSOに不戦勝。12日の第4戦では真田聖也と対戦し、18分37秒、ジャーマンスープレックスからのエビ固めにフォール負け。13日の最終戦ではジョー・ドーリングと対戦し、8分44秒、レボリューションボムに敗れた。2勝2敗1引き分けでリーグ戦を終えた。5月29日、神戸サンボーホール大会で真田と対戦。11分27秒、回転足折固めにフォール負け。6月12日、後楽園ホール大会で、大森と組んで世界タッグ王座決定戦進出を賭けて曙、浜組と対戦。14分21秒、曙のボディプレスにケアが敗れた。7月21日、栃木県総合文化センター大会でKENSOと対戦。11分2秒、波乗り落としで勝利。11月10日、後楽園ホールでの天龍のデビュー35周年記念興行に出場。メインで佐々木健介、小島と組んで天龍、鈴木みのる、諏訪魔組と対戦。29分42秒、佐々木健介がブレーンバスターで天龍に勝利。11月19日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦に渕正信と組んで出場。11月27日、ノアの有明コロシアム大会で秋山準の三冠王座に挑戦。23分8秒、スタンディング・フロントネックロックに敗れた。タッグリーグ戦は3勝5敗1引き分けに終わった。 12年1月7日、KBSホール大会で大森隆男と対戦。7秒、アックスボンバーに敗れた。4月21日からチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で曙と対戦。7分7秒、TKOで勝利。4月23日、イコス上尾大会で征矢匠と対戦。10分31秒、TKOで勝利。4月29日、ふくやま産業交流館ビッグローズ大会で岡林裕二と対戦。30分時間切れ引き分け。5月2日、ハイブ長岡大会のメインで真田と対戦。14分42秒、THIS IS IT(胴締めドラゴンスリーパー)に敗れた。5月6日、高岡エクール大会で征矢学と対戦。14分4秒、TKOで勝利。この結果、Bブロックを2位で突破。5月7日、後楽園ホール大会での準決勝で永田裕志と対戦。11分51秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。同日の決勝で諏訪魔と対戦。リーグ戦で痛めていた諏訪魔の首を集中攻撃。タイガードライバー91で会場をどよめかせ、波乗りスープレックス、バックドロップを決めて、最後は22分33秒、TKOで勝利。試合後に「次、秋山、カミングフォーユー!」と三冠奪取をアピールした。5月18日、西海市大瀬戸総合運動公園体育館大会で河野と対戦。8分50秒、TKOで勝利。5月27日、後楽園ホール大会で大森と対戦。14分8秒、タイガードライバー91からのTKOで勝利。6月17日、後楽園ホール大会で諏訪魔と組んで秋山、潮崎組と対戦。28分21秒、ケアがタイガードライバー91からのTKOで秋山に勝利。7月1日、両国国技館での新日本プロレスと全日本プロレスの創立40周年記念大会で秋山の三冠王座に挑戦。タイガードライバー91をカウント2で返され、TKOを狙って担いだところをかわされてフロントネックロックで締めつけられ、動きの止まったところにランニングニーバットをくらい、最後は23分26秒、スターネスダストに敗れた。9月23日、横浜文化体育館大会で真田と組んで武藤、ケビン・ナッシュ組と対戦。15分30秒、武藤のシャイニングウィザード、ナッシュのジャックナイフ・パワーボムをくらって真田が敗れた。11月17日から世界最強タッグ決定リーグ戦に真田と組んで参戦。1勝2敗1引き分けに終わった。11月30日の大会終了後、ハワイでビジネススクールに通うために長期休養することを表明。12月9日、ノアの両国国技館大会で曙、ハヤシと組んで秋山、小川、青木組と対戦。15分50秒、曙が無双で青木に勝利。 13年1月2日、後楽園ホール大会で壮行試合。鈴木みのる、MAZADAと組んで武藤、ハヤシ、渕組と対戦。12分8秒、渕の首固めにMAZADAが敗れた。同日のメインのバトルロイヤルに出場。7分57秒、TKOで真田に勝利して優勝した。その後はハワイに帰国。6月30日、全日本プロレス分裂直前の両国国技館大会に急遽来日。大森と組んでドーリング、中之上組と対戦。10分8秒、大森がアックスボンバーで中之上に勝利。この大会を最後に武藤派が全日本プロレスを離脱。全日本プロレスが分裂した。 14年3月2日、W−1の両国国技館大会に登場。武藤、ロブ・テリーと組んでサモア・ジョー、デュプリ、河野組と対戦。13分34秒、武藤がシャイニングウィザードでデュプリに勝利。11月15日から始まったW−1の初代タッグ王者決定リーグ戦に中之上と組んで参戦。リーグ戦を1勝3敗で終えた。 15年11月15日、両国国技館での天龍の引退興行で相島と組んで越中組と対戦。9分54秒、越中のダイビングヒップアタックから嵐のパワーボムに相島が敗れた。 16年3月1日、曙の設立した団体「王道」の記者会見で、王道の所属選手として参加することが発表された。4月20日、後楽園ホールでの王道の旗揚げ戦のメインで曙、浜と組んで田中将斗、関本、岡林組と対戦。16分28秒、曙がヨコヅナファイナルインパクトで田中に勝利。 17年11月19日から始まった全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦にドーリングと組んで参戦。リーグ戦は5勝4敗に終わった。 18年8月21日、後楽園ホールでのプロレスリング・マスターズで馳浩人生、大谷と組んで越中、AKIRA青柳政司齋藤彰俊組と対戦。21分9秒、セコンドの武藤のシャイニングウィザードのサポートを受けて馳がノーザンライトスープレックスでAKIRAに勝利。8月25日、DDTの後楽園ホール大会で入江茂弘と組んで樋口、本多組と対戦。12分47秒、入江がビーストボンバーで本多に勝利。8月31日、後楽園ホールで行われた高山善廣の支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE」のメインでTAKAみちのく、近藤と組んで鈴木みのる、論外、MAZADA組と対戦。20分51秒、鈴木のゴッチ式パイルドライバーにTAKAが敗れた。9月1日、両国国技館で行われた丸藤正道のデビュー20周年記念大会で中嶋、北宮と組んで潮崎、清宮KAZMA組と対戦。11分33秒、北宮がサイトースープレックスでKAZMAに勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP