ダークロHP / レスラーノート

スティーブ・ウイリアムス
STEVE WILLIAMS


1960年5月14日
コロラド州レイクウッド出身
188cm 123kg
タイトル歴:三冠ヘビー 世界タッグ(全日本プロレス) NWA世界タッグ UWFヘビー(ハーブ・エイブラムズ主宰のUWF) UWF・TV NWA&WCW世界タッグ ミッドサウス・タッグ
得意技:デンジャラス・バックドロップ ドクターボム オクラホマ・スタンピート

通称「ドクター・デス(殺人医師)」。オクラホマ大学時代には、4年連続大学選手権制覇やオールアメリカンに選抜されるなど、アマレスの世界で無敵を誇る。フットボールでも大活躍した。大学卒業後はプロフットボールリーグUSFLのニュージャージー・ゼネラルズやデンバー・ゴールズなどに在籍。82年に大学の先輩であるビル・ワットにスカウトされてプロレス入り。ワットが代表を務めているMSWA(86年5月からUWFに改称)地区で頭角を現し、85年5月3日、テッド・デビアスと組んでミッドサウス・タッグ王座を獲得。同年12月26日にも同タッグ王座をデビアスと獲得。デビアスと組んで、テリー・ゴディ率いるフリーバーズと抗争を展開した。85年12月には、ダラスのテキサススタジアムで猪木と対戦している。猪木の対戦相手を探していたプロモーターのフリッツ・フォン・エリックがビル・ワットに相談し、ワットが推薦したのがウイリアムスだった。86年7月、新日本プロレスに初来日。87年10月25日、両国国技館大会で猪木のIWGP王座に挑戦。11分47秒、リングアウト負け。その後、NWA地区でマイク・ロトンドとバーシティ・クラブを結成し、89年4月にロード・ウォリアーズを破りNWA世界タッグ王座を獲得。90年2月10日、東京ドーム大会でサルマン・ハシミコフと対戦。9分、オクラホマ・スタンピードで勝利。同月、全日本プロレスに登場。全日本プロレスではテリー・ゴディとタッグを結成し、「殺人魚雷コンビ」として活躍した。3月にテリー・ゴディとのコンビで全日本プロレスの世界タッグ王座を獲得。最強タッグ決定リーグ戦では91年、92年に2回優勝。92年7月5日にゴディと組んでスタイナー・ブラザーズ(リック・スタイナースコット・スタイナー)を破りWCW世界タッグ王座を獲得。7月12日にバリー・ウインダムダスティン・ローデス組を破りNWA世界タッグ王座を獲得。NWA、WCWの両タッグ王座を統一した。ゴディがWCWを離脱した後は、WCWではスティーブ・オースチンがパートナーとなった。オースチンの本名はスティーブ・ウイリアムスなので、同姓同名のタッグチームだった。93年8月31日、豊橋市総合体育館大会で小橋を相手に三冠王座挑戦者決定戦。27分19秒、バックドロップドライバーとも呼ばれる超急角度のバックドロップを決め、カウント2で返された直後にさらにバックドロップ。27分19秒、もはや自力で立てない相手にバックドロップホールドを決めて勝利した。9月3日、日本武道館大会のメインで三沢の三冠王座に挑戦。23分6秒、タイガードライバーに敗れた。94年3月19日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。4月15日、後楽園ホール大会で小橋と対戦。22分10秒、バックドロップホールドで勝利。リーグ戦を勝ち点19の1位で終了。4月16日、日本武道館大会で同点の川田と優勝決定戦。25分48秒、パワーボム3連発に敗れた。7月22日、清水市営体育館大会でエースと組んで三沢、小橋組の世界タッグ王座に挑戦。27分48秒、三沢のダイビング・ネックブリーカードロップにエースが敗れた。7月28日、日本武道館大会で三沢の三冠王座に挑戦。27分39秒、それまで7連続防衛を記録していた三沢に衝撃的なバックドロップで勝利。三冠王座を獲得した。9月3日、日本武道館大会で小橋を相手に防衛戦。41分23秒、バックドロップホールドで勝利。10月22日、日本武道館大会で川田を相手に防衛戦。37分58秒、ジャンピングハイキックに敗れて王座転落。95年1月7日、大分県立荷揚町体育館大会で小橋と対戦。30分時間切れ引き分け。3月4日、日本武道館大会でエースと組んで三沢、小橋組の世界タッグ王座に挑戦。36分7秒、小橋のダイビングギロチンドロップにエースが敗れた。96年、チャンピオンカーニバルに参戦し、勝ち点17点でリーグ戦を同点1位で終了。4月20日、日本武道館大会での優勝決定戦で田上明と対戦。21分41秒、のど輪落としに敗れた。6月7日、日本武道館大会でエースと組んで三沢、秋山組の世界タッグ王座に挑戦。30分9秒、秋山のエクスプロイダーにエースが敗れた。9月5日、日本武道館大会でエースと組んで三沢、秋山組の世界タッグ王座に挑戦。28分47秒、エースがコブラクラッチスープレックスで秋山に勝利。世界タッグ王座を獲得した。10月12日、愛知県体育館大会で小橋、パトリオット組を相手にタッグ王座の防衛戦。32分33秒、ウイリアムスがタイガースープレックスでパトリオットに勝利。97年1月17日、松本市総合体育館大会で川田、田上組を相手にタッグ王座の防衛戦。26分12秒、田上ののど輪落としにエースが敗れて王座転落。3月1日、日本武道館大会で三沢の三冠王座に挑戦。序盤でバックドロップと投げっぱなしジャーマンで観客を沸かせたが、27分52秒、タイガードライバーに敗れた。7月25日、日本武道館大会でオブライトと組んで小橋、エース組の世界タッグ王座に挑戦。29分36秒、合体雪崩式パワーボムを決めてウイリアムスが小橋にフォール勝ち。世界タッグ王座を獲得した。8月26日、札幌中島体育センター別館大会で三沢、秋山組を相手にタッグ王座の防衛戦。8分42秒、オブライトがフルネルソンスープレックスで秋山に勝利。10月4日、愛知県体育館大会で小橋、エース組を相手にタッグ王座の防衛戦。22分38秒、小橋のラリアットにオブライトが敗れて世界タッグ王座から転落した。10月11日、福岡国際センター大会で三沢の三冠王座に挑戦。24分21秒、タイガードライバーに敗れた。98年2月28日、日本武道館大会でオブライトと組んで川田、田上組の世界タッグ王座に挑戦。11分10秒、川田の延髄斬りにオブライトが敗れた。同年からWWFに登場した。99年5月に全日本プロレスに復帰。00年2月17日、北海道立総合体育センター大会で小橋と対戦。24分37秒、ラリアットに敗れた。2月20日、神戸ワールド記念ホール大会でベイダーと組んで小橋、秋山組の世界タッグ王座に挑戦。25分14秒、ベイダーがチョークスラムで小橋に勝利。世界タッグ王座を獲得した。10月の新日本プロレス東京ドーム大会ではバックドロップ3連発の末にスコット・ノートンに勝利。年末の世界最強タッグ決定リーグ戦ではマイク・ロトンドとのコンビで優勝した。01年7月14日、日本武道館大会で三冠王者の武藤敬司に挑戦。18分52秒、シャイニングウィザードで敗れた。その後は02年2月にロサンゼルス州の自宅近くで日焼けサロン「ドクター・デス・マウイ・タン」をオープン。03年6月に日本人女性と再婚。日本で好きだった酒はサッポロビール。03年7月20日、WJプロレスの両国国技館大会での「WJ最強決定トーナメント」に出場。1回戦で越中詩郎と対戦。9分27秒、ドクターボムで勝利。準決勝で佐々木健介と対戦。12分17秒、フルネルソン監獄固めに敗れた。その後はIWAジャパンに登場。04年3月14日、K-1の新潟大会でアレクセイ・イグナショフとK-1の総合ルールで対戦。1R0分22秒、ひざ蹴りでKO負けした。IWAジャパンでも12日大阪、13日岐阜、15日千葉、16日八王子、17日後楽園ホールの大会に出場し、強行日程だった。その後は喉頭ガンのため7月4日に手術を行いセミリタイア。05年8月、ペンシルベニア州バレーフォージでの「レッスルリユニオン」で復帰戦を行い、キング・カルアに勝利。スタンディング・オベーションでファンから祝福を受けた。WWEのファーム団体OVWとDSWで月に1週間ずつ若手をコーチして活躍。09年7月19日、IWAジャパンの新宿FACE大会でヘルアント・マシン2号と対戦。3分28秒、オクラホマスタンピートで勝利。10月25日のIWAジャパン新宿FACE大会で引退試合が予定されていたが、ガンの再発が発見されてしまい、10月8日にIWAジャパンから引退試合の延期が発表された。12月29日、コロラド州デンバーのセントアンソニー・セントラル病院で咽頭ガンのため死去。享年49。

 グーグル検索 レスラーノート検索


◆YOUTUBE 動画・・・・・・・・・・・・

ダークロHP