ダークロHP / レスラーノート

スコット・ノートン
SCOTT NORTON


1961年6月15日
ミネソタ州ミネアポリス出身
188〜190cm 150〜160kg
タイトル歴:IWGPヘビー IWGPタッグ PNWヘビー
得意技:パワーボム パワースラム

少年時代からアームレスリング(腕相撲)に熱中し、全米選手権で3度優勝。87年の世界選手権で優勝し、映画「オーバー・ザ・トップ」に出演。高校時代の同級生であるホーク・ウォリアーの勧めでプロレス入りを決意し、B・レイガンズの指導を受け、89年秋にAWAマットでデビュー。90年5月、オレゴンのパシフィックノースウェスト地区でPNWヘビー級王座を獲得。12月、新日本プロレスに初来日。一躍、トップ外国人選手の一人となる。91年2月5日、札幌中島体育センター別館大会でビガロと組んで長州マサ斎藤組と対戦。ノートンのラリアットがビガロに誤爆し、8分21秒、斉藤のバックドロップにビガロが敗れた。試合後に仲間割れの乱闘を展開。2月6日、札幌中島体育センター別館大会でビガロと対戦。両者流血のケンカマッチを展開し、3分41秒、反則勝ち。2月8日、京都府立体育館大会でビガロと再戦。6分1秒、パワースラムで勝利。4月30日、両国国技館大会で武藤と対戦。9分4秒、パワースラムで圧勝。5月31日、大阪城ホール大会でベイダーと対戦。10分18秒、場外でラリアットを決めてリングアウト勝ち。試合後も大乱闘を展開した。6月12日、日本武道館大会でベイダーと対戦。12分46秒、ボディプレスに敗れた。8月、第1回G1クライマックスに出場。8月7日、愛知県体育館大会で武藤と対戦。14分59秒、パワースラムで勝利。8月9日、両国国技館大会でベイダーと対戦。10分53秒、リングアウト負け。8月10日、両国国技館大会で藤波と対戦。7分56秒、両者リングアウト。1勝1敗1引き分けでリーグ戦に敗退した。9月20日、大阪府立体育会館大会で日米対抗スーパースターズ・トーナメントに参戦。1回戦で長州力と対戦。5分41秒、ラリアット2連発で勝利。9月21日、後楽園ホール大会での2回戦で天山広吉と対戦。4分59秒、パワースラムで勝利。この試合で左肩を脱臼したため、準決勝は不戦敗となった。9月23日、横浜アリーナ大会でベイダーと対戦。12分37秒、パワースラムで勝利。10月13日、幕張メッセ大会でタイガー・ジェット・シンと対戦。大流血させられたが、6分58秒、アバランシュ・ホールドで勝利。 92年1月4日、東京ドーム大会でトニー・ホームと対戦。9分41秒、ダイビングラリアットに敗れた。11月、トニー・ホームと組み第20代IWGPタッグ王座に君臨。 93年8月にはH・ヘルナンデスとのコンビで第22代同王者となる。 94年1月4日、東京ドーム大会でホーク・ウォリアー、パワー・ウォリアー組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分47秒、パワー・ウォリアーの逆一本背負いにヘルナンデスが敗れてタッグ王座から転落した。 95年1月4日、東京ドーム大会でホーク・ウォリアーと対戦。7分41秒、ダイビングラリアットに敗れた。 96年10月13日から始まったSGタッグリーグ戦に橋本と組んで参戦し、優勝。同年よりWCWに進出し、12月よりNWO軍入り。 98年2月15日、日本武道館大会のメインで佐々木健介と対戦。9分59秒、パワーボムで勝利。9月23日、横浜アリーナ大会で永田裕志を破り、IWGPヘビー級王座を獲得。 99年1月4日、東京ドーム大会のメインで武藤を相手に防衛戦。19分1秒、足4の字固めに敗れて王座転落。9月には武藤と組みG1タッグ・リーグ戦に優勝。 00年1月4日、東京ドーム大会でドン・フライと対戦。8分59秒、パワーボムで勝利。2月にT2000の一員となる。 01年3月17日、名古屋大会で佐々木健介を破りIWGPヘビー級王者に返り咲く。4月9日、大阪ドームでの藤田と対戦し、6分43秒、スリーパー・ホールドで敗れて王座転落。 03年3月23日、高山善廣のNWF王座に挑戦。15分37秒、ひざ蹴りに敗れた。7月21日、月寒グリーンドーム大会で「新日最強外国人決定戦」としてジョシュ・バーネットと異種格闘技戦で対戦。序盤はパンチの連打や投げっぱなしパワーボムで圧倒したが、徐々にスタミナ切れ。8分5秒、フロントネックチャンスリードロップからのフロントスリーパーに敗れた。 05年6月4日、新日本プロレスのイタリア遠征で、天山広吉のIWGP王座に挑戦。12分29秒、ムーンサルトプレスに敗れた。 06年3月で通算100回目の来日となった。3月19日、両国国技館大会でジャイアント・バーナードと対戦。13分30秒、ラリアットに敗れた。12月3日の後楽園ホールでの「UWAI STATION」で健心、泉州力の2人と対戦。3分20秒、パワーボムで勝利した。12月30日、「UWAI STATION2」ではハワイアン・ライオンと組んで高山、鈴木みのる組と対戦。18分55秒、ハワイアン・ライオンが鈴木のゴッチ式パイルドライバーに敗れた。 07年6月、ハッスルに来日。6月17日、さいたまスーパーアリーナでの「ハッスルエイド」では坂田亘と対戦。11分26秒、スーパーキックで敗れた。 08年10月24日、両国国技館でのプロレスエキスポに来日。メインで蝶野と組んで高山、ドン・フライ組と対戦。オーバーウェイト気味の体だったが、パワースラムなどを決めた。16分、蝶野がシャイニング・ケンカキックでフライにフォール勝ち。25日の午後の部ではドン・フライ、ディック東郷と組んで、蝶野、エリック・ヤング、佐藤耕平組と対戦。強烈なチョップやブレーンバスターなど、衰えぬパワー殺法を見せて活躍。14分18秒、フライがパンチの連打でエリック・ヤングにフォール勝ち。 12年10月7日から10月21日まで、全日本プロレスに久しぶりの来日。 17年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で14人参加のニュージャパンランボー(時間差バトルロイヤル)に出場。1月5日、後楽園ホール大会でヒロ斉藤、天山、小島、チーズバーガーと組んでケニー・オメガファレタマ・トンガタンガ・ロアボーン・ソルジャー組と対戦。9分57秒、小島がラリアットでボーン・ソルジャーに勝利。7月24日、後楽園ホールでのINOKI「ISM」に来日し、佐藤光留と組んで鈴木秀樹、松本崇寿組と対戦。10分8秒、ノートンがパワーボムで松本に勝利。10月21日、INOKI「ISM」の両国国技館大会のメインでピーター・アーツと対戦。5分21秒、逆エビ固めで勝利。 19年8月30日、プロレスリング・マスターズの後楽園ホール大会で蝶野をセコンドに天山、小島、ヒロ斉藤と組んで越中AKIRA青柳政司齋藤彰俊(セコンドはカブキ)組と対戦。11分6秒、青柳の横入り式エビ固めに斉藤がフォール負け。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP