ダークロHP / レスラーノート

サブゥー
SABU


本名:テリー・ブルンク
1963年12月12日
ミシガン州デトロイト出身
185cm 103kg
タイトル歴:ECWヘビー ECWタッグ ECWTV IWGPジュニア マーシャルアーツタッグ UWA世界ジュニアライト EWAヨーロッパ・ジュニア WWLエクストリーム
得意技:アラビアンプレス トペ・コンヒーロ エア・サブゥー(コーナーに寄りかかっている相手に、椅子を踏み台にして放つレッグ・アタック)

椅子や机を使ってのファイト、わざと自爆する自虐パフォーマンス、天井を指差すポーズが特徴。アラビアの怪人、ザ・シークの甥。高校でアマレスを始める。19才の時、顔を銃で撃たれて4日間入院。自宅療養中にシークの家に住み込みでトレーニングを始める。 84年ごろデビュー。レスラー生活6年目にシークから「サブゥー」のリングネームを与えられた。1940年代の映画「ジャングルブック」で主役を演じた俳優の名前からとった。シークはこの映画が好きで、長男にサブゥーと名づけたかったが夫人に反対されたため、しかたなく愛犬にサブゥーと名づけた過去があった。 91年11月にFMWマットで行われた世界最強総合格闘技タッグリーグ戦に、ザ・シークのパートナーとして来日。11月20日の大阪府立体育館大会での開幕戦はホーレス・ボウダー、マーク・スター組と対戦し、1分12秒、トップロープの反動を利用したムーンサルトプレスで鮮やかにスターにフォール勝ち。12月7日の沼津市民体育館大会ではターザン後藤と対戦し、流血戦の末、4分12秒にラリアットに敗れた。 92年5月、愛知県豊田市でホーレス・ボウダーとタッグを組み大仁田、ターザン後藤組を破り世界マーシャルアーツタッグ王座を奪取。 93年10月、フィラデルフィアでシェーン・ダグラスからECW世界ヘビー級王座を奪取すると、翌月同所でテリー・ファンクからECW・TV王座を奪取し、2冠王となる。 94年7月、ミシガンでアル・スノーを破り、初代NWAインディペンデント世界ヘビー級王者に君臨。 95年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会に来日。蝶野正洋と組んで藤波平田組と対戦。11分18秒、蝶野がヤクザキックで平田に勝利。2月、タズマニアックと組んでパブリックエネミーを破りECW世界タッグ王座を獲得。5月3日、新日本プロレスの福岡ドーム大会で金本浩二を破りIWGPジュニアヘビー級王座を獲得。6月12日、大阪府立体育会館大会で2代目ブラックタイガーを相手に防衛戦。15分50秒、アラビアンプレスで勝利。6月14日、日本武道館大会で金本を相手に防衛戦。ムーンサルトプレスに敗れて王座転落。9月23日、横浜アリーナ大会で獣神サンダーライガーと対戦。11分5秒、掌底からのフィッシャーマンバスターに敗れた。11月23日、川崎・とどろきアリーナ大会でグラン浜田に挑戦。11分49秒、アラビアンプレスで勝利してUWAジュニアライトヘビー(新日本プロレスでの呼称はUWA世界ライトヘビー)級王座を獲得。12月1日、新潟市体育館大会でエル・サムライを相手に防衛戦。14分6秒、サムライボムからの腕ひしぎ逆十字固めに敗れて王座転落。 96年3月、大日本プロレスに来日。8月25日、東京プロレスのパシフィコ横浜大会でブラック・ウォズマ(スコーピオ)と対戦。16分58秒、スリーステップ式ムーンサルトプレスで勝利。10月8日、東京プロレスの大阪府立体育館大会で、試合前にブラック・ウォズマのマスクを脱いだトゥー・コールド・スコーピオと対戦。17分11秒、450スプラッシュに敗れた。11月、全日本プロレスに来日。12月14日、EWAのイギリス・ウオルサムストウ・アセンブリーホール大会で王者のマイキー・ウィップレック、DBキッドを相手に3WAYでの王座戦。9分49秒、キッドがムーンサルトプレスでウィップレックに勝利して1対1となり、10分1秒、スリーステップ式ムーンサルトプレスで勝利。EWAヨーロッパ・ジュニアヘビー級王座を獲得した。 97年4月13日、ECWのPPV「ベアリー・リーガル」でタズと対戦。タズミッションに敗れた。6月6日、ECWの「レッスルパルーザ」でタズと対戦。タズミッションを決められたがタズの両肩がついていたためフォール勝ち。8月9日、ECWアリーナ大会でテリー・ファンクの王座に有刺鉄線マッチで挑戦し、勝利。ECW世界ヘビー級王座を獲得した。8月17日、ECWのPPV「ハードコアヘブン」のメインでテリー、シェーン・ダグラスを相手に3WAYマッチで防衛戦。サンドマンの乱入によってサブゥーが敗退して王座転落。最後はダグラスがフロントスープレックスでテリーに勝利した。11月30日、PPV「ノーベンバー・トゥ・リメンバー」でサンドマンとテーブル・アンド・ラダーマッチで対戦。激しく痛め、痛めつける壮絶な試合となった。いくつもの机が崩壊する大乱戦を展開し、最後はハシゴを使ったアトミック・アラビアン・フェイスバスター(ハシゴをあてがってのトップロープからのダイビング・レッグドロップ)で勝利。12月22日、FMWに来日し、後楽園ホール大会でサンドマンと対戦。来日直前の試合で頬を裂傷したためアゴにテープングを巻いての試合となった。イス、ラダー、竹刀を使った壮絶な試合を展開し、13分13秒、トップロープからラダーを投げつけてのダイビングギロチンドロップで勝利。 98年5月3日、ECWのPPV「レッスルパルーザ」でロブ・ヴァン・ダムのTV王座に挑戦。30分時間切れ引き分けに終わった。6月には、ロブ・ヴァン・ダムとのタッグでクリス・キャンディードランス・ストーム組からECW世界タッグ王座を奪取。8月2日、ECWのPPV「ヒートウェイブ」でハヤブサ人生組を相手にタッグ王座の防衛戦。机の上にハヤブサと人生を寝かせ、2人同時にニードロップを決めて勝利。 99年3月21日、ECWのPPV「リヴィング・デンジャラスリー」のメインでタズのECW王座に挑戦。負傷していた顎を徹底的に痛めつけられ、コーナーに立てかけた机へのドラゴンスープレックスをくらって、最後はタズミッションに敗れた。9月19日、PPV「アナーキー・ルールズ」でジャスティン・クレディブルと対戦。イスの上へのツームストン・パイルドライバーに敗れた。11月7日、PPV「ノーベンバー・トゥ・リメンバー」でクリス・キャンディードと対戦。キャメルクラッチで勝利。12月、日本人と結婚。 00年1月9日、ECWのPPV「ギルティ・アズ・チャージド」でRVDのTV王座に挑戦。フロッグスプラッシュに敗れた。 03年1月19日、東京ドームでの「レッスル1」に来日。前日にシークの訃報を受け取り、白地にシークの名前を書いた喪章をつけてファイト。ケンドー・カシンと対戦し、12分28秒、雪崩式腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。試合後にテーブル自爆をして供養の儀式とした。サブゥーは、シークのために10カウントしてほしいと願ったが、「レッスル1」の主催者はこれを断わった。その後はアメリカ、プエルトリコなどのインディ団体を転戦。 04年8月、正体不明のウイルスに感染して約2ヶ月間入院し、長期欠場。 05年5月21日にインディ団体で復帰。6月10日、ECWアリーナで行われた「ハードコア・ホームカミング」のメインイベントでテリー・ファンク、シェーン・ダグラスとの3WAY有刺鉄線デスマッチに出場。大流血となった熱戦の末に勝利した。6月12日、WWEが企画したECWワンナイトスタンドに出場し、ライノと対戦。テーブル貫通のアラビアンフェイスバスターを決めてサブゥーが勝利した。 06年4月にWWEと契約し、WWE版のECWに登場。7月2日、違法薬物所持でロブ・ヴァン・ダムと共に逮捕された。ヴァンダムは30日の謹慎処分、サブゥは逮捕後もECWには継続して出場。8月31日に裁判所に出頭し、ヴァンダムはマリファナ所持で140ドルの罰金、サブゥは処方箋薬の不法所持で500ドルの罰金となった。 07年4月1日、レッスルマニア23で、ECWオリジナル対ニューブリードとして、RVD、トミー・ドリーマー、サンドマンと組んでイライジャ・バーク、ケビン・ソーン、マーカス・コーヴァン、マット・ストライカー組と対戦。RVDがストライカーにファイブスター・フロッグ・スプラッシュを決めて勝利。5月にWWEを離脱。7月15日にメキシコAAAの「トリプレマニア」に出場し、リキシ、ロン・キリング、ヘッドハンターと組んでラ・パルカ、ラティン・ラバー、エル・ソロ、アニマル組と対戦し勝利した。10月24日から11月19日にかけて、ランペイジ・アメリカン・レスリングのヨーロッパツアー(全20大会)に出場。 09年10月4日、新宿FACEでのDDT主催の「クルーザーゲーム」に来日し、メインでNOSAWA論外と組んでMIKAMI、木高イサミ組と対戦。18分24秒、MIKAMIのスク〜ルボ〜イに論外が敗れた。 10年4月17日、AAAのオリサバ大会に登場し、ドクトル・ワグナー・ジュニアに敗れた。8月8日、TNAのPPV「ハードコアジャスティス」のメインでRVDと対戦。ファイブスター・フロッグスプラッシュに敗れた。9月5日、TNAのPPV「ノーサレンダー」でダグ・ウイリアムスのXディビジョン王座に挑戦。ベルト攻撃をくらってフォール負け。その後、元ECW勢はEV2.0の名でAJスタイルズリック・フレアー率いるフォーチュンと抗争。10月10日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でドリーマー、レイヴェン、ライノ、リチャーズと組んでAJ、カズ、モーガン、ルード、ストーム組を相手にリーサル・ロックダウン形式(時間差入場の金網でのバトルロイヤル。全選手入場後に凶器付の天井が降りてくる)で対戦。ドリーマーが雪崩式デスバレードライバーでAJにフォール勝ちし、EV2.0が勝利した。11月7日、PPV「ターニングポイント」でのEV2.0対フォーチュンの10人タッグ戦でAJのスタイルズクラッシュにフォール負けし、規定によりTNAから「追放」された。 11年3月31日、SMASHの後楽園ホール大会で朱里、TAJIRIと組んでマイケル・コバック、リン・バイロン、ガブリエル・アントニック組とハードコアマッチで対戦。17分52秒、サブゥーがアラビアン・フェイスバスターでガブリエルに勝利。9月11日、ドラゴンゲートUSAのウィスコンシン州ミルウォーキー・ザ・ミラマーシアター大会でピンキー・サンチェスと対戦。7分46秒、アラビアン・フェイスバスターで勝利。11月12日、ドラゴンゲートUSAのペンシルバニア州フィラデルフィア・アサイラムアリーナ大会でピンキー・サンチェスと対戦。9分2秒、イスを使ったキャメルクラッチで勝利。 12年2月19日、SMASHの東京ドームシティホール大会で葛西純と組んでVENENO、KENSO組と対戦。15分45秒、サブゥーがアラビアンフェイスバスターでVENENOに勝利。3月31日、ドラゴンゲートUSAのフロリダ州マイアミビーチ大会でサミー・キャリハンと対戦。17分35秒、机の上へのフェイスバスターで勝利。 13年2月8日、ZERO1の大阪府立体育会館大会でレザーフェイスと組んで大谷田中将斗組と対戦。18分29秒、田中のスライディングD、大谷のドラゴンスープレックスをくらってレザーフェイスがフォール負け。 14年10月18日、WWLのプエルトリコ・バヤモン大会でボールズ・マホーニーを破りWWLエクストリーム王座を獲得。 15年1月6日、WWLのプエルトリコ・サンファン大会でモンスター・ペインに敗れて王座転落。3月28日、 レッスルコンのサンノゼ・エアポート・ホテル大会でRVDと組んでマット・ハーディージェフ・ハーディー組と対戦。RVDがファイブスター・フロッグスプラッシュでマットに勝利。10月10日、東京愚連隊の新木場1stRING大会でトミー・ドリーマーと組んで田中将斗、葛西純組、NOSAWA論外、FUJITA組と3WAYタッグマッチ。12分24秒、サブゥーがアラビアン・フェイスバスターでFUJITAに勝利。 16年2月26日、FMWの後楽園ホール大会に来日し、矢口、NOSAWA論外と組んで大仁田、保坂、ショーン・ギネス組と対戦。大仁田の毒霧からのラリアットに矢口が敗れた。6月23日、アレナ・メヒコで行われたメキシコのリーガ・エリテ主催のトーナメント「カンペオナート・ムンディアル・エリーテ」に出場。1回戦でベネノと対戦。アラビアン・フェイスバスターで勝利。6月25日、同会場での2回戦でブラムと対戦。ジャンピングDDTに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索

ダークロHP