ダークロHP / レスラーノート

ザ・パトリオット(2代目)
THE PATRIOT


本名:デル・ウィルクス
1961年12月21日
サウスカロライナ州コロンビア出身
189cm 118kg
タイトル歴:AWA世界タッグ アジアタッグ WCW世界タッグ
得意技:パトリオットミサイル(コーナー最上段からのボディアタック) フルネルソン・バスター(フルネルソンの体勢から相手を持ち上げて落とす)

デビュー前はアトランタ・ファルコンズ、タンパ・パッカニアーズで1シーズンずつプレー。エディ・ジャーキー道場を経て88年にAWAでデビュー。ザ・トルーパーと名のり素顔で警備員キャラとしてファイト。90年8月にD・J・ビーターソンと組んで最後のAWA世界タッグ王者となる。8月に全日本プロレスに初来日。9月にAWAを離脱し、ノースカロライナ、バージニア、アラバマのインディ団体に出場。91年6月29日、テキサス州ダラスのインディ団体GWFで「愛国星条旗仮面」パトリオットに変身。8月10日、トーナメント決勝でアル・ペレスを破り初代GWF北米ヘビー級王座を獲得。92年5月にパトリオットとして全日本プロレスに来日。以後、常連外国人となり、パトリオットとして全日本プロレスに27回来日した。小橋健太ジ・イーグルなどと組んでタッグで活躍。93年6月2日にはジ・イーグルと組んでアジアタッグ王座を獲得した。9月3日、日本武道館大会で小橋と対戦。14分52秒、ムーンサルトプレスに敗れた。WCWではマーカス・アレクサンダー・バグウェルと組んでスターズ・アンド・ストライプスというチーム名で活躍。94年9月25日にバグウェルと組んでポール・オンドーフ、ポール・ローマ組(チーム名はプリティ・ワンダフル)を破りWCW世界タッグ王座を獲得した。10月23日にプリティ・ワンダフルに王座を奪われるが、11月16日にバグウェルと組んで、プリティ・ワンダフルを破りWCW世界タッグ王座を奪回。12月8日にハーレム・ヒート(スティービー・レイ、ブッカーT)に敗れて王座転落。95年に全日本プロレスに登場。7月8日、鹿児島アリーナ大会で田上明と対戦。13分20秒、のど輪落としに敗れた。7月13日、佐世保市体育文化館大会で小橋と対戦。23分4秒、パワーボムで勝利。8月30日、豊橋市総合体育館大会でジョニー・エースと組んで川田、田上組の世界タッグ王座に挑戦。24分10秒、川田のパワーボムにエースが敗れた。96年10月2日、福島体育館大会で秋山準と対戦。30分時間切れ引き分けの熱闘を展開した。10月12日、愛知県体育館大会で小橋と組んでスティーブ・ウイリアムス、エース組の世界タッグ王座に挑戦。32分33秒、ウイリアムスのタイガースープレックスにパトリオットが敗れた。年末の世界最強タッグ決定リーグ戦では小橋と組んで参戦。終盤まで優勝争いを演じる健闘を見せた。リーグ戦は8勝4敗に終わった。97年にWWFに登場。PPVでブレット・ハートと対戦するなど、売り出されていたが、数カ月後に膝のケガで欠場。回復の兆しが一向に見えず、そのままWWFを解雇された。トム・ブランディにパトリオットのギミックとマスクを売り渡した。ステロイドで身を持ち崩し、1日に150錠も服用する習慣がついてしまい、サウス・カロライナでは97年から02年の間に20回も処方箋偽造の容疑で逮捕されている。02年〜03年の間、9ヶ月間刑務所に服役。引退後はカーセールスマン。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP