ダークロHP / レスラーノート

ザ・グラジエーター
THE GLADIATOR


本名:マイク・アルフォンソ
1965年1月24日
フロリダ州タンパ出身
192cm 130kg
タイトル歴:ECW世界ヘビー FMW世界ブラスナックル FMW世界ブラスナックル・タッグ インディペンデント・ワールド世界ヘビー
得意技:アッサムボム ランニング・アッサムボム カミカゼ・アッサムボム

地元のスティーブ・カーン・レスリング・ジムでコーチを受けて89年2月26日に地元タンパの団体IWFでデビュー。デビュー当時のリングネームはマイク・オーサム。90年9月、ザ・グラジエーターの名でFMWに初来日。ホーレス・ボウダー、ビッグ・タイトンと共に活躍。94年1月にはビッグ・タイトンと組んで大仁田厚、新山勝利組を破り初代の世界ブラスナックル・タッグ王者となった。ミスター・ポーゴとも組んで、プエルトリコ軍団の一員としても活躍。94年10月28日にはポーゴと組んで大仁田、ミスター雁之助組を破り世界ブラスナックル・タッグ王座を獲得している。95年7月30日、八王子市マルチパーパスプラザ大会でハヤブサと対戦。10分13秒、初公開のカミカゼ・アッサムボム(雪崩式パワーボム)で勝利。9月26日、後楽園ホールでハヤブサを破り世界ブラスナックル王座を獲得。10月25日、新潟リージョンプラザ上越大会のメインでホーレス・ボウダーを相手に防衛戦。13分49秒、雪崩式のアッサムボムを決めて勝利。初防衛に成功。その後、負傷のため王座を返上した。復帰後の96年5月に博多スターレーンでスーパー・レザーを破り王座に返り咲き。12月11日、駒沢オリンピック公園体育館大会での2冠統一戦でW★ING金村と対戦。場外の机にたたきつけるスーパーアッサムボムなど、パワーファイトで観客を熱狂させた。スーパーアッサムボムを2で返されたが、最後は17分14秒、強烈なアッサムボムで勝利。インディペンデント・ワールド世界ヘビー級王座を獲得し、初代FMW2冠統一王者となった。97年2月18日、後楽園ホール大会で田中将斗を相手に防衛戦。リング上から場外の机へのパワーボムを決めるなどパワーで圧倒。15分25秒、アッサムボム2連発で勝利した。12月19日、FMWの駒沢オリンピック公園体育館大会でトミー・ドリーマーと対戦。9分52秒、スーパーアッサムボムで勝利。93年後半からマイク・オーサムの名でECWでも活躍。98年8月2日、ECWのPPV「ヒートウェイブ」で田中将斗と対戦。イスの上へのトルネードDDTに敗れた。99年9月4日、全日本プロレスの日本武道館大会で小橋と対戦し、白熱の好勝負を展開。アッサムボムで小橋の動きを止め、距離の長いフロッグスプラッシュを見せるなど持ち味を発揮。ランニング・アッサムボムを完璧に決めたがカウント2で返され、コーナーに上がってカミカゼ・アッサムボムを狙ったがこらえられて失敗。リングに降りてアッサムボムを狙ったが、叩きつける瞬間にウラカンラナに切り返され、最後はラリアットをくらってフォール負け。9月19日、PPV「アナーキー・ルールズ」でECW王者のタズ、田中将斗を相手に3WAYでの王座戦。オーサムがフロッグ・スプラッシュでタズに勝利した後は1対1の対決となり、最後はリング上の机へのカミカゼ・アッサムボムを決めて田中にフォール勝ち。ECW世界ヘビー級王座を獲得した。11月7日、PPV「ノーベンバー・トゥ・リメンバー」で田中を相手に防衛戦。カミカゼ・アッサムボムで勝利。12月17日、テネシー州ナッシュビル大会で田中を相手に防衛戦。トップロープから机の上への雪崩式DDTをくらい、最後はローリングエルボーに敗れて王座転落。12月23日、ニューヨーク州ホワイト・プレインズ大会で田中のECW王座に挑戦。カミカゼ・アッサムボムで勝利して王座奪回。00年1月9日、ECWのPPV「ギルティ・アズ・チャージド」のメインでスパイク・ダッドリーを相手に防衛戦。机の上へのカミカゼ・アッサムボムで勝利。3月12日、ECWのPPV「リヴィング・デンジャラスリー」でキッド・キャッシュを相手に防衛戦。机の上へのカミカゼ・アッサムボムで勝利。5月、WCWに進出。WCW崩壊後はWWFに移籍。02年にWWEを離脱。11月に全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦にPJフリードマンと組んで参加。8チーム中7位の成績だった。03年1月13日にはグレート・ムタの持つ三冠王座に挑戦。18分11秒、ムーンサルトプレスで敗れた。04年2月29日、ZERO−ONEの両国国技館大会で田中将斗のUNヘビー級王座に挑戦。場外カウント、反則カウントなしのハードコアマッチを展開したが、11分44秒、ローリングエルボーに敗れた。12月4日、ノアの横浜文化体育館大会でGHC王者の小橋に挑戦。カミカゼ・アッサムボムで小橋を追いつめたが、28分21秒、ムーンサルトプレスに敗れた。05年6月12日、ニューヨーク州でWWE主催のECWの懐古大会「ECWワン・ナイト・スタンド」に参戦し、田中将斗と対戦。ハードコアファイトを繰り広げ、場外のテーブルへアッサムボムで投げ捨ててからトペを決めて、9分52秒に勝利。06年2月に引退。引退後は不動産会社に勤務。07年2月17日、フロリダ州タンパの自宅で首吊り自殺。

 グーグル検索 レスラーノート検索


◆YOUTUBE 動画・・・・・・・・・・・・

ダークロHP