ダークロHP / レスラーノート

小林邦昭

1956年1月11日
長野県小諸市出身
181〜183cm 105kg 血液型O型
タイトル歴:アメリカス・ヘビー IWGPジュニア NWAインターナショナルジュニア 世界ジュニア
得意技:フィッシャーマンズスープレックス

芦原中学時代は砲丸投げの選手。中学卒業後、塗装会社で働いていたが72年10月に新日本プロレス入門。新幹線の食堂のメニューを全部食べるという伝説を作る。73年2月、西条市体育館における栗栖正伸戦でデビュー。80年6月、メキシコ遠征に出発。マーシャルアーツのパンタロンをはいて空手殺法を武器に活躍。81年4月10日、アレナ・メヒコでビジャノ3号のUWA世界ライトヘビー級王座に挑戦したが敗れた。10月2日にアレナ・メヒコで、メキシコ遠征中のアンドレ・ザ・ジャイアントとタッグを組んで話題となった。 82年にはアメリカに転戦し、ロス地区でキッド・コビーのリングネームで活躍。7月18日、ティモシー・フラワーズを破りアメリカス・ヘビー級王座を獲得。10月に凱旋帰国し、初代タイガーマスクと抗争を展開。虎ハンターと呼ばれ注目を集めた。 84年9月21日、長州谷津浜口寺西と共に新日本プロレスを離脱して新日本プロレス興行に移籍。10月9日、新日本プロレス興行がジャパンプロレスリング株式会社に社名変更。12月12日、横浜文化体育館大会で全日本プロレス初参戦。寺西と組んで菅原組と対戦。10分56秒、小林がフィッシャーマンズスープレックスで菅原に勝利。以後、全日本プロレスに参戦。 85年6月にはダイナマイト・キッドに反則勝ちし、NWAインタージュニア王座を獲得。2代目タイガーマスクスティーブ・リーガル保永新倉相手に防衛。8月31日、両国国技館大会で2代目タイガーマスクを相手に防衛戦。15分36秒、タイガースープレックス85に敗れて王座から転落した。 86年1月28日、東京体育館大会でミル・マスカラスのIWA世界ヘビー級王座に挑戦。8分42秒、両者リングアウト。11月23日、後楽園ホール大会でヒロ斎藤の世界ジュニア王座に挑戦。フィッシャーマンズスープレックスで勝利して世界ジュニアヘビー級王座を獲得。 87年1月3日、後楽園ホール大会で渕正信に敗れて王座転落。その後、新日本プロレスに復帰。8月20日、両国国技館大会での王座決定トーナメント決勝で高田延彦を破りIWGPジュニア王座を獲得。9月17日、大阪府立体育会館大会でオーエン・ハートを相手に防衛戦。12分20秒、フィッシャーマンズスープレックスで勝利。12月27日、両国国技館大会で馳浩を相手に防衛戦。17分3秒、ノーザンライトスープレックスに敗れて王座転落。 88年6月26日、名古屋レインボーホール大会で越中のIWGPジュニア王座に挑戦。19分26秒、ドラゴンスープレックスに敗れた。8月8日、横浜文化体育館大会で越中のIWGPジュニア王座に挑戦。9分9秒、逆さ押さえ込みにフォール負け。その後、ヘビー級に転向。 91年5月6日、後楽園ホール大会で蝶野と対戦。10分4秒、STFに敗れた。6月、大腸がんを告知されて手術。 92年1月30日、大田区体育館大会のメインイベント終了後、誠心会館の齋藤彰俊と対戦。壮絶な打撃戦となり、2人とも流血。コーナーに押しこまれて正拳突きを連打され、7分14秒、大量出血のためレフリーストップ負け。夏に越中と共に選手会を脱会し、反選手会同盟(のちの平成維震軍)を結成。99年2月に解散するまで活躍した。 96年10月10日、みちのくプロレス両国国技館大会で、ダイナマイト・キッド、ドス・カラスと組んでミル・マスカラス、初代タイガーマスク、ザ・グレート・サスケ組と対戦。久しぶりのタイガーマスクを相手にフィッシャーマンズスープレックスを決めるなど健闘。試合は15分30秒、ドス・カラスがライガーボムでサスケにフォール勝ちした。 98年に肝臓がんの大手術。 00年4月21日、後楽園ホールにてライガーを相手に引退試合。引退後はフロント入り(総務部)し、選手の健康管理を担当。新日本プロレス道場の管理人を務める。 07年4月30日、後楽園ホールでの「UWAI STATION 5」で久しぶりに試合に出場。ザ・グレート・カブキをセコンドにつけてドン荒川と対戦。試合はレフリーの山本小鉄を荒川が攻撃したため反則勝ち。消化不良の結末となった。9月21日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会のメインでタイガーマスクと対戦。マスク剥ぎやフィッシャーマンズスープレックスの往年の動きを披露したが、最後は11分21秒、タイガースープレックスからの回転エビ固めで敗れた。08年に肺ガンの手術。8月26日、新日本プロレスの後楽園ホール大会(海野レフェリー20周年興行)で、木村健悟と共に越中、後藤達俊青柳組のセコンドにつき、平成維震軍が一夜限りの復活。試合では永田天山中西組と対戦し、場外戦で越中とのハイジャックパイルドライバー、終盤では永田にフィッシャーマンズ・スープレックスを決めて活躍したが、11分34秒、永田のバックドロップホールドに青柳がフォール負け。12月18日、後楽園ホールでの「昭和プロレス」でタイガー戸口木村健悟、ドン荒川、ジャイアント小馬場、アントニオ小猪木と共にバトルロイヤルに出場(試合はアントニオ小猪木の勝利)。09年10月12日、両国国技館での蝶野の25周年特別興行のバトルロイヤルに出場。平澤にフィッシャーマンズスープレックスでフォールを奪った。11年5月7日、レジェンドプロレスの大阪府立体育会館第2競技場大会で初代タイガーマスクと対戦。4分22秒、マスクをはがして反則負け。その後、タイガーマスクの主張により再試合。場外戦で、鉄柱の金具にマスクのひもを結びつけて身動き取れなくさせて、3分39秒、リングアウト勝ち。9月23日、レジェンドプロレスの名古屋国際展示会議場イベントホール大会で初代タイガーマスクと対戦。8分48秒、フィッシャーマンズスープレックスをカウント2で返され、再びフィッシャーマンズスープレックスを狙ったが、逆さ押さえ込みに切り返されてフォール負け。 17年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で14人参加のニュージャパンランボー(時間差バトルロイヤル)に出場。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP