レスラーノート

アブドーラ・ザ・ブッチャー

ABDULLAH THE BUTCHER
本名:ラリー・シュリーブ
1941年1月11日
(1936年1月1日説あり)
アフリカ・スーダン出身(自称)
カナダ・オンタリオ州ウィンザー出身という説が有力
186cm 150kg

通称
黒い呪術師
タイトル歴
PWFヘビー
UNヘビー
インタータッグ
大日本デスマッチヘビー
ジョージア・ヘビー
インターナショナル・ヘビー(モントリオール版)
得意技
ジャンピング・エルボードロップ(毒針エルボー)
地獄突き
凶器攻撃

入場テーマ曲 ピンク・フロイド「吹けよ風、呼べよ嵐」
凶器攻撃や流血試合を得意とする有名悪役レスラー。少年時代は空手や柔道に熱中。20歳のころ、ジノ・ブリットのコーチを受けてプロレス入り。デビュー当時はグレート・ゼラス・アマーラの名前で、トルコ出身を自称し、トルコ帽をかぶりストライプの入っただぼだぼのパンツをはいて活躍。デビューして3年後、バンクーバーに転戦した時にプロモーターのロッド・ピットンのアイデアでアブドーラ・ザ・ブッチャーに改名。70年8月に日本プロレスに初来日。72年12月から全日本プロレスの常連として、ジャイアント馬場テリー・ファンクらと抗争。地獄突き、ヘッドバット、凶器攻撃、毒針エルボーなど数多くのムーブメントで大ヒール人気を博した。75年2月21日、アトランタでジョージア・ヘビー級王座を獲得。7月11日、ジョージア・ヘビー級王座2度目の獲得。76年に全日本プロレス「第4回チャンピオンカーニバル」に出場。5月1日、日大講堂大会での大木金太郎戦では、試合は6分12秒に両者リングアウトで終わったが、試合後の乱闘にハーリー・レイスが乱入。レイスとブッチャーは街頭まで乱闘を展開し、交差点の真ん中でもつれ、周辺住民を巻きこみ警察も出動した。5月8日、札幌中島スポーツセンター大会での優勝決定戦で馬場と対戦。大流血戦となった。馬場がダイビングボディプレスを放ったが、そのあおりを受けてレフリーのジョー樋口が場外に転落して失神。馬場はエプロンにダウンするブッチャーにストンピングを続けた後、場外に降りてチョップを打ち続けた。馬場が副審のディック・マードックの制止を突き飛ばしたため、9分53秒にブッチャーの反則勝ち。驚異のチャンピオンカーニバル初優勝を決めた。78年10月にビル・ロビンソンを破りPWFヘビー級王座を獲得。79年の「第7回チャンピオンカーニバル」に2回目の優勝。10月にレイ・キャンディと組んで馬場、鶴田組からインタータッグ王座を獲得。77年から79年のタッグリーグ戦ではザ・シークと組んでファンクスと抗争。80年10月に鶴田を破りUNヘビー級王座を獲得。81年5月に新日本プロレスに登場。87年2月22日、カナダ・ケベック州モントリオールでインターナショナル・ヘビー級王座を獲得。11月に全日本プロレスに再登場。東京プロレス、WAR、大日本プロレスと多くの団体で暴れ回る。91年10月27日、WCWのPPV「ハロウィン・ヘイボック」で電気イスKO8人タッグ金網デスマッチに参戦。ベイダーキャクタス・ジャック、ダイヤモンド・スタッド(スコット・ホール)と組んでリック・スタイナースコット・スタイナースティング、ヒガンテ組と対戦。リック・スタイナーに電気イスに座らされ、そのまま感電して敗れた。96年10月8日、東京プロレスの大阪府立体育館大会で、当時UWFインターのエースだった高田延彦と対戦。必殺のエルボードロップをカウント2で返され、8分15秒、右ミドルキック4連発からのフォール負けに終わった。99年1月10日、大日本プロレスのアクロス福岡大会でシャドウWXのデスマッチ王座に挑戦。12分4秒、エルボードロップで勝利して大日本デスマッチヘビー級王座を獲得した。2月28日、後楽園ホール大会でシャドウWXを相手に防衛戦。14分26秒、フライング・ボディシザースドロップに敗れて王座転落。4月7日、後楽園ホール大会でシャドウWXのデスマッチ王座に挑戦。12分49秒、失神KO負け。01年に全日本プロレスに復帰。2000年以降も現役としてリングに上がる。アトランタなどでレストランを経営。07年11月、全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に鈴木みのると組んで出場。08年12月13日、プエルトリコのWWCでボールズ・マホーニーを相手に、プエルトリコ限定で引退試合。カーロス・コロンが特別レフリーとなった。試合は両者リングアウトの引き分けに終わった。09年7月19日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会で、ハリウッド・ストーカー市川「暴走十番勝負」の最終戦の対戦相手として出場。2分34秒、エルボードロップで圧勝。勝利後、さらにエルボードロップを決めてみせた。7月26日、ハッスルの両国国技館大会でタイガー・ジェット・シンと組んでHG、RG組と対戦。ブッチャーの地獄突きがシンに誤爆し、7分35秒、RGにそのままフォール負け。試合後にシンと乱闘。7月30日、ハッスルの後楽園ホール大会でシンと対戦。延々と場外戦を続け、5分18秒、両者反則に終わった。11月7日、DRAGON GATEの後楽園ホール大会に出場し、CIMA、超神龍と組んで神田、新井、NOSAWA論外組と対戦。3分38秒、地獄突きからのエルボードロップで論外にフォール勝ち。10年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で矢野飯塚石井と組んでテリー・ファンク、長州蝶野中西組と対戦。試合中に地獄突きが飯塚に誤爆して仲間割れ。テリーから飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルを渡されて、飯塚、矢野に地獄突き。さらに飯塚にエルボードロップを決め、最後は8分52秒、中西のアルゼンチンバックブリーカーに飯塚が敗れた。試合後は場外で乱闘し、マイクをつかんで「ハッピーニューイヤー」と叫んだ。3月22日、ドラゴンゲートの両国国技館大会で論外、MAZADAと組んで、望月、フジイの持つトライアングルゲート王座に挑戦。13分3秒、望月のミドルキック連打をくらってブッチャーがフォール負け。7月18日、新木場1stRINGでの「BUTCHER FIESTA」で来日40周年記念試合として鈴木みのると組んで論外、藤原組と対戦。15分10秒、ブッチャーがエルボードロップで論外に勝利。10月8日、後楽園ホールでのNOSAWA論外の15周年記念興行に来日し、アルカンヘル、CIMAと組んで論外、バンピーロマスカラス組と対戦。12分41秒、論外のラ・マヒストラルにアルカンヘルがフォール負け。12年1月、全日本プロレスに来日。1月2日、初戦の後楽園ホール大会で武藤菊タローと組んで西村、BLACK BUSHI組と対戦。歩行補助器を使って入場し、リングに上がることもできない体調だった。場外から地獄突きを見せるなど試合に参加し、13分8秒、武藤がシャイニングウィザードでBLACK BUSHIに勝利。試合後にマイクを持ち、2、3ヶ月以内の引退を表明した。体調不良のためその後のシリーズを欠場。1月5日に帰国した。 19年2月19日、両国国技館で行われたジャイアント馬場没20年追善興行で引退セレモニー。車イスでリングに登場し、「若い人たちに言いたい。自分の親が年取っても決して老人ホームにぶち込んで忘れるようなことだけはするな!いずれお前たちも年取ってそうなるんだから。ちゃんと親を大事にしろ!忘れるんじゃないぞ!」とメッセージを残し、最後は「サンキュー」を6回連呼し、引退の10カウントゴングを鳴らし、リングに別れを告げた。