ダークロHP / レスラーノート

木村健悟

本名:木村聖裔(たかし)
1953年9月4日
愛媛県新居浜市出身
186cm 107kg 血液型B型
タイトル歴:IWGPタッグ NWAインターナショナル・ジュニア WWFインターナショナル・タッグ アメリカス・タッグ NWA世界ライト 大日本タッグ
得意技:稲妻レッグラリアット

中学時代は野球部で活躍。中学卒業後に大相撲の宮城野部屋に入門。 72年1月、日本プロレス入門。入門当時に「猪木と同じ筋肉のつき方をしている」と大いに注目された。8月2日、鹿児島・喜界島中学校グラウンドにおける佐藤昭夫戦でデビュー。 73年3月、坂口らと共に新日本プロレスに移籍。78年6月5日から上田馬之助と共にアメリカ遠征。パク・チューというリングネームで活躍。6月23日、ロスでミスター・イトー(上田馬之助)と組んでアメリカス・タッグ王座を獲得した。7月7日にはミル・マスカラスと対戦し敗れた。8月11日にゴールドマン、剛竜馬組に敗れて王座を失う。上田が別の地区に移動したため、木村は車の免許を取って上田が置いていった車でサーキットを続ける。9月1日にロディー・パイパーと組んでアメリカスタッグ王座を獲得。11月にメキシコに登場。12月8日、アレナ・メヒコでエル・ファラオンを破り、NWA世界ライトヘビー級王座を獲得。同王座はエル・アルコン、エル・ファラオン、リンゴ・メンドーサ、佐山聡を相手に4度の防衛を重ねた。 79年4月30日にアルフォンソ・ダンテスに敗れて王座転落した。6月に帰国。 80年7月にブレット・ハートを破りNWAインターナショナルジュニア王座を獲得。 81年3月26日、清水市鈴与記念体育館大会でWWFジュニア王者の藤波に挑戦。ライバル同士の好試合となり、藤波のドラゴンロケットに対し、キーロック、バックドロップで優位に立つ。最後は藤波のかけた足四の字固めの体勢のまま場外に転落。14分36秒、両者リングアウトの引き分けに終わった。 ヘビー級転向後の85年12月12日、宮城県スポーツセンター大会での王座決定戦で藤波と組んで猪木、坂口組と対戦。31分53秒、藤波のドラゴンスープレックスで猪木にフォール勝ち。初代IWGPタッグ王者となった。同王座はケリー・フォン・エリックケビン・フォン・エリック組(86年2月5日)、クリス・アダムスザ・ジャッカル組(3月21日)、ディック・マードックマスクド・スーパースター組(5月30日)、ワイルド・サモアンジミー・スヌーカ組(6月6日)、ミスター・ポーゴケンドー・ナガサキ組(7月25日)を相手に防衛を重ねたが、 86年8月5日、両国国技館大会で前田日明木戸修組に敗れて王座転落。8月29日、後楽園ホール大会で前田、木戸組と再戦し、14分1秒、両者リングアウト。9月23日、後楽園ホール大会で前田、木戸組に再挑戦し、15分18秒、木村が木戸にフォール勝ち。タッグ王座を奪回した。その後、藤波と抗争。 87年1月2日と3日に、藤波とシングルで対戦。決着戦として1月14日、後楽園ホールで藤波対木村戦のみという、史上初のワンマッチ興行を開催。この満員札止めの場外カウントなしの対戦で、17分32秒、藤波のバックドロップからの逆片エビ固めに敗れた。 88年1月18日、宮城県スポーツセンター大会で藤波と組んで藤原山崎組のタッグ王座に挑戦。11分27秒、木村が山崎にフォール勝ちし、IWGPタッグ王座を獲得。同王座は、長州、スーパー・ストロング・マシン組(2月7日)、長州、マサ斎藤組(3月4日)、藤原、坂口組(6月3日)を相手に防衛を重ねたが、6月10日 広島県立体育館大会で長州、マサ斎藤組に敗れて王座転落した。木戸修とのKKタッグでも熟練の技で観客を魅了。 92年8月、越中らと反選手会同盟(のちの平成維震軍)を結成し、99年2月の解散まで副将格として活躍した。 96年3月23日、UWFインターナショナルの宮城県スポーツセンター大会で金原弘光と対戦。キックを受け続けたが、6分6秒、パワーボムで勝利。 97年1月4日、東京ドーム大会で藤波と組んで蝶野天山組のタッグ王座に挑戦。16分10秒、藤波がドラゴンスープレックスで蝶野にフォール勝ちし、IWGPタッグ王座を獲得。同王座は武藤、平田組(2月8日)、小島中西組(2月16日)、越中、後藤組(3月20日)を相手に防衛を重ねたが、4月12日の東京ドーム大会で長州、佐々木組に敗れて王座転落した。6月3日、大日本プロレスの後楽園ホール大会での王座決定トーナメント決勝で、石川と組んで中牧昭ニ、岡野隆史組と対戦。19分58秒、石川がスモーピオンデスロックで岡野に勝利。大日本タッグ王座を獲得した。6月7日、大日本プロレスの横浜文化体育館大会で越中、齋藤組を相手にタッグ王座の防衛戦。8分55秒、石川がスモーピオンデスロックで齋藤に勝利。6月11日、石川と仲間割れしてタッグ王座を返上。 00年10月よりテレビ解説を務め、01年3月にスカウト部長に就任。美声の持ち主で、レコードリリースは多数。 03年4月18日、後楽園ホール大会で西村修を相手に引退試合。3分5ラウンドを戦い、時間切れ引分けに終わった。 06年3月27日、新日本プロレスを退社。4月に株式会社円天興行を設立。 07年10月3日に親会社の「エル・アンド・ジー」が出資法違反容疑で家宅捜索されたが、9月末までには社長を辞任していた。その後は都内でリサイクルショップを経営。 08年5月12日、後楽園ホールでの「昭和プロレス」に出場し、キラー・カーンと歌対決。河島英吾の「酒と泪と男と女」をしっとりと謳いあげ自慢ののどを披露したが、観客判定で敗れた。8月26日、新日本プロレスの後楽園ホール大会(海野レフェリー20周年興行)で、小林邦昭と共に越中、後藤達俊、青柳組のセコンドにつき平成維震軍が一夜限りの復活。試合では永田、天山、中西組と対戦し、11分34秒、永田のバックドロップホールドに青柳がフォール負け。12月18日、後楽園ホールでの「昭和プロレス」で小林邦昭、剛、タイガー戸口ドン荒川、ジャイアント小馬場、アントニオ小猪木と共にバトルロイヤルに出場(試合は アントニオ小猪木の勝利)。 11年4月、品川区議選に出馬し、当選した。

 グーグル検索 レスラーノート検索


◆YOUTUBE 動画・・・・・・・・・・・・

ダークロHP