ダークロHP / レスラーノート

北尾光司

1963年8月12日
三重県津市出身
200cm 150kg
得意技:サンダー・ストーム(足を4の字固めの形にしてジャイアントスイング) カカト落とし

79年3月に大相撲の立浪部屋に入門。86年9月に横綱に昇進。四股名も北尾改め双羽黒に改名。87年12月、親方夫妻とトラブルを起こし廃業。廃業後はスポーツ冒険家としてタレント活動。しかしほとんど仕事はなかった。ネイティブ・アメリカン版のランボー的映画「サンダー」の吹き替えに挑戦している。89年、幕下時代から通っていた遠藤ジムの遠藤光男会長(元国際プロレスのレフリー)にプロレス入りを相談。6月1日、新日本プロレス事務所を訪れ、デビューの内諾を得た。6月2日、神宮前のレストラン「ナーム」でプロレス転向の記者会見。アポロ菅原をトレーニングパートナーに、約2ヶ月間、アメリカ・バージニア州ノーフォークのルー・テーズの道場でトレーニングをして8月に帰国した。90年2月10日、新日本プロレスの東京ドーム大会でビガロを相手にデビュー。ホーガンをまねした黄色のコスチューム、空手のファイトスタイル、技の失敗などからファンからブーイングを浴びつづけた。新日本プロレスでの入場時のテーマ曲は聖飢魔Uが担当。7月、巡業中の青森県八戸市内のホテルで現場監督の長州と衝突し、失踪。新日本プロレスは、その日の試合会場で選手契約の解除を発表。11月にSWSに入団。11月10日、SWSの道場大会で大矢と対戦。1分45秒、トーキックの連打でTKO勝ち。11月17日、SWSの道場大会で高木と対戦。ラリアットで勝利。12月1日、SWSの道場大会でアポロ菅原と対戦。3分、アバランシュホールドで勝利。12月7日、大阪府立体育館大会でのトーナメント1回戦でグレッグ・バレンタインと対戦。7分53秒、ブレーンバスターで勝利。同日の決勝で天龍と対戦。9分56秒、ボディスラムを切り返されての片エビ固めにフォール負け。91年2月7日、長崎国際体育館大会でジャイアント・ゴライアスと対戦。6分47秒、バックドロップで勝利。3月30日、テンタとの第1戦を行い、北尾は技のミスを連発しテンタが勝利。試合後に北尾が次の対戦を拒否。胸の骨を怪我させられたと北尾は周りに言いふらした。4月1日、テンタとの第2戦。北尾はスポット破りの脇固め、膝を狙う蹴り、喉輪などで威嚇し、目潰しのポーズまで見せた。テンタは全くひるまなかったので、北尾はレフリーに暴行。反則負けの裁定の後、北尾は「八百長野郎!」と場外のマイクで叫んだ。試合前には、SWSのブッカーのザ・グレート・カブキがテンタに「負けろ」と指示。テンタは従う気でいたが、北尾が暴走してしまった。この試合の背後には北尾に対する観客のブーイング(北尾があまりに下手だったためのブーイング。自分をスターと思っていた北尾との認識に差があった)、元横綱(北尾)と元幕下(テンタ)という相撲界の格意識もあった。プロレスに対して「八百長」発言はタブーだった。その結果、北尾はSWSを解雇された。92年5月8日、UWFインターナショナルの横浜アリーナ大会でプロレス復帰。山崎一夫と対戦し、7分44秒、KO勝ち。10月23日、UWFインターナショナルの日本武道館大会で高田延彦と3分5ラウンドで対戦。3R46秒、鮮やかな右のハイキックをくらって衝撃的なKO負け。94年に北尾道場を設立。1月21日、後楽園ホールで旗揚げ戦。95年に武輝道場となる。所属選手には岡村隆志、望月成晃、多留嘉一がいた。5月3日、新日本プロレスの福岡ドーム大会に出場。5年ぶりの新日本プロレス参戦となった。猪木と組んで長州、天龍組と対戦。10分25秒、猪木がスリーパーホールドからの体固めで長州に勝利。7月15日、後楽園ホールでの「格闘技の祭典」のメインでクラッシャー・クラインと対戦。4分20秒、STFで勝利。7月28日、WARの後楽園ホール大会で荒谷信孝と対戦。8分21秒、裏投げで勝利。10月5日、WARの大宮スケートセンター大会で冬木弘道と対戦。場外で冬木軍の3本の消火器攻撃をくらい、9分12秒、ラリアットでフォール負け。11月28日、新潟市体育館大会で冬木と再戦。冬木軍の乱入を天龍が阻止したため真っ向勝負となり、10分39秒、ラリアットで勝利した。12月4日、WARの両国国技館で天龍と対戦。カカト落としで勝利した。天龍は左鎖骨亀裂骨折で全治3ヶ月の重傷を負った。96年4月5日、駒沢オリンピック体育館の「第1回UVF」でバーリ・トゥード戦に出場。ペドロ・オタービオと対戦し、1R5分49秒、レフリーストップのTKO負け。12月1日、代々木競技場第二体育館での「INOKI FESTIVAL」でメイブルと対戦。4分55秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。97年10月11日、総合格闘技大会の「PRIDE1」に出場しネイサン・ジョーンズと対戦。パワーで寝技に持ちこみ1R2分14秒、チキンウィング・アームロックで勝利。12月24日、WARの後楽園ホール大会での初代J1王座決定トーナメント準決勝で天龍と対戦。セントーンやキタオドリラーで奮闘したが、11分35秒、体固めに敗れた。98年7月1日、後楽園ホールで引退を表明。7月19日、キャプチャーの新宿ACBホール大会で北原を相手に引退試合。2分44秒、チキンウイング・アームロックで勝利。03年、立浪部屋のアドバイザーに就任した。 19年2月10日、慢性腎不全のため死去。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP