ダークロHP / レスラーノート

クリス・リッジウェイ
CHRIS RIDGEWAY


1993年7月6日
イギリス・マージーサイド州リバプール市出身
175p 79kg
得意技:ペナルティ・キック アックス・キック アンクル・ロック

松濤館流空手やキックボクシング、フリースタイルレスリングなど豊富な格闘技経験をバックボーンに、各種関節技や打撃を武器としたファイトスタイルでイギリスを中心にイタリア、スペイン、ドイツなどヨーロッパ各地で活躍。 14年5月16日、PWK(プロレスリング・キングダム)のバーミンガム大会で本格デビュー。クリス・ブルックスに勝利した。 18年10月14日、RPWのロンドン大会でオスプレイと対戦。チョークスリーパーで勝利。 19年5月28日から始まったノアのグローバルジュニアタッグリーグ戦に熊野準と組んで参戦。3勝3敗に終わった。6月27日から始まったグローバルジュニアリーグ戦に参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で大原はじめと対戦。9分20秒、ムイビエンロックに敗れた。6月29日、島田市総合スポーツセンター大会でHi69と対戦。13分8秒、アンクルホールドで勝利。7月6日、新潟・風鈴屋大会でHAYATAと対戦。14分30秒、ムーンサルトプレスに敗れた。7月12日、所沢市民体育館サブアリーナ大会で鈴木鼓太郎と対戦。8分38秒、アンクルホールドで勝利。7月20日、秋田・セリオンプラザ大会で熊野準と対戦。10分1秒、アンクルホールドで勝利。リーグ戦は3勝2敗に終わった。8月25日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で原田大輔のIPWジュニア王座に挑戦。14分34秒、片山ジャーマンスープレックスに敗れた。9月7日、横浜ラジアントホール大会でソニコと対戦。6分36秒、アンクルホールドで勝利。11月24日、新木場1stRING大会でタダスケと対戦。12分28秒、パッケージジャーマンスープレックスで勝利。12月3日、後楽園ホール大会でHAYATAのGHCジュニア王座に挑戦。20分14秒、ヘデックに敗れた。
英国期待の新鋭 クリス・リッジウェイ
(週刊プロレス No.2018より)
―― プロレスとの出会いは?
クリス 確か6、7歳の時にお母さんと一緒にテレビでWWFを見たのが始まりかな。それからずっと好きでした。高校を卒業してから、地元のプロレスのスクールに行ったら、そこはあまりレベルが高くなかった。だから辞めて、ちょっと離れたプロレスのスクールに行くことにしたんだ。
―― イギリスにプロレス団体があると知ったのはいつ?
クリス 最初にプロレスのスクールに行く1週間前だよ(笑)。当時はちょうどイギリスでプロレスが廃れていた頃だったんだ。
―― 2010年頃ですね。
クリス そう。当時、イギリスではプロレスと言えば、WWEだった。
―― 誰から主にプロレスを教わりましたか?
クリス ジョニー・モスかな。あとロビー・ブルックサイドからも教えてもらった。2人とも今はWWE・NXTでコーチをしているよ。すごくいいスクールだった。ほかのプロレスのスクールに行って、練習をさせてもらったこともあるよ。
―― オフィシャルのプロフィルを見るとデビュー戦は14年5月16日になっています。
クリス 21歳になるちょっと前だったかな。本格的に練習を始めてから2年ぐらいが経ってた。その前にプレデビューというか、練習試合みたいなことはやってたよ。そのころになるとプロレスはWWEだけじゃなくてイギリスにも小さなプロモーションがたくさんあって、日本でも非常に盛んだってわかってた。
(中略)
―― いつ頃から本格的にプロレスラーを目指すようになった?
クリス 16年頃だったかな。それまでは仕事をしながらプロレスをやってたんだけど、プロレス一本でやっていこうと決意したのがその頃。
(中略)
クリス 空手は10歳から5年ぐらいやってた。キックボクシングやレスリングは高校時代に学校が終わったら近所の道場に通ってた。当時はプロレスのためというよりも、ただ体を動かしたいなって感じだったよ。
(中略)
クリス 最初は教科書通りの試合というか、わりと教えられた通りに闘っていたけど、2年ぐらいしてからアドバイスを参考にしながら自分で考えて試合をするようにしている。それで現在のスタイルにたどり着いた。
―― 特に影響を受けた選手は?
クリス ディーン・オールマークかな。
―― WRESTLE―1などで来日経験のあるイギリスの選手ですね。
クリス そうだね。彼から「自分のやりたいように、思った通りにやった方がいい」ってアドバイスをもらってから、自分でしっかりと考えて試合をするようになった。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP