ダークロHP / レスラーノート

納谷幸男

1994年8月17日
東京都出身
197p 130kg 血液型B型
得意技:スカイウォーカームーンサルト

祖父は横綱の大鵬。父は関脇の貴闘力。13年3月、リアルジャパンプロレスに入団。17年9月14日、後楽園ホール大会で雷神矢口を相手にデビュー。5分58秒、ランニングニーで勝利。 18年9月18日から始まったW−1のW−1タッグリーグに河野真幸と組んで参戦。2勝1敗(1不戦勝含む)でリーグ戦を終えた。11月17日、台東区隅田公園山谷堀広場での浅草プロレスの旗揚げ戦のメインで雷神矢口、と組んでAKIRAリッキー・フジ、浅草KID組と対戦。15分30秒、矢口が雷門固めでKIDに勝利。 19年5月1日、リアルジャパンプロレスからDDTに移籍。6月2日、DDTのアイテムえひめ大会で高木三四郎谷津嘉章、ライジングHAYATOと組んで藤波辰爾竹下幸之介、彰人、勝俣瞬馬組と対戦。12分27秒、藤波のドラゴンスリーパーに納谷が敗れた。6月30日、DDTの後楽園ホール大会で樋口和貞と対戦。8分16秒、ドクターボムに敗れた。7月7日、DDTの大阪市立平野区民ホール大会でマッド・ポーリーと対戦。8分50秒、リバース・スプラッシュに敗れた。7月15日、DDTの大田区総合体育館大会で鈴木秀樹と対戦。7分59秒、変型ネックロックに敗れた。10月19日、DDTの両国KFCホール大会でコーディ・ホールと対戦。14分10秒、バックドロップで勝利。11月17日、爆破甲子園の鶴見青果市場大会で、メイン出場権をかけて朱崇花と対戦。5分18秒、カサドーラにフォール負け。「負けたやつにもチャンスをやってほしい」との大仁田厚の意向で、6人タッグが8人タッグに変更。高木三四郎、青木真也、FUMAと組んで大仁田厚、新井健一郎、朱崇花、今成夢人組と電流爆破マッチ。10分27秒、大仁田の電流爆破バットフルスイングに納谷が敗れた。12月21日、宮城・ホワイトキューブ大会でブル・ジェームスと対戦。8分20秒、ドインクドロップに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP