ダークロHP / レスラーノート

吉田綾斗

1992年9月27日
大阪府大阪市出身
183cm 90kg 血液型A型
タイトル歴:STRONGEST−K STRONGEST−Kタッグ
得意技:バックドロップ 吉田固め

15年11月1日、後楽園ホール大会でデビュー。ダイナソー拓真と組んで最上、GO浅川組と対戦。6分4秒、吉田がチキンウィングフェイスロックで浅川に勝利。以後、K−DOJOの次世代エースとして活躍。 16年5月19日、新宿FACEでの新日本プロレスの若手主体大会「ライオンズゲート」で熊野準と対戦。6分10秒、変型スパインバスターに敗れた。6月9日、全日本プロレスの伊勢崎市第2市民体育館大会で青柳優馬と対戦。11分53秒、フィッシャーマンスープレックスに敗れた。7月30日、ハードヒットの千葉・Blue Field大会でシバターと対戦。2分5秒、KO勝ち。11月6日、後楽園ホール大会で最上と組んで滝澤、吉野組のタッグ王座に挑戦。22分53秒、吉田がバックドロップで吉野に勝利。STRONGEST−Kタッグ王座を獲得した。12月11日、名古屋市東スポーツセンター・第2競技場大会でヒデ久保田、ヤス久保田組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分28秒、吉田がバックドロップでヤスに勝利。17年2月26日、TKPガーデンシティ千葉大会でタンク永井、佐藤悠己組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分3秒、永井のダイビングセントーンに最上が敗れて王座転落。4月23日、後楽園ホールでのK−DOJO15周年記念大会のメインで真霜拳號のSTRONGEST−K王座に挑戦。19分54秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。6月15日、新宿FACEでの「ライオンズゲート」のメインに出場。小島聡と組んで永田組と対戦。17分32秒、小島がラリアットで岡に勝利。試合後、吉田が永田を襲撃して一騎打ちを要求。6月25日、Blue Field大会で旭志織と組んで梶、滝澤組のSTRONGEST−Kタッグ王座に挑戦。25分31秒、梶のレッドアイに旭が敗れた。7月2日、試合中に下顎骨骨折の重傷を負って長期欠場。7月4日に永田とのシングルマッチが予定されていたが中止となった。 18年2月25日、TKPガーデンシティ千葉大会で復帰戦。旭志織と組んで柏、ウラノ組と対戦。14分37秒、吉田がバックドロップで柏に勝利。3月18日、新木場1stRING大会でGO浅川を相手にSTRONGEST−K王座の挑戦者決定戦。16分47秒、吉田固めで勝利。4月8日、Blue Field大会でケリー・シックスと対戦。10分31秒、チキンウイング・フェイスロックで勝利。4月10日、新宿FACEでの新日本プロレスの「ライオンズゲート」でGO浅川と組んで永田、海野組と対戦。12分3秒、吉田がバックドロップで海野に勝利。試合後、「次こそ、シングルマッチお願いします!」と永田に一騎打ちを要求した。4月22日、K−DOJOの16周年大会となった後楽園ホール大会のメインで滝澤大志のSTRONGEST−K王座に挑戦。23分41秒、リストクラッチ式高飛車に敗れた。4月29日、Blue Field大会で十嶋くにおと対戦。9分16秒、スクールボーイでフォール勝ち。5月13日、Blue Field大会で柏大五郎と対戦。10分53秒、吉田固めで勝利。5月15日、新宿FACEでの新日本プロレスの「ライオンズゲート」のメインで永田と対戦。12分47秒、バックドロップホールドに敗れた。6月13日、新宿FACEでの新日本プロレスの「ライオンズゲート」のメインで海野翔太と対戦。16分47秒、バックドロップで勝利。7月29日、TKPガーデンシティ千葉大会でタンク永井と組んで真霜、十嶋組のタッグ王座に挑戦。13分18秒、永井がダイビングセントーンで十嶋に勝利。STRONGEST−Kタッグ王座を獲得した。8月26日、新木場1stRING大会で海王トーナメントに参戦し、1回戦でTAKAみちのくと対戦。9分57秒、変型チキンウイングで勝利。2回戦で佐藤悠己と対戦。10分時間切れ引き分け。2カウントルールの延長戦が行われ、36秒、シャープシューターで勝利。準決勝で浅川紫悠と対戦。7分36秒、変型DDTで勝利。決勝で真霜と対戦。26分20秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。9月5日、新日本プロレスの名古屋国際会議場・イベントホール大会で高橋裕二郎と対戦。7分34秒、ピンプジュースに敗れた。9月8日、新日本プロレスの後楽園ホール大会でチェーズ・オーエンズと対戦。8分34秒、パッケージドライバーに敗れた。9月9日、千葉・オリエンタルホテル東京ベイ大会で滝澤、梶組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分35秒、永井がスピアー・タックルで梶に勝利。9月11日、新日本プロレスの四日市市中央緑地第2体育館大会でチェーズ・オーエンズと対戦。5分55秒、パッケージドライバーに敗れた。9月17日、新日本プロレスの別府ビーコンプラザ大会で飯塚高史と対戦。4分30秒、アイアンフィンガーフロムヘルをくらって反則勝ち。10月8日、Blue Field大会で吉野コータローと対戦。15分17秒、バックドロップで勝利。10月21日、後楽園ホール大会で浅川、佐藤悠己組、吉野コータロー、ダイナソー拓真組を相手に3WAYでのタッグ王座の防衛戦。14分41秒、吉田がバックドロップで吉野に勝利。11月5日、フリーダムズの新木場1stRING大会でウルトラソーキと対戦。10分9秒、バックドロップで勝利。11月12日、さざんぴあ博多大会で大石、旭組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分13秒、合体技のサボテンの花をくらって大石に永井がフォール負けして王座転落。11月17日から始まった新日本プロレスのワールドタッグリーグに海野翔太と組んで参戦。13戦全敗に終わった。11月18日、新木場1stRING大会でディッキー・メイヤーと対戦。10分4秒、バックドロップで勝利。12月22日、横浜ラジアントホール大会で最上九と対戦。13分39秒、レフリーストップ勝ち。 19年1月13日、後楽園ホール大会で永井と組んでマイク・ベイリー、MAO組のSTRONGEST−Kタッグ王座に挑戦。20分14秒、ベイリーのみちのくトルネード・ドライバーに吉田が敗れた。2月6日、新日本プロレスの長野運動公園総合体育館大会で辻陽太と対戦。8分45秒、バックドロップで勝利。2月7日、新日本プロレスの名古屋国際会議場・イベントホール大会で上村優也と対戦。7分1秒、バックドロップで勝利。3月3日、TKPガーデンシティ千葉大会で最上九と対戦。10分42秒、バックドロップで勝利。4月13日、後楽園ホール大会のメインで浅川紫悠の王座に挑戦。17分13秒、バックドロップで勝利。STRONGEST−K王座を獲得した。4月27日、Blue Field大会でテイラー・アダムスと対戦。10分58秒、バックドロップで勝利。5月5日、Blue Field大会で吉野コータローを相手に防衛戦。20分18秒、NO WAY OUTで勝利。5月6日、Blue Field大会で花見達也と対戦。11分40秒、バックドロップで勝利。6月から団体名が2AW(アクティブ・アドバンス・プロレスリング)に変更された。8月17日、2AWスクエア(Blue Fieldから改称)大会でラトレル・アプトンと対戦。10分36秒、クロスホワイトで勝利。8月25日、2AWスクエア大会で後藤恵介と対戦。6分59秒、ロックアウトで勝利。8月25日、HEAT−UPのカルッツかわさき大会で花見達也と組んで兼平大介、大谷譲二組のHEAT−UPユニバーサルタッグ王座に挑戦。18分22秒、大谷の腕決めノーザンライト・スープレックスに花見が敗れた。9月1日、後楽園ホール大会での2AW無差別級初代王者決定トーナメント準決勝で藤田ミノルと対戦。12分30秒、バックドロップで勝利。同日の決勝で浅川紫悠と対戦。17分28秒、リベリオンに敗れた。10月5日、2AWスクエア大会で旭志織と対戦。15分35秒、シャープシューターで勝利。10月26日、2AWスクエア大会で十嶋くにおと対戦。12分8秒、NO WAY OUTで勝利。12月14日、飛鳥の新木場1stRING大会で佐山駿介と対戦。11分39秒、バックドロップで勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP