ダークロHP / レスラーノート

ACH

本名:アルバート・C・ハーディー・ジュニア
1987年12月7日
テキサス州オースティン出身
175cm 93kg
タイトル歴:AAWヘリテイジ ACWヘビー NWAセントラルステーツヘビー AAW世界ヘビー
得意技:ミッドナイト・スター スピリット・ボム エアー・ジョーダン


06年にデビュー。 12年9月15日、ROHに登場。 13年3月1日、イリノイ州メリオネット・パークでサムライ・デル・ソルを破りAAWヘリテイジ王座を獲得。 16年7月16日から始まったノアのジュニアヘビー級タッグリーグ戦に石森太二と組んで出場。4勝1敗でリーグ戦を突破。7月30日、後楽園ホール大会での優勝決定戦で原田小峠組と対戦。20分25秒、石森が450°スプラッシュで原田に勝利。タッグリーグ戦に優勝した。8月21日、有明コロシアムでのスーパーJカップで石森と組んで原田、小峠組のGHCジュニアタッグ王座に挑戦。12分27秒、原田の片山ジャーマンスープレックスに石森が敗れた。10月21日、新日本プロレスの後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦で石森と組んでニック・ジャクソンマット・ジャクソン組と対戦。17分40秒、ACHがミッドナイトスターでニックに勝利。10月30日、後楽園ホール大会での準決勝でデビッド・フィンレーリコシェ組と対戦。15分57秒、石森が450°スプラッシュでフィンレーに勝利。11月5日、大阪府立体育会館大会での決勝でロメロバレッタ組と対戦。18分49秒、ストロングゼロをくらってバレッタにACHがフォール負け。11月26日、AAWのイリノイ州シカゴ大会でプリンス・ムスタファ・アリと対戦。ミッドナイト・スターで勝利。12月16日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でトレバー・リーと対戦。フィッシャーマンバスターに敗れた。12月30日、イリノイ州メリオネット・パークでARフォックスを破りAAWヘリテイジ王座を獲得。 17年3月17日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でペンタ・エル・ゼロ・M(ペンタゴン・ジュニア)を相手に防衛戦。パッケージ・パイルドライバーに敗れて王座転落。3月30日、EVOLVEのフロリダ州オーランド大会でザック・セイバー・ジュニアのEVOLVE王座に挑戦。三角絞めに敗れた。3月31日、EVOLVEのフロリダ州オーランド大会でティモシー・サッチャーと対戦。垂直落下式ブレーンバスターで勝利。4月1日、WWNのフロリダ州オーランド大会でピート・ダンのPROGRESS王座に挑戦。リーガルストレッチに敗れた。5月6日、AAWのシカゴ大会でサミ・キャラハンのAAWヘビー級王座に挑戦。ストレッチマフラーに敗れた。5月17日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でBUSHIと対戦。10分47秒、ミッドナイトドライバーで勝利。5月20日、松阪市総合体育館大会で金丸義信と対戦。10分26秒、ディープインパクトに敗れた。5月22日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。11分40秒、飛びつき十字架固めにフォール負け。5月25日、小松市末広体育館大会でKUSHIDAと対戦。14分44秒、ミッドナイトドライバーで勝利。5月27日、つくばカピオアリーナ大会でエル・デスペラードと対戦。9分56秒、ミッドナイトドライバーで勝利。5月29日、後楽園ホール大会でボラドール・ジュニアと対戦。12分2秒、雪崩式フランケンシュタイナーに敗れた。6月1日、名古屋国際会議場・イベントホール大会で田口隆祐と対戦。13分41秒、エビ固めにフォール負け。リーグ戦は3勝4敗に終わった。6月17日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でガルサ・ジュニアと対戦。垂直落下式ブレーンバスターで勝利。6月24日、EVOLVEのマサチューセッツ州メルロース大会でクリス・ディッキンソンと対戦。450°スプラッシュで勝利。6月25日、EVOLVEのニューヨーク州ウッドサイド大会でトレイシー・ウィリアムスと対戦。クロスフェイスに敗れた。7月8日、EVOLVEのノースカロライナ州シャーロット大会でフレッド・イェーハイと対戦。コウジクラッチに敗れた。7月9日、EVOLVEのジョージア州マリエッタ大会でイーサン・ペイジと対戦。丸めこんでフォール勝ち。7月15日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でマイロン・リードと対戦。垂直落下式ブレーンバスターで勝利。8月10日のインパクト・レスリングの放送で石森と対戦。450°スプラッシュに敗れた。10月29日、新日本プロレスの後楽園ホール大会で田口と組んでスーパージュニアタッグトーナメントに参戦。1回戦でTAKAみちのくタイチ組と対戦。18分42秒、スーパー69(どどんと変型フェイスバスター)を決めて田口がタイチにフォール勝ち。10月30日、後楽園ホール大会での準決勝でデスペラード、金丸組と対戦。17分6秒、スーパー69を決めてACHが金丸にフォール勝ち。11月5日、大阪府立体育会館大会での決勝でSHOYOH組と対戦。15分51秒、3KをくらってYOHにACHがフォール負け。 18年2月3日、AAWのイリノイ州ラサール大会でレイ・フェニックスを破りAAW世界ヘビー級王座を獲得。4月7日、PWRのルイジアナ州ニューオリンズ大会でトレバー・リーを相手にAAW王座の防衛戦。ブレーンバスターで勝利。5月18日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でフリップ・ゴードンと対戦。15分26秒、ソウルバスターで勝利。5月20日、キラメッセぬまづ大会でオスプレイと対戦。16分50秒、ストームブレイカーに敗れた。5月24日、滋賀県立体育館大会で金丸と対戦。14分4秒、ディープインパクトに敗れた。5月26日、名古屋国際会議場・イベントホール大会でYOHと対戦。12分4秒、ソウルバスターで勝利。5月29日、栃木市総合運動公園体育館大会でBUSHIと対戦。11分57秒、エムエックスに敗れた。5月31日、八戸市東体育館大会で石森と対戦。11分57秒、ブラディークロスに敗れた。6月3日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。8分27秒、タイガースープレックスをエビ固めに丸めこんでフォール勝ち。リーグ戦は3勝4敗に終わった。 8月30日、AAWのイリノイ州シカゴ大会でジェフ・コブを相手に防衛戦。ラリアットからのブレーンバスターで勝利。8月31日、AAWのイリノイ州シカゴ大会でブロディ・キングを相手に防衛戦。オール・シーイング ・アイに敗れて王座転落。10月16日から始まった新日本プロレスのスーパージュニアタッグリーグに田口隆祐と組んで参戦。3勝4敗でリーグ戦を終えた。11月10日、新日本プロレスのカリフォルニア州アナハイムコンベンションセンター大会で後藤洋央紀と対戦。12分54秒、GTRに敗れた。11月11日、新日本プロレスのカリフォルニア州アナハイムコンベンションセンター大会でカール・フレドリックスと対戦。5分8秒、ジャーマンスープレックスで勝利。 19年1月18日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でバンディードと対戦。ロープの反動を利用したジャーマンスープレックスに敗れた。1月26日、AAWのイリノイ州シカゴ大会でARフォックスと対戦。450°スプラッシュに敗れた。2月11日、WWEと契約。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP