ダークロHP / レスラーノート

タンガ・ロア
TANGA ROA


1983年5月7日
フロリダ州出身
188cm 100kg
タイトル歴:IWGPタッグ NEVER6人タッグ ROH世界タッグ
得意技:サモアンドロップ


父はキング・ハク。08年にデビュー。デビュー当時は兄のタマ・トンガとのタッグ「サンズ・オブ・トンガ」で出場。WWEでカマーチョの名で活躍。16年3月27日、新日本プロレスの後楽園ホール大会に登場。真壁対タマ・トンガ戦に乱入して2人がかりで真壁をKO。4月10日、両国国技館大会でタマ・トンガと組んで真壁、本間組のIWGPタッグ王座に挑戦。16分54秒、ゲリラ・ウォーフェアを決めてタマが本間にフォール勝ち。IWGPタッグ王座を獲得した。5月3日、福岡国際センター大会で真壁、本間組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分12秒、ゲリラ・ウォーフェアを決めてタマが本間にフォール勝ち。6月19日、大阪城ホール大会でブリスコ・ブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。14分2秒、ドゥームズデイ・デバイスをくらってジェイにタンガがフォール負け。タッグ王座から転落した。10月10日、両国国技館大会でタマと組んでブリスコブラザーズのIWGPタッグ王座に挑戦。13分57秒 ゲリラ・ウォーフェアを決めてタマがマークにフォール勝ち。IWGPタッグ王座を奪回した。11月5日、大阪府立体育会館大会で石井智宏YOSHI−HASHI組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分32秒、ゲリラ・ウォーフェアを決めてタマがYOSHI−HASHIにフォール勝ち。11月12日、新日本プロレスのニュージーランド・オークランドのトラスツ・アリーナ大会でタマ・トンガ、父のキング・ハクと組んでジュース・ロビンソン、マーカス・クール、ナスティ・ネイト組と対戦。15分34秒、ロアとタマがフライングボディプレスを決めてハクがクールにフォール勝ち。11月18日から始まった新日本プロレスの「WORLD TAG LEAGUE」にタマ・トンガと組んで参戦。6勝1敗でリーグ戦を突破。12月10日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ大会で真壁、本間組を相手に優勝決定戦。26分39秒、真壁のダイビングニードロップにロアが敗れた。 17年1月4日、東京ドーム大会で真壁、本間組、矢野、石井組を相手に3WAYでの防衛戦。12分24秒、トンガ組がダブルのブレーンバスターを石井にかけようとしたが、背後から矢野に急所攻撃を2人同時にくらい、石井のダブルのラリアットからの矢野の横入り式エビ固めにタンガがフォール負けして王座転落。3月11日、愛知県体育館大会での「NEW JAPAN CUP」1回戦で永田裕志と対戦。11分45秒、バックドロップホールドに敗れた。5月3日、福岡国際センター大会でタマと組んで、天山小島組、IWGPタッグ王者のハンソンロウ組を相手に3WAYでのタッグ王座戦。11分43秒、フォールアウトをくらってロウに天山がフォール負けしたため王座奪取に失敗した。6月11日、大阪城ホール大会でタマと組んでハンソン、ロウ組のIWGPタッグ王座に挑戦。10分43秒、ゲリラ・ウォーフェアを決めてタマがロウにフォール勝ち。IWGPタッグ王座を獲得。7月1日、新日本プロレスのロサンゼルス・ロングビーチ・コンベンション・アンド・エンターテイメントセンター大会でハンソン、ロウ組を相手にタッグ王座の防衛戦。11分6秒、フォールアウトをくらってロウにタンガ・ロアがフォール負けして王座転落。9月10日、福島県営あづま総合体育館でタマと組んでアーチャースミス・ジュニア組、IWGPタッグ王者のハンソン、ロウ組を相手にタッグ王座戦。11分9秒、フォールアウトをくらってロウにタンガがフォール負け。9月16日、広島サンプラザホール大会でタマと組んでアーチャー、スミス・ジュニア組、IWGPタッグ王者のハンソン、ロウ組を相手にタッグ王座戦。11分5秒、フォールアウトを決めてロウがスミス・ジュニアにフォール勝ちしたため王座奪取に失敗した。9月24日、神戸ワールド記念ホール大会でタマと組んでアーチャー、スミス・ジュニア組、IWGPタッグ王者のハンソン、ロウ組を相手にタッグ王座戦。13分34秒、キラーボムを決めてアーチャーがロウにフォール勝ちしたため王座奪取に失敗した。10月9日、両国国技館大会でタマと組んでハンソン、ロウ組、タッグ王者のアーチャー、スミス・ジュニア組を相手にタッグ王座戦。12分43秒、キラーボムをくらってスミス・ジュニアにタンガがフォール負け。11月18日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」にタマと組んで参戦。5勝2敗でリーグ戦を突破。12月11日、福岡国際センター大会でSANADAEVIL組を相手に優勝決定戦。21分54秒、EVILのEVILにタマが敗れた。12月17日、後楽園ホール大会でタマ・トンガ、ファレと組んでSANADA、EVIL、BUSHI組の6人タッグ王座に挑戦。15分21秒、ファレがグラネードでBUSHIに勝利。NEVER6人タッグ王座を獲得した。 18年1月4日、東京ドーム大会で田口、ジュース、真壁組、ハンソン、ロウ、エルガン組、バレッタ、矢野、石井組、タイチ飯塚ザック組を相手にガントレットマッチで6人タッグ王座の防衛戦。バレッタのデュードバスターにタマが敗れて王座転落。1月5日、後楽園ホール大会でタマ、ファレと組んでバレッタ、矢野、石井組の6人タッグ王座に挑戦。14分40秒、タマがガンスタンでバレッタに勝利して王座奪回。1月27日、北海道立総合体育センター大会で田口、ヘナーレ、真壁組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。9分15秒、タマがドリームキャッチャーでヘナーレにフォール勝ち。2月24日、後楽園ホールでの新日本プロレスとROHの合同興行でライガー、チーズバーガー、デリリアス組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。9分16秒、ゲリラ・フォー・ウェアを決めてタマがチーズバーガーにフォール勝ち。4月1日、両国国技館大会で真壁、田口、エルガン組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。11分20秒、タマがガン・スタンで田口に勝利。5月3日、福岡国際センター大会でマーティ・スカル、ヤングバックス組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。12分5秒、モア・バング・フォー・ユア・バックをくらってマットにタンガがフォール負けして王座転落。8月12日、日本武道館大会で石森太二、タマと組んでマーティ・スカル、ニック・ジャクソンマット・ジャクソン組の6人タッグ王座に挑戦。11分26秒、タマがガンスタンでスカルに勝利。NEVER6人タッグ王座を獲得した。9月15日、広島サンプラザホール大会で田口、フィンレー、ジュース組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。11分27秒、タンガがエイプシットでフィンレーに勝利。9月30日、新日本プロレスのカリフォルニア州ロングビーチのウォルターピラミッド大会でタマと組んでヤングバックスのIWGPタッグ王座に挑戦。19分21秒、キルショットを決めてタマがマットにフォール勝ち。IWGPタッグ王座を獲得した。11月17日から始まったワールドタッグリーグにタマと組んで参戦。10勝3敗でリーグ戦を突破。12月9日、岩手産業文化センター・アピオ大会でSANADA、EVIL組を相手に優勝決定戦。27分1秒、SANADAのラウンディングボディプレスにタマが敗れた。 19年1月4日、東京ドーム大会でSANADA、EVIL組、ヤングバックスを相手に3WAYでのタッグ王座の防衛戦。10分15秒、SANADAのラウンディングボディプレスにマットが敗れて王座転落。1月5日、後楽園ホール大会で田口、真壁、矢野組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。11分33秒、タンガがエイプシットで真壁に勝利。1月30日、仙台サンプラザホール大会で田口、矢野、真壁組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。14分44秒、田口のオーマイ&ガーアンクルに石森が敗れて王座転落。2月23日、後楽園ホールでのROHと新日本プロレスの合同興行でタマと組んでSANADA、EVIL組のIWGPタッグ王座に挑戦。20分26秒、スーパーパワーボムを決めてタマがSANADAにフォール勝ち。IWGPタッグ王座を奪回した。4月6日、ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンでのROHと新日本プロレスの合同大会でSANADA、EVIL組、ブリスコブラザーズ、ROH世界タッグ王者のブロディ・キング、PCO組を相手に4WAYでのダブルタイトルマッチ。9分45秒、スーパーパワーボムを決めてブロディ・キングに勝利。IWGPタッグ王座を防衛し、ROH世界タッグを獲得した。4月22日、後楽園ホール大会でタマ・トンガ、ヒクレオと組んで真壁刀義、矢野通、田口隆祐組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。14分17秒、真壁のダイビングニードロップにヒクレオが敗れた。4月29日、グランメッセ熊本大会で真壁刀義、矢野通組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分50秒、タマが横入り式エビ固めで真壁にフォール勝ち。6月9日、大阪城ホール大会でEVIL、SANADA組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分38秒、タマが横入り式エビ固めでEVILにフォール勝ち。6月29日、新日本プロレスのオーストラリア・メルボルン・フェスティバルホール大会でジュース・ロビンソン、マイキー・ニコルス組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分20秒、タマが横入り式エビ固めでニコルスにフォール勝ち。7月20日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でブリスコブラザーズを相手にストリートファイトマッチでタッグ王座の防衛戦。ジェイに肩車されたタマがマークのラダーの上からのフロッギーボウを机の上にくらって敗れて王座転落。8月9日、ROHのカナダ オンタリオ州トロント大会でタマと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座にラダーマッチで挑戦。ベルトを獲得されて敗れた。8月31日、イギリス・ザ・カッパーボックス大会でマイク・デイビス、カイル・フレッチャー組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分56秒、スーパーパワーボムを決めてタマがフレッチャーにフォール勝ち。9月15日、別府ビーコンプラザ大会で石井智宏、YOSHI−HASHI組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分35秒、タマが横入り式エビ固めでYOSHI−HASHIにフォール勝ち。9月28日、アメリカ・ローウェルメモリアルオーディトリアム大会でYOHSHO組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分43秒、タマがガンスタンでYOHに勝利。11月16日から始まったWORLD TAG LEAGUEにタマと組んで参戦。12勝3敗に終わった。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP