ダークロHP / レスラーノート

バルバロ・カベルナリオ
BARBARO CAVERNARIO


メキシコ・ハリスコ州サポパン出身
172p 88s
タイトル歴:ナショナルウェルター CMLLオクシデンテ・ミドル 太平洋タッグ NWGアステカ王座
得意技:カベルナリア

08年4月25日、マスクマンのエル・バルバロとしてデビュー。 12年1月、CMLLに初登場。3月11日、グアダラハラ大会でエル・ギャロを相手にマスカラ・コントラ・マスカラで対戦し、敗れてマスクを脱いだ。以後、洞窟の野蛮人の風貌でバルバロ・カベルナリオの名で活躍。12月16日、スモーカーを破りオクシデンテ・ミドル級王座を獲得。 13年10月27日、フエゴに敗れて王座転落。 15年1月、新日本プロレスに初来日。5月3日、ティタンを破りナショナルウェルター級王座を獲得。5月22日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でチェーズ・オーエンズと対戦。7分15秒、カベルナリアで勝利。5月23日、久喜市総合体育館大会で田口隆祐と対戦。8分43秒、スライディングヒップアタックに敗れた。5月26日、山形市総合スポーツセンター第2体育館大会で外道と対戦。10分53秒、外道クラッチを切り返してのカベルナリアで勝利。5月29日、ニューサンピア栃木大会でバレッタと対戦。13分46秒、雪崩式フロントスープレックス、ジャンピングニーアタックからのデュードバスターに敗れた。6月2日、茨城県立スポーツセンター大会でカイル・オライリーと対戦。7分50秒、ラリアットからの変型バックドロップホールドに敗れた。6月4日、茅野市民館マルチホール大会で小松洋平と対戦。8分32秒、カベルナリアで勝利。6月5日、後楽園ホール大会で獣神サンダーライガーと対戦。6分11秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。試合後はダンスでお互いの健闘を称えあった。リーグ戦を3勝4敗で終えた。6月7日、国立代々木競技場・第2体育館大会でマスカラ・ドラダと対戦。9分27秒、ドラダスクリュードライバーに敗れた。 16年1月、新日本プロレスの「ファンタスティカマニア」に来日。1月22日、後楽園ホール大会でティタンを相手にナショナル・ウェルター級王座の防衛戦。10分57秒、カベルナリアで勝利。 17年1月、新日本プロレスの「ファンタスティカマニア」に来日。1月20日、後楽園ホール大会のメインでドラゴン・リーのCMLL世界スーパーライト級王座に挑戦。20分20秒、変型バックドロップホールドに敗れた。 18年1月、新日本プロレスの「ファンタスティカマニア」に来日。1月21日、後楽園ホール大会でボラドール・ジュニアのNWA世界ヒストリック・ウェルター級王座に挑戦。22分7秒、カナディアン・デストロイヤーに敗れた。8月31日、アレナ・メヒコ大会でマット・ターバンと3本勝負で対戦。お互いに1本ずつ取りあった3本目、ローブローをくらってフォール負け。 19年1月4日、アレナ・メヒコ大会でドラゴン・リーと対戦。お互いに1本ずつ取りあった3本目、ドラゴンドライバーに敗れた。1月、新日本プロレスの「CMLL FANTASTICA MANIA」に来日。1月18日、後楽園ホール大会でソベラーノ・ジュニアと対戦。15分40秒、カベルナリアで勝利。3月29日、アレナ・メヒコ大会でフォラステロを相手に防衛戦。お互いに1本ずつ取りあった3本目、カベルナリアで勝利した。4月4日、ニューヨークで行われた「レッスルコン」でドラゴン・リーと対戦。デスヌカドーラに敗れた。5月24日、アレナ・メヒコ大会で2代目ミスティコと3本勝負で対戦。お互いに1本ずつ取りあった3本目、ラ・ミスティカに敗れた。9月7日、ROHのイリノイ州ヴィラ・パーク大会でルーシュと対戦。ブルズ・ホーンに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP